プレスリリース 2017年

総務省の「高速移動時において
1msの低遅延通信を可能とする第5世代移動通信システムの
技術的条件等に関する調査検討」を請負

2017年5月16日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、総務省の「高速移動時において1msの低遅延通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討の請負」で、同省から請負人に選定されました。ソフトバンクは、ソフトバンクグループのSBドライブ株式会社や、自動運転技術を研究・開発する先進モビリティ株式会社などと連携し、トラックの隊列走行および車両の遠隔監視、遠隔操作に第5世代(5G)移動通信技術を適用して、2017年度から実証実験を実施します。

トラックの隊列走行(先頭車両が有人運転で、後続車両が自動運転で先頭車両を追従)による幹線輸送は、運転手の不足や高齢化への対応、輸送効率や安全性の向上など、物流事業者が抱える課題の解決手段の一つとして期待されています。ソフトバンクは、5G移動通信システムが持つ「低遅延」「高信頼」の無線能力を生かして、トラックの隊列走行時の車両間や、車両と運行管制センター間の通信に5G移動通信技術を適用し、その実用化に向けて技術検証、実証評価を行います。

実証実験の概要(予定)

1. トラック隊列走行

試験内容:トラック隊列内の車両間の通信に5G移動通信技術を適用

  • 隊列走行時の左右後方の安全確認のために、後続車両に搭載されたカメラによるモニター映像を先頭車両に配信。大容量かつ無線区間で1ms(1,000分の1秒)の低遅延の通信を実証
  • 先頭車両の運転手が後続車両を運転制御するための、アクセルおよびブレーキ、ハンドル操作などの制御メッセージを送受信。小容量かつ無線区間で1msの低遅延の通信を実証

2. 車両の遠隔監視、遠隔操作

試験内容:車両と運行管制センター間の通信に5G移動通信技術を適用

  • 走行車両のモニター映像を遠隔地の運行管制センターへ配信。大容量かつ無線区間で1msの低遅延の通信を実証
  • 遠隔地の運行管制センターから走行車両へ「緊急停止」などの制御メッセージを送信。小容量かつ無線区間で1msの低遅延の通信を実証
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。