ロードバランサを設定する

Edgeゲートウェイにロードバランサを設定する方法を説明します。
以下の構築例では、Webサーバを2台構築し、ロードバランス先のメンバープール(Web_pool)に登録しています。ロードバランサの仮想IPアドレスにはグローバルIPアドレスY.Y.Y.Yを割り当てており、このアドレスへのアクセスをWebサーバ2台にロードバランスします。

  1. ユーザ管理者の権限を持つユーザで、セルフポータルサイトにログインします。

    「ユーザ管理者とユーザの権限について」

  2. 「テナント設定」タブをクリックします。

  3. 左ペインで「Edgeゲートウェイ」をクリックします。

    Edgeゲートウェイの一覧が表示されます。

  4. ロードバランサを設定するEdgeゲートウェイを右クリックし、「サービス設定」をクリックします。

    「サービスの構成」画面が表示されます。

  5. 左ペインで「ロードバランサ」をクリックします。

  6. 「プールサーバの設定」の「追加」ボタンをクリックします。

    メンバープールを選択し、「編集」ボタンをクリックすると編集できます。
    メンバープールを選択し、「削除」ボタンをクリックすると削除できます。

    「ロードバランサの名前設定」画面が表示されます。

  7. 各項目を設定し、「次へ」ボタンをクリックします。

    項目 説明
    名前 ロードバランス先のサーバを定義するメンバープールの名前を入力します。
    説明 メンバープールの説明を256文字以内で入力します。

    「サービスの構成」画面が表示されます。

  8. メンバープール内のサーバが提供するサービスにチェックを入れ、「バランス化メソッド」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

    メンバープール内での「バランス化メソッド」(負荷分散方式)は、以下から選択できます。

    バランス化メソッド 説明
    IPハッシュ パケット内の送信元、送信先IPアドレスハッシュに基づき、サーバを選択する方式です。
    ラウンドロビン メンバープール内のサーバを順に選択する方式です。
    URI URIハッシュに基づき、サーバを選択する方式です。
    最小接続数 最も接続数の少ないサーバを選択する方式です。

    「健全性チェックの構成」画面が表示されます。

  9. サービスごとにサーバの健全性チェックの設定を行い、「次へ」ボタンをクリックします。

    健全性チェックを行わない場合には、設定を変更せずに、「次へ」ボタンをクリックします。
    「メンバーの管理」画面が表示されます。

  10. メンバープールに仮想マシンを登録します。「追加」ボタンをクリックします。

  11. 各項目を設定し、「OK」ボタンをクリックします。

    項目 説明
    IPアドレス 仮想マシンのIPアドレスを入力します。
    比率ウエイト 整数値を入力します。値が大きいほど、ラウンドロビンにより選択される頻度が増加します。
    サービスと監視 手順7.で選択したサービスに対し、ポート番号を入力します。

    「メンバーの管理」画面に、追加した仮想マシンが表示されます。

  12. 手順10.~11.を繰り返し、メンバープールに登録する仮想マシンを全て追加して、「次へ」ボタンをクリックします。

  13. 表示された内容を確認し、「完了」ボタンをクリックします。

    「サービスの構成」画面に戻ります。

  14. 「仮想サーバの設定」の「追加」ボタンをクリックします。

    ロードバランサを選択し、「編集」ボタンをクリックすると編集できます。
    ロードバランサを選択し、「削除」ボタンをクリックすると削除できます。

    「仮想サーバの追加」画面が表示されます。

  15. 各項目を設定し、「OK」ボタンをクリックします。

    項目 説明
    名前 ロードバランサの名前を入力します。
    説明 ロードバランサの説明を256文字以内で入力します。
    適用ネットワーク ロードバランサの仮想IPアドレスを設定するネットワークを選択します。
    当社が提供するグローバルIPアドレスをご利用の場合は、
    「SharedExternal<xx>」を選択します。
    IPアドレス 「適用ネットワーク」上の仮想IPアドレスを入力します。
    お客さまが作成したテナントネットワークのデフォルトゲートウェイアドレス、または当社提供のグローバルIPアドレスを指定します。
    プール メンバープールを選択します。
    サービス メンバープールで設定したサービスにチェックを入れて有効化します。
    有効性 チェックを入れると、ロードバランサを有効化します。
    check
    重要

    サービスのHTTPのCookieモードで、「プレフィックス」または「App」を選択した場合のタイムアウトのデフォルト値は、3,600秒です。タイムアウト値の変更をご希望の場合は、お申し込みが必要なため、当社担当営業までお問い合わせください。

    「サービスの構成」画面に戻ります。

  16. ロードバランサの仮想IPアドレス宛ての通信を許可するため、ファイアウォールを設定します。

    ファイアウォールを設定する方法は、 「ファイアウォールを設定する」 を参照してください。

  17. 「OK」ボタンをクリックします。

    ロードバランサの設定が完了します。

ロードバランサの設定例

図のとおり構成するには、以下のように設定します。

  • 「プールサーバの設定」の設定例
画面名 項目
ロードバランサの名前設定 名前 Web_pool
説明 Web Server group
サービスの構成 選択 チェックを入れる
サービス HTTP
バランス化メソッド ラウンドロビン
健全性チェックの構成 サービス HTTP
モード HTTP
間隔(秒) 5
タイムアウト(秒) 15
不健全閾値 3
メンバーの管理 メンバー(1)
  • IPアドレス:192.168.3.17
  • 比率ウェイト:1
  • ポート:80
  • 監視ポート:80
メンバー(2)
  • IPアドレス:192.168.3.25
  • 比率ウェイト:1
  • ポート:80
  • 監視ポート:80
  • 「仮想サーバの設定」の設定例
項目
名前 Apache_LB
説明 Apache Load Balancer
適用ネットワーク SharedExternal01
IPアドレス Y.Y.Y.Y
プール Web_Pool
サービス HTTP
  • 有効:チェックを入れる
  • ポート:80
  • 永続性メソッド:なし
有効性 チェックを入れる
  • ファイアウォールの設定例
画面名
有効 チェックを入れる
名前 WebServer_LB
ソース external
ソースポート any
ターゲット Y.Y.Y.Y
ターゲットポート 80
プロトコル TCP
アクション 許可