Security Seminar Day

11.25(金) 13:00-15:00
オンライン開催

- ランサムウェアに企業はどう対応するべきか -
DX時代のセキュリティ基盤構築はソフトバンクが伴走します

「2025年の崖」問題に代表されるような日本の競争力低下を防ぐため、多くの企業・組織でDX推進が求められています。DX推進によってITシステムがより高度になる一方で、サイバー攻撃の標的になりうるアタックサーフェス(攻撃対象領域)も広がっており、サイバーセキュリティが担う役割もより重要なものとなっています。本イベントでは、年々高度化するサイバー攻撃に対抗するために組織のセキュリティ担当者が押さえておきたい情報をまとめてお届けします。

ソフトバンクは、セキュリティ領域にとどまらない包括的なご提案でお客さま各社に最適なDX推進をご支援します。

本イベントは終了いたしました。

タイムテーブル

基調講演
ランサムに至る病、そして

13:00 – 13:45

皆さんお馴染みで厄介な多重脅迫を行うランサムギャングを3年近く観察してきました。長期に渡り観察しているとランサムギャングやその手口の変化だけではなく、それらを取り巻く環境の変化に気付かされます。
彼ら、彼女らはどのように私たちのネットワークに入り込んでくるのか。その後、どのように時間をかけて蝕んでいくのか。それを皆さんに知っていただき、同時にどのように向き合っていくべきかを提案いたします。「侵入前提」と言われて久しい昨今ですが、このセッションでは、初心に返っていただきます。そして、そこから一緒にこれからの糸口を掴みましょう。

SBテクノロジー株式会社 辻 伸弘 氏

SBテクノロジー株式会社
サービス統括 セキュリティ&テクノロジー本部
プリンシパルセキュリティリサーチャー

辻 伸弘 氏

ハイブリッドワークに最適なエンドポイントセキュリティ
~拡大するアタックサーフェスにどう対応すべきか~

13:55-14:25

巧妙化の一途を辿るサイバー攻撃の対象はPCだけでなくサーバ、さらにはスマートデバイスへと拡大しています。本セッションでは、ランサムウェアやスミッシングなど最新脅威の解説に加え、サイバーリーズンをはじめとしたソフトバンクが提供するサイバーハイジーンからEDRやモバイルセキュリティの導入、その後の運用まで幅広い領域を網羅したソリューションをご紹介します。

ソフトバンク株式会社 澤入 俊和

ソフトバンク株式会社
法人事業統括 法人プロダクト&事業戦略本部
セキュリティ事業統括部 セキュリティサービス第2部 サービス推進課
セキュリティエバンジェリスト

澤入 俊和

ゼロトラストへの移行を推進するSASE導入のポイント

14:30-15:00

働き方の変革によりテレワークの促進やクラウドサービスの利用が各企業のスタンダードになってきており、それらの変革に対応できるセキュリティ対策が喫緊の課題となっています。 その有力手段として「ゼロトラストセキュリティ」が挙げられますが、その中でも安全なインターネットアクセスやリモートアクセスを提供するソリューションである「SASE(Secure Access Service Edge)」が注目を集めています。 本セッションでは、ゼロトラストやSASEについて改めて解説するとともに、複数のSASEソリューションと、企業ごとに最適なSASEを導入するためのポイントをご紹介します。

ソフトバンク株式会社 若松 敬幸

ソフトバンク株式会社
法人事業統括 法人プロダクト事業戦略本部
セキュリティ事業統括部 DevSecOps推進部 1課
セキュリティエンジニア(CISSP)

若松 敬幸

※各セッションのタイトル及び内容は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

セキュリティ対策にお困りの方はぜひご視聴ください