経営理念

情報革命で人々を幸せに

ソフトバンク株式会社および子会社は、ソフトバンクグループ共通の経営理念である「情報革命で人々を幸せに」という考え方の下、創業以来一貫して、情報革命を通じた人類と社会への貢献を推進しています。

ビジョン

「世界に最も必要とされる会社」を目指して

当社は情報革命で人々の幸せに貢献し、「世界に最も必要とされる会社」になることを目指しています。
このビジョンの達成に向けて、これまで築き上げた事業基盤と、デジタルテクノロジーの力で、誰もが便利で、快適・安全に過ごせる理想の社会を実現していきます。

Play Movie

「No.1」No.1を狙うからこそNo.1になれる。2番では見えない景色がある。「挑戦」失敗を恐れず高い壁に挑み続ける。「逆算」登る山を決め、どう行動するか逆算で決める。「スピード」スピードは価値。早い行動は早い成果を生む。「執念」あきらめない限り可能性は消えない。

バリュー

300年成長し続ける、ソフトバンクグループのDNA

ソフトバンクバリューには
創業者 孫正義の思いが込められています。

逆境や壁、難題をも乗り越える。
乗り越えた先にはお客様の笑顔がある。
そのための努力であれば、楽しいのではないか。
努力って、楽しい。

「No.1」「挑戦」「逆算」「スピード」「執念」の実践を通じて私達は、人々の幸せの実現に挑み続けます。

バリュー

300年成長し続ける、ソフトバンクグループのDNA

「No.1」No.1を狙うからこそNo.1になれる。2番では見えない景色がある。「挑戦」失敗を恐れず高い壁に挑み続ける。「逆算」登る山を決め、どう行動するか逆算で決める。「スピード」スピードは価値。早い行動は早い成果を生む。「執念」あきらめない限り可能性は消えない。

ソフトバンクバリューには
創業者 孫正義の思いが込められています。

逆境や壁、難題をも乗り越える。
乗り越えた先にはお客様の笑顔がある。
そのための努力であれば、楽しいのではないか。
努力って、楽しい。

「No.1」「挑戦」「逆算」「スピード」「執念」の実践を通じて私達は、人々の幸せの実現に挑み続けます。

サステナビリティ

デジタルテクノロジーで社会課題を解決し、
持続可能な社会を実現

当社グループは持続可能な社会の実現に向けて、「すべてのモノ・情報・心がつながる世の中を」をコンセプトに、取り組むべき6つの「マテリアリティ(重要課題)」を定めています。情報・テクノロジー領域でビジネスを推進していくことで、社会や人々の課題を解決することを目指します。

すべてのモノ・情報・心がつながる世の中を ソフトバンクのサステナビリティ

サステナビリティ

デジタルテクノロジーで社会課題を解決し、
持続可能な社会を実現

すべてのモノ・情報・心がつながる世の中を ソフトバンクのサステナビリティ

当社グループは持続可能な社会の実現に向けて、「すべてのモノ・情報・心がつながる世の中を」をコンセプトに、取り組むべき6つの「マテリアリティ(重要課題)」を定めています。情報・テクノロジー領域でビジネスを推進していくことで、社会や人々の課題を解決することを目指します。

マテリアリティ(重要課題)

事業を通じた
社会課題解決

  1. 事業を通じた
    社会課題解決

  2. ACTION01 DXによる社会・産業の構築
  3. ACTION02 人・情報をつなぎ新しい感動を創出
  4. ACTION03 オープンイノベーションによる新規ビジネスの創出

企業活動を
通じた
社会課題解決

  1. 企業活動を
    通じた
    社会課題解決

  2. ACTION04 テクノロジーのチカラで地球環境へ貢献
  3. ACTION05 質の高い社会ネットワークの構築
  4. ACTION06 レジリエントな経営基盤の発展

経営戦略

情報・テクノロジー領域において通信事業を中心にさまざまな事業に取り組み、企業価値の最大化を図っています。

ソフトバンクグループの
理念•ビジョン

経営理念

情報革命で人々を幸せに−−
創業以来一貫して、情報革命を通じた人類と社会への貢献を推進しています。

ビジョン

情報革命で人々の幸せに貢献し、「世界の人々から最も必要とされる企業グループ」を目指します。

ブランド名の由来•ロゴ

21世紀の海援隊旗は、新しい世界を生み出そうとするソフトバンクグループの情報革命の象徴です。