プレスリリース 2016年

消費者と一緒にものづくりができるプラットフォーム
「+Style」に新たな企画と製品が登場~デザインオフィス「nendo」と共同で取り組んでいる
デザイン特化型のIoT商品開発プラットフォーム「DoT.」から製品が初登場~

2016年10月14日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」のラインアップに、新たに1つの企画と11製品を、2016年10月14日以降順次追加します。

今回初めて、デザインオフィス「nendo(ネンド)」と共同で取り組んでいる、デザイン特化型のIoT商品開発プラットフォーム「DoT.(Design of Things)」から全4製品が登場します。

また、「DoT.」以外にも、ベルトとして身に付けるだけでウエストサイズや歩数、椅子に座っている時間などを計測し、健康管理に活用できる男性用のスマートベルト「WELT(ウェルト)」や、宇宙空間を360度自由に移動するVR体験が可能なゴーグル型のVRデバイス「JOY!VR(ジョイ・ブイアール)宇宙の旅人」、ARMのIoTプラットフォーム「mbed(エンベッド)」を活用した、壁を走るデジタルサイネージ型のロボット「うぉーるぼっとLED」などの製品が登場します。「+Style」では、今後も積極的に企画や製品を追加していく予定です。

追加する製品などの詳細は以下のとおりです。

DoT.:4製品(ショッピング)

製品名 日本酒セラー

日本酒セラー

photos by Hiroshi Iwasaki

メーカー名 非公表
販売元 日研トータルソーシング株式会社
中田 英寿さんと日研トータルソーシング株式会社が共同でプロデュースした、日本酒にとって最適な温度に保つことができる日本酒セラー。保存に適した温度から飲み頃の温度に調整することや、銘柄情報をもとに、各銘柄に適した温度に設定することができます。
掲載時期 2017年春(予定)
製品名 Paper Torch(ペーパー・トーチ)

Paper Torch(ペーパー・トーチ)

メーカー名 AgIC株式会社(エージック)
販売元 株式会社竹尾
約120年の歴史がある紙の専門商社「竹尾」と、紙に電子回路を印刷する“プリンテッドエレクトロニクス”の新たな応用先を探る「AgIC(エージック)」の技術により生み出された、長方形の紙を巻くだけで光るライト。紙の巻き方により光の強さを調整できます。
掲載時期 11月下旬
製品名 PROTECA MAXPASS H Smart(プロテカ・マックスパス・エイチ・スマート)(仮名)

>PROTECA MAXPASS H Smart(プロテカ・マックスパス・エイチ・スマート)(仮名)

メーカー名 エース株式会社
販売元 同上
出張時などに便利な機能が搭載された“IoTスマートラゲージ“。スマートフォンとBluetooth®でペアリングして利用することで、スーツケースとスマートフォンを相互に追跡でき、スーツケースの盗難防止やスマートフォンの置き忘れに役立ちます。また、スマートフォンの電池切れにも対応できるよう、大容量のバッテリーと専用の充電コードを内蔵しています。
掲載時期 2017年7月(予定)
製品名 ToDo-memo Clip(トゥードゥーメモ・クリップ)

ToDo-memo Clip(トゥードゥーメモ・クリップ)

メーカー名 株式会社ハタプロ
販売元 同上
スマートフォンと連動して色を変えることができるメモクリップ。予定の優先順位などに応じて、専用アプリから光の色を変えることができ、さらに設定した日時に近づくと、色が変化する機能を備え、予定の管理などに活用できます。
掲載時期 12月下旬

プランニング

名称 ZUKKU(ズック)

ZUKKU(ズック)

メーカー名 株式会社ハタプロ
販売元 同上
AIと位置情報を活用してコミュニケーションするパーソナルガイドロボット。位置情報やユーザーの趣味・嗜好などをもとに、外出先でさまざまなアドバイスをします。例えば、ユーザーが「お腹がすいた」と話すと、位置情報・ユーザーの趣味・嗜好などから、ユーザーのニーズにあうお店の情報や、周辺地域の天気予報を教えてくれます。今回、本製品のデザインや新しい機能、利用シーンなどさまざまなアイデアを「プランニング」で募集します。
掲載日 10月14日

クラウドファンディング

製品名 ラクツク

ラクツク

メーカー名 株式会社アイジェット
販売元 同上
月6,900円(税込み、24回払い、初回のみ8,820円)で、誰でも手軽に3Dプリンタを自宅で利用できるサービス。3Dプリンタ本体の提供に加え、盆栽や地図などの3Dデータコンテンツを定期的に配信します。さらに、専門のスタッフが使い方などをサポートする「サービスコンシェルジュ」も提供し、初めて3Dプリンタに触れる人も安心して利用できます。
掲載日 10月14日
[注]
  • 毎月の支払い額が変更になりました。合計金額に変更はありません。(2016年10月14日)

ショッピング:6製品

製品名 WELT(ウェルト)

WELT(ウェルト)

メーカー名 Samsung C&T(和名:サムスン物産)
販売元 株式会社JU
体重管理や健康管理のために活用できる男性用のスマートベルト。ベルトとして身に付けるだけでウエストサイズや歩数、椅子に座っている時間などを計測できます。
掲載時期 11月下旬
製品名 JOY!VR(ジョイ・ブイアール)宇宙の旅人

JOY!VR(ジョイ・ブイアール)宇宙の旅人

メーカー名 株式会社タカラトミー
販売元 同上
宇宙空間を360度自由に移動できるVR体験が可能なゴーグル型のVRデバイス。専用アプリに宇宙遊泳や惑星探索など宇宙を舞台にしたさまざまなコンテンツを用意しており、付属のコントローラーで360度自由に移動するVR体験を楽しむことができます。
掲載時期 11月中旬
製品名 うぉーるぼっとLED

うぉーるぼっとLED

メーカー名 ランニングエレクトロニクス
販売元 同上
ARMのIoTプラットフォーム「mbed(エンベッド)」を活用した、壁を走るデジタルサイネージ型のロボット。裏面に磁石を搭載し、ホワイトボードや冷蔵庫などの壁を自在に走行できます。プログラミングによって、走行の仕方や背面のLEDパネルの表示を自由に変更できます。
掲載時期 11月下旬
製品名 PXY SMART(ピクシィ・スマート)

PXY SMART(ピクシィ・スマート)

メーカー名 株式会社ジーフォース
販売元 同上
スマートフォンやタブレットなどとWi-Fi経由でペアリングすることで、自由に操作ができる小型ドローン。スマートフォン上に表示される十字キーで操縦したり、画面を前後左右に傾けて操縦したりと専用アプリから操縦モードを選択できます。また、本製品に内蔵されたカメラの映像をリアルタイムで見ることや静止画・動画を撮影することができます。
掲載時期 10月下旬
製品名 TrackR bravo(トラックアール・ブラーボ)/TrackR wallet(トラックアール・ウォレット)

TrackR bravo(トラックアール・ブラーボ)/TrackR wallet(トラックアール・ウォレット)

メーカー名 TrackR, Inc
販売元 株式会社ベルパーク
物を紛失した場合などに追跡可能なBluetoothトラッカー。一定距離(約30m)を離れると、アラートが鳴って置き忘れなどを警告します。鍵やペットの首輪に取り付けることができるコンパクトなキーホルダータイプの「TrackR bravo」と、財布などに入るカード型タイプの「TrackR wallet」の2種類のラインアップです。専用アプリからの追跡が可能で、Track Rの製品同士で連携して位置情報の精度を高めることができるので、ユーザーが増えれば増えるほど、失くし物が見つかる可能性が高まります。
掲載時期 10月下旬

そのほか、+Styleでは、ARMの設計に基づいたチップを採用したIoT製品の普及・促進を目的として、ARM Innovation Hubと連携した特設ページを本日より開設します。同ページでは、+Styleで現在取り扱い中の製品のうちARMの設計に基づいたチップを採用した製品に搭載されている、チップセットの製造メーカー名およびコア名称を公開し、ARMの設計に基づいたチップを採用した製品の認知度向上に努めていきます。

今後は連携をさらに強化し、IoT製品を作るためにARMのプラットフォームの活用を希望する企業をARMへ紹介するとともに、ARMのプラットフォームを活用してIoT製品を開発している世界中の企業の紹介を受け、+Styleで扱うIoT製品の拡充を目指します。

[注]
  • ARM Innovation Hubとは、ARMの設計したチップが搭載されている製品やその詳細を紹介しているホームページです。

特設ページ(イメージ図)

特設ページ(イメージ図)

+Styleとは

消費者と一緒にものづくりができるプラットフォームで、製品の段階に応じて3つの機能を持っています。「プランニング」では、投稿された製品やアイデアにユーザーが意見を述べることで、企業とユーザーが商品化に向けて一緒に企画を進めていくことができます。「クラウドファンディング」では、消費者の声を取り入れながら製品を作り上げていくとともに、インターネット経由で多くのユーザーから事前に商品購入を募って商品化することができます。「ショッピング」では、一般販売前の商品などを、先行や数量限定で販売するといった活用ができるとともに、商品に対する購入者からの意見を集めることができます。

  • Bluetoothは米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。
  • +Styleはソフトバンク株式会社の商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。