プレスリリース 2016年

国内初、NB-IoTの導入に向けた屋外での
実証実験の実施について~「5G Project」第2弾! 爆発的な普及が予想されるIoTサービスのための新技術~

2016年11月22日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、IoT機器向けのLTE規格であるNB-IoT(NarrowBand-IoT)の実験試験局免許を2016年11月16日に取得しました。商用サービスの提供に向け、11月24日と25日に、国内で初めて※1となるNB-IoTを用いた屋外での実証実験を、千葉県幕張エリアにおいて実施します。今回の屋外実験を皮切りに実験の回数を重ね、2017年夏ごろのネットワーク構築を目指します。また、NB-IoTは、2016年9月にスタートした「5G Project」の第2弾(多接続)となります。「5G Project」は、第5世代移動通信システムの導入に向けて、さまざまな最新技術をいち早くお客さまに提供する取り組みです。

NB-IoTは、3GPP※2が定める通信速度などに関する標準化規格「リリース13」に準拠しており、低コスト、低消費電力、エリアカバレッジの広さなどの特長を有しています。また、既存のLTE基地局を活用できるので、迅速なエリア構築が可能です。

今後、爆発的な普及が予想されるIoTサービスには、想定される利用シーンにより、価格や速度、バッテリーライフやエリアカバレッジなど、お客さまごとに異なるご要望に応じて、さまざまなネットワークが必要となります。ソフトバンクでは、幅広いIoTニーズに対応するため、NB-IoTの商用化に向けて継続的に接続性などの技術検証を実施していきます。

[注]
  • ※1
    実験局を用いた屋外実験として国内初。当社調べ。(2016年11月22日現在)
  • ※2
    Third Generation Partnership Project:移動通信システムの国際標準化プロジェクト。

今回の屋外実験の概要

実験期間 2016年11月24日、25日
実験エリア 千葉県幕張エリア(千葉県千葉市美浜区)
実験内容 スマートパーキングに取り付けたNB-IoT方式のモジュールを用いて車の入庫・出庫によるNB-IoTの挙動などの検証
実験用基地局数 900MHz帯NB-IoT基地局(実験試験局)1局
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。