プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2013年

JR東日本にiPad miniを7,000台納入

2013年5月13日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)は、東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」)にiPad mini(Wi-Fi + Cellularモデル)を7,000台納入します。

JR東日本では、2012年10月に新たに策定した経営構想に基づき、ICTを活用した業務革新による輸送品質とサービス品質の向上に取り組んでいます。この度、輸送障害時の迅速な対応や案内などのサービス向上のために、乗務員(運転士・車掌)を対象に、iPad miniを本格的に導入することになりました。

今後は、列車の遅延などで乗務員の担当列車が変更になる場合に、乗務員が携行するiPad miniに新たな列車の時刻表を直接送付することで情報が即時に共有でき、ダイヤ回復にかかる時間の短縮を図るとともに、さまざまなアプリケーションを活用したお客さまへのご案内など、更なるサービス品質の向上を目指します。

ソフトバンクテレコムは、乗務員が常時携行するマニュアル類の電子化をサポートし、コンテンツの更新・管理作業の軽減を図るほか、各種コンテンツやアプリケーションを活用した新たなサービスの提供など、JR東日本が目指すICT活用による業務革新を支援します。

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPadはApple Inc.の商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。