プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2004年

日本テレコム 新固定電話サービス「おとくライン」
メディアキャンペーンの展開開始
~キャラクターに、タモリさんを起用~

2004年10月28日
日本テレコム株式会社

日本テレコム株式会社(本社:東京都中央区、社長:倉重英樹)は、新固定電話サービス「おとくライン」のキャンペーンにタレントのタモリさんを起用し、TVCMを中心としたメディアキャンペーンを11月1日より開始することになりましたのでお知らせいたします。

2004年12月1日より開始する日本テレコムの新固定電話サービス「おとくライン」は、日本テレコムの通信設備を利用することで、「おとく」な基本料金・通話料金体系で全国提供する通信サービスです。現在申し込み受け付けを既に開始しており、大変ご好評をいただいております。

今回、「おとくライン」をお客様により一層認知していただけるよう、全国一斉にメディアキャンペーンを展開することになりました。 まずはTVCMから展開する予定ですが、TVCMの内容は、「宣言」篇、「基本料割安」篇、「3電話無料」篇の3本で構成されております。 知性を感じさせつつ親しみやすい、国民的人気タレントのタモリさんを起用し、「おとくライン」の登場感と「おとくライン」の革新的な商品特長を訴求することを目的としています。

新固定電話サービス「おとくライン」は、マイラインとは違いお客様宅からの電話ネットワークを日本テレコムの設備でご提供することから、基本料金がNTTより安くなる上、他社よりも「おとく」な通話料金でご利用いただけます。 また、固定電話の新規申し込み時に必要であったNTTの電話加入権(施設設置負担金)が一切不要となります。 これまでの固定電話サービスとは違う、日本の固定電話サービスを変える「おとくライン」のインパクトをTVCMで表現しています。

TVCM以外の活動として、新聞広告・交通広告・インターネットなど、あらゆるメディアで大々的に展開し、「おとくライン」の認知向上を図ります。

日本テレコムの「おとくライン」はその名前の通り、日本一「おとく」な電話サービスをご提供するための努力を続けてまいります。 今後さらに利便性が高く、近い将来の光ブロードバンド時代を見据えた様々な新しいサービスを順次投入していく予定です。

日本テレコムは、21世紀のネットワーク社会におけるライフスタイル、ワークスタイル、ビジネスモデルをご提案し、最先端の技術を使い、その実現を推進してまいります。

詳細については別紙を参照してください。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。