仮想マシングループのネットワーク設定をする

仮想マシングループのネットワーク設定をする

仮想マシングループにネットワーク設定をする方法を説明します。仮想マシングループにネットワークを設定する手段は、大きく分けて2種類あります。仮想マシングループネットワークを作成する方法と、テナントネットワークに紐づけて直接つなぐ方法です。

仮想マシングループネットワークとは、仮想マシングループ内の仮想マシンをつなぐネットワークです。独立したネットワークとして使用できるだけでなく、仮想マシングループEdgeを挟んでテナントネットワークに接続することもできます。

「仮想マシングループEdgeを作成する」

仮想マシングループネットワークを作成する

テナントネットワークから独立した仮想マシングループネットワークを作成する方法を説明します。

  1. 「ネットワーク」タブをクリックします。

  2. 左ペインで「仮想マシングループネットワーク」をクリックし、仮想マシングループ名をクリックして、 アイコンをクリックします。

    「ネットワークタイプの選択」画面が表示されます。

  3. 「新規の仮想マシングループネットワーク」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

    「ネットワークの仕様」画面が表示されます。

  4. 各項目を設定し、「次へ」ボタンをクリックします。

    項目 説明
    ゲートウェイアドレス デフォルトゲートウェイのIPアドレスを入力します。
    作成後、ゲートウェイアドレスは変更できません。
    ネットワークマスク 使用するネットワークマスクを入力します。
    作成後、ネットワークマスクは変更できません。
    プライマリDNS プライマリDNSのIPアドレスを入力します。
    ここに入力したIPアドレスは、作成する仮想マシングループネットワークに接続する仮想マシンで、ゲストカスタマイズが実行された際に、ゲストOS上に設定されます。
    「ゲートウェイDNSを使用」にチェックを入れた場合、ゲートウェイアドレスが自動で入力されます。
    セカンダリDNS セカンダリDNSのIPアドレスを入力します。
    ここに入力したIPアドレスは、作成する仮想マシングループネットワークに接続する仮想マシンで、ゲストカスタマイズが実行された際に、ゲストOS上に設定されます。
    DNSサフィックス DNSサフィックスを入力します。
    固定IPプール 仮想マシングループネットワークに接続した仮想マシンのIPアドレスの指定方法で「固定IPプール」を選択した場合に、割り当てるIPアドレスプールを設定します。単一のIPアドレス、またはIPアドレスレンジの形式で入力し、「追加」ボタンをクリックします。
    (例:192.168.2.100)
    (例:192.168.2.1-192.168.2.10)

    「全般」画面が表示されます。

  5. ネットワーク名を入力し、必要に応じて説明を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。

    項目 説明
    ネットワーク名 仮想マシングループネットワークのネットワーク名を入力します。以下の点に留意してください。
    ・サイト内のテナントネットワークと同じ名前のネットワークは作成できません。
    ・仮想マシングループ内でネットワーク名が重複しないようにします。
    説明 仮想マシングループネットワークの説明を256文字以内で入力します。

    確認画面が表示されます。

  6. 表示された内容を確認し、「完了」ボタンをクリックします。

    仮想マシングループネットワークが作成されます。

仮想マシングループをテナントネットワークに紐づける

仮想マシングループをテナントネットワークに紐づけて直接つなぐ方法を説明します。

  1. 「ネットワーク」タブをクリックします。

  2. 左ペインで「仮想マシングループネットワーク」をクリックし、仮想マシングループ名をクリックして、 アイコンをクリックします。

    「ネットワークタイプの選択」画面が表示されます。

  3. 「既存のテナントネットワークに紐づける」を選択し、接続先のテナントネットワークを選択して、「完了」ボタンをクリックします。

    設定が完了し、仮想マシングループがテナントネットワークに紐づけられます。