プレスリリース 2016年

IBM Watsonを活用したソリューションを販売開始~第1弾として、エコシステムパートナーが開発した
2つのソリューションパッケージを提供~

2016年10月31日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、IBM Watsonエコシステムプログラムのエコシステムパートナーが開発した、IBM Watson日本語版を活用した2つのソリューションパッケージの販売を、2016年11月1日から開始します。エコシステムパートナーが開発したソリューションパッケージを提供するのは、今回が初めてです。

今回販売を開始するのは、コンタクトセンターや営業支援システムなどに導入することで、企業の業務を効率化するソリューションパッケージです。開発にかかる費用や期間などの観点から、これまで単独で導入することが難しかったお客さまにも、IBM Watsonを導入していただけるようになります。

ソリューションパッケージの概要と、開発したエコシステムパートナーは以下のとおりです。

[注]

NTTデータ先端技術株式会社

カスタマーサポートツールとの連携クラウドサービス「テクノマーク クラウド(プラス)」

概要 NTTデータ先端技術株式会社が提供するコンタクトセンター向けカスタマーサポートツール「テクノマークメール」とIBM Watsonを連携させ、オペレーターが顧客からの問い合わせに対応する際に、内容に応じて最適なナレッジを提示します。
導入費用 24万円~/月(同時アクセス5ユーザー当たり。別途初期費用がかかります)

株式会社ジェナ

チャットボットサービス「hitTO(ヒット)」

概要 IBM Watsonを活用したチャットボットサービスで、企業の社内外の業務を支援。社内向けには営業支援システムや特定業務の機械化、社外向けにはウェブサイトにおけるオンライン接客やよくあるお問い合わせへの対応、その他さまざまな顧客向けアプリケーションとの連携などのサービスを提供します。
導入費用
  • トライアルパック 75万円
  • 本番運用 50万円~/月

ソフトバンクは、今後もエコシステムパートナーと協業し、IBM Watsonを活用したソリューションを積極的に展開していきます。

[注]
  • 価格は全て税抜きです。

「IBM Watson」について

「IBM Watson」は、コグニティブ・コンピューティングを実現するためのプラットフォームです。クラウド上で提供されるWatsonは、大規模なデータを分析し、自然言語で投げ掛けられた複雑な質問を解釈して、根拠に基づいた回答を提示します。Watsonの詳細は、日本IBM公式サイトをご覧ください。

以上

  • IBM、IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。