ソフトバンク コマース&サービス株式会社

プレスリリース 2018年

ソフトバンク コマース&サービス、MCJ、ホロラボが
AR/VR/MR分野で業務提携

2018年7月30日
ソフトバンク コマース&サービス株式会社
株式会社MCJ
株式会社ホロラボ

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:溝口 泰雄、以下「ソフトバンク C&S」)と株式会社MCJ(本社:埼玉県春日部市、代表取締役会長:髙島 勇二、以下「MCJ」)、株式会社ホロラボ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:中村 薫、以下「ホロラボ」)は、このたびAR(拡張現実)/VR(仮想現実)/MR(複合現実)の各分野における業務提携に合意しましたのでお知らせします。

設計・製造・建設現場での3Dデータの活用が広がる中、ソフトバンク C&Sとホロラボは3D CAD(Computer Aided Design)/BIM(Building Information Modeling)データを、マイクロソフトが提供する「Microsoft HoloLens」や「Windows Mixed Reality デバイス」(以下「MRデバイス」)などで活用できるように、クラウド経由で自動変換するソリューション「AR CAD Cloud」の共同開発を進めてきました。両社は今回の提携により、主に土木・製造・建設業界に向けた販売体制を整え、デバイスやソリューション、周辺サービスの導入提案を促進するとともに、導入に当たって技術的なサポートやアドバイスを行います。

ソフトバンク C&SとMCJは、それぞれホロラボと資本提携することにより、ホロラボのソリューション開発を資金面で支援します。

また、MCJとホロラボは、それぞれハードウエアとAR/VR/MR分野におけるノウハウを、今後の両社の事業展開に相互利用していきます。そのほか、MCJは、ホロラボにハイスペックなパソコンなどの製品提供を行い、ホロラボの開発環境の向上を支援します。

「AR CAD Cloud」について

「AR CAD Cloud」は、マイクロソフトが提供する「Microsoft Azure」をベースにしたクラウドソリューションで、3D CAD/BIMデータをMRデバイスなどに向けて自動変換し、これまで2Dの図面で行っていた確認作業を原寸大の3Dモデルで行えます。そのため、作業工数の削減や、より具体的な説明などが可能になります。

AR CAD Cloud

  • 「AR CAD Cloud」に、3D CADデータやBIMデータをアップロードすると、MRデバイスなどに向けてデータを自動変換します。
  • 「AR CAD Cloud」がデータを自動変換するので、AR/VR/MR開発ツールのスキルを習得することなくAR/VR/MRを活用できます。
  • オートデスク株式会社のCAD/BIMソフトウエアで活用できる各種データ形式、中間ファイル形式などの主要なファイル形式に対応します。(一部対象外あり)
  • クラウドストレージを活用することで、遠隔ロケーションでも最小限の機材でいつでもAR/VR/MRビューイングが可能です。

ソリューションの詳細

「AR CAD Cloud」の詳細は、ソフトバンク C&Sのウェブサイトをご覧ください。

「AR CAD Cloud」体験イベント

2018年8月31日(金)に開催される「Autodesk University Japan 2018」で、「AR CAD Cloud」を体験していただくことができます。
「Autodesk University Japan 2018」の詳細は、こちらをご覧ください。

エンドースメント

今回の業務提携に当たり、日本マイクロソフト株式会社、オートデスク株式会社、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社より、下記のコメントを頂戴しています。(順不同)

  • 日本マイクロソフト株式会社
    業務執行役員 Microsoft 365 ビジネス本部 本部長 三上 智子さま

    日本マイクロソフトは、ソフトバンク コマース&サービス株式会社、株式会社MCJ、株式会社ホロラボの業務提携を大変うれしく思います。「Microsoft Azure」と「Microsoft HoloLens」を活用した「AR CAD Cloud」を通じて、3D CADデータやBIMデータが利用されている現場でMixed Realityの活用が広がり、デジタルトランスフォーメーションの推進につながるものと期待しています。

  • オートデスク株式会社
    チャネルセールス営業本部長 麦田 興次さま

    土木・製造・建設分野の設計段階で作成される3D CAD/BIMデータは、企画検討から詳細設計、検証、関係者の合意、メンテナンス、広告宣伝まで幅広い業務で利用されています。今回提供される「AR CAD Cloud」により、Mixed Realityがより身近な技術になることが期待されています。そうすれば3D CAD/BIMデータを活用する場面も広がりますので、さまざまな業務の自動化が可能になるでしょう。

  • ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
    代表執行役会長 豊田 信夫さま

    「AR CAD Cloud」の基幹技術にはUnityが採用されており、当社のソリューションが貢献できることをうれしく思います。設計製造や建設現場で3D CAD/BIMデータの活用やMixed Realityに対する需要が非常に高まっており、「AR CAD Cloud」はこうした需要を満たしてくれると感じています。今回発表された3社の業務提携に当社も大いに期待しています。

ソフトバンク コマース&サービス株式会社について

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、ソフトバンクの創業事業である個人および法人向けIT関連商品の流通事業をはじめ、グループの通信事業などとのシナジーを生かした、モバイルアクセサリー「SoftBank SELECTION」の製造販売、法人向けにモバイルや固定回線などの通信インフラとIT商材を組み合わせたICTソリューションの提供、多様なモバイルデバイスで利用できるWebサービス、購買支援事業など、ICT関連の商品やサービスを幅広く提供しています。詳細は、こちらをご覧ください。

株式会社MCJについて

株式会社MCJは、「mouse」をメインブランドとするBTO(受注生産)、完成品パソコンの企画・製造・販売および「iiyama」ブランドモニターの欧州販売、日本国内店舗における、ITデバイス関連サポート・サービスを展開するとともに、パソコン周辺機器の代理店販売や卸売り、アフターサービスなどのバリューチェーンを備え持つ総合ITグループです。
今後の取り扱い製品の拡充とともに、その先にある顧客ニーズを捉えてマルチサービスを実現するために、VB投資や事業提携、M&Aなどにも積極的に取り組んでいます。詳細は、こちらをご覧ください。

株式会社ホロラボについて

株式会社ホロラボは、2017年1月18日(Microsoft HoloLens日本上陸の日)に設立された研究開発型の企業です。Windows Mixed Realityに代表される最新技術をいち早く使いこなし、より多くの人たちが体験できるよう、調査研究、システム・アプリケーション開発、啓蒙活動を行っています。2017年11月8日、Microsoft Mixed Realityパートナープログラム認定を取得しました。詳細は、こちらをご覧ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。