ずっと! 東北応援プロジェクトは、2016年3月31日をもって、終了いたしました。たくさんのご支援をいただき、誠にありがとうございました。 ソフトバンクグループは、「かざして募金」を活用した取り組みなどを通じて、これからも東北の支援活動を応援してまいります。 ずっと! 東北応援プロジェクト

未曾有の被害をもたらした東日本大震災から2016年3月11日で5年を迎えます。
ソフトバンクでは、震災により今もなお、学習や遊びの環境が整備されていない子どもたちや
心のケアを必要とする子どもたちをサポートするために、
被災地の子どもを対象に活動する団体を支援するプロジェクトを立ち上げました。
今後の東北を担う子どもたちの健やかな成長をサポートするため、ぜひ皆さまの支援をお願いします。

あなたの寄付にソフトバンクが同額※1をプラスして団体へ届けます

あなたからの寄付+ソフトバンクからの寄付→復興支援活動に取り組む団体へ

※1
ソフトバンクからの追加寄付額は200万円を上限とします。

支援先団体のご紹介

親を亡くした子どもたちに教育と心のケアを

あしなが育英会

あしなが育英会

災害などで親を亡くした国内外の子どもや、親が重度の障がいで働くことができない家庭の子どもたちが自助自立できるよう物心両面の支援を行っています。奨学金などの教育支援により年間5,000人以上、累計4万人以上の遺児が進学することができました。また、阪神淡路大震災をきっかけに、神戸、東京、東北に心のケアセンター「レインボーハウス」を建設しました。その他、​東日本大震災などさまざな理由による​遺児を対象とした心のケアプログラムやボランティアの養成を定期的に行っています。
親を亡くした子どもたちへの心のケアと進学のチャンス提供のためにご支援をお願いします。

団体のHPはこちら

寄付はこちらから

住民自身による被災地のコミュニティ再生を

中央共同募金会(ボラサポ2)

中央共同募金会(ボラサポ2)

東日本大震災の被災地・避難先のボランティアやNPOの活動を支える助成事業として「ボラサポ2(被災地住民支え合いサポート基金)」を実施しています。ボラサポ2の前身である「ボラサポ」では、震災直後のがれき撤去や炊き出しなどの緊急救済活動、子どもたちの学習支援、コミュニティ再生のための復興支援活動を助成してきました。
「ボラサポ2」に寄せられた寄付金は、被災した住民自らがコミュニティ再生活動を行うための助成金として、利用させていただきます。 被災された方々を支援する人を支えるためにご支援をお願いします。

団体のHPはこちら

寄付はこちらから

子どもたちの「自分らしさ」を生きる力に

特定非営利活動法人トイボックス

特定非営利活動法人トイボックス

不登校、発達障がい、ひきこもりなど、さまざまな困難を抱える子どもたちを支える活動をしています。
学校の枠におさまりきれない子どもや、東日本大震災、福島第一原子力発電所事故の影響が残る地域で暮らす子どもたちが、直面する問題をたくましく乗り越えていく力をつけるために子どもたちとその家族に寄り添い、きめ細かい教育サポートを続けています。
どんな子どもでも、自分に合った教育とサポートを受けることができれば、社会の一員として適応し、生きていく力を備えることができます。そんな子どもたちが自分らしく生きるための自立支援、社会づくりのためにご支援をお願いします。

団体のHPはこちら

寄付はこちらから

これからの社会を担う子どもたちに明るい未来を

特定非営利活動法人 にじいろクレヨン

特定非営利活動法人 にじいろクレヨン

東日本大震災直後、親や友達との分断による不安や、避難所、仮設住宅という慣れない環境により負担を抱えてきた子どもたちが健全な精神で、伸び伸びと成長できるよう、安全に安心して遊べる場を作り、ストレスやエネルギーを発散できる環境を提供することを目的に宮城県石巻市を拠点に活動しています。震災は、子どもたちの家や学校、遊ぶ場所を奪うだけではなく、強い緊張や恐怖、大きな悲しみをもたらしました。一人でも多くの子どもたちに笑顔と安心を届けられるよう、活動を続けていきますので、ご支援をお願いします。

団体のHPはこちら

寄付はこちらから

被災地の子どもたちに夢と希望を

公益財団法人 東日本大震災復興支援財団

公益財団法人 東日本大震災復興支援財団

被災による経済的な理由で進学・就学が困難になった高校生に返済不要の奨学金を給付する「まなべる基金」や、東北の子どもたちを支援する団体へ助成する「子どもサポート基金」、地元の復興や振興活動に取り組む若者を応援する「ユースアクション東北」などの活動を通じて、被災地の子どもたちが夢と希望を育む環境の実現を目指しています。東日本大震災から5年が経過しますが、
今もなお仮設住宅での暮らしを余儀なくされ、教育や生活のための環境が十分に整っていない子どもたちがたくさんいます。
復興を担う次世代の子どもたちが幸せに暮らせる社会を創生するためにご支援をお願いします。

団体のHPはこちら

寄付はこちらから

子どもたちに安心できる居場所・学びの場を

特定非営利活動法人 ビーンズふくしま

特定非営利活動法人 ビーンズふくしま

不登校や引きこもり、貧困、東日本大震災による避難生活などの状況にいる子どもが孤立せず、自分らしく生きられる社会をつくるため、フリースクールや心の相談室の設置、学習・就労支援、仲間づくり、親の会などを実施し、子どもたちが力を発揮できるようにサポートしています。
子どもたちが本来持っている能力や感性、個性豊かな力を発揮して、その子らしく育っていくためには、学校以外の場で多様な経験や学びを通して生きる力を育むことができる「居場所」が必要です。
寄せられた寄付金は、子どもたちが安心できる居場所や学びの場の環境整備や、彼らが企画したプログラムを実現するためのチャレンジ資金として活用させていただきます。温かいご支援をよろしくお願いします。

団体のHPはこちら

寄付はこちらから

被災した妊婦〜乳幼児親子の心のケア

特定非営利活動法人 ベビースマイル石巻

特定非営利活動法人 ベビースマイル石巻

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市で、被災した親子の心のケアを中心として、妊産婦~乳幼児・未就園児親子の子育て支援を行い、復興まちづくりに取り組んでいます。
年にのべ7000組以上の親子へ支援をつないでいます。被災地で子育てをしている方の中には、「震災による喪失感」「経済的不安」「子育て環境の悪化」「コミュニティの変化」などにより地域からの孤立・子どもへの虐待が懸念される方もいます。
皆さまからのご寄付により、妊産婦、子ども・子育ての支援ネットワークを構築し、必要な方へ必要な支援を届けます。
失われた命を忘れず、新たな命を守り、育てるための活動にご支援お願いします。

団体のHPはこちら

寄付はこちらから

プロジェクト概要

社会貢献サービス「かざして募金」から対象となる7非営利団体に寄付いただくと、皆さまからの寄付額と同額をソフトバンクからも追加寄付します※2

※2
ソフトバンクからの追加寄付額は200万円を上限とします。

プロジェクト期間

2016年3月3日(木)から2016年3月31日(木)まで

ご注意事項

  • 以下が追加寄付の対象となります。
    1. 2016年3月3日(木)から2016年3月31日(木)までの期間の都度寄付の合計
    2. 2016年3月3日(木)から2016年3月31日(木)までのの期間に新規で申し込まれた「毎月継続寄付」の3月分寄付額
  • 「かざして募金」をご利用いただく際は別途通信料がかかります。

商標について

よく探されているページ