今日の挑戦が、未来の常識になる。 今日の挑戦が、未来の常識になる。

先端技術研究所について

インターネットやデジタルによって、あらゆる事業の連携が容易になり、空間は電波で満たされどこでも通信ができ、ソフトウエアで何でも作れる時代がやってきています。そんな時代の未来を切り開くべく、2017年から先端技術開発本部として、次世代ネットワークからHAPS、自動運転まで新しいテクノロジーを発掘・開発し、それらを事業に昇華させる活動を続けてきました。

この活動をさらに加速しながら、これまで以上に自由な発想による新しいチャレンジに取り組み、世界中の最先端プレーヤーとのコラボレーションを活性化するため、2022年4月1日に社長直下の組織、先端技術研究所として新たなスタートを迎えました。この「研究所」と名のつく組織ができるのは、ソフトバンクの創業以来初めてになります。

先端技術研究所は、ネットワークテクノロジー、エンジニアリング、デジタルアート、データ、トラストなどの最先端技術を駆使して、私たちが直面する社会課題を解決し、未来の社会を創造していきます。

活動領域

1. 技術開発

Beyond 5Gや6Gが普及し、さまざまな産業がデジタル化する時代を見据え、商用を意識した新しい技術の研究開発や検証を行っています。研究領域は、テラヘルツ・光などの新しい無線技術や、次世代のセキュリティーに欠かせない耐量子計算機暗号などの量子技術、また自動運転を実現するために必要なV2X(自動車向け通信)や、HAPS・カーボンフリーのための次世代電池など多岐にわたります。

3. 共同研究

大学や研究機関と提携し、テラヘルツや光に関する無線技術の研究、次世代電池の開発など基礎分野の研究や長期サイクルの研究開発を推進しています。現在17の大学や国の機関と共同研究を進めています。

[注]
※五十音順。2022年7月現在

  • 岐阜大学 GIFU UNIVERSITY
  • 熊本大学 Kumamoto University
  • 慶應義塾大学 KEIO UNIVERSITY
  • 国立大学法人 佐賀大学
  • 東海大学
  • 東京工業大学 Tokyo Institute of Technology
  • TDU 東京電機大学
  • 国立大学法人 東京農工大学
  • 東京理科大学 TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE
  • 国立大学法人 名古屋工業大学
  • 一橋大学 HITOTSUBASHI UNIVERSITY
  • 国立大学法人 福井大学 UNIVERSITY OF FUKUI
  • 北海学園大学 Hokkai-Gakuen University
  • 三重大学 MIE UNIVERSITY
  • 産総研
  • 国立研究開発法人 情報通信研究機構 National Institute of Information and Communications Technology
  • NIMS

活動実績

      所長メッセージ

      私たちのミッションは、先端技術を駆使しながら、「情報革命で人々を幸せに」という当社の経営理念を実現することです。圧倒的なスピードで市場が変化する中、未来を想像し、絶えず研究開発に挑戦し続ける必要があります。

      私たちが向き合う「答えのない問い」には、失敗を恐れず、具体的なアクションを起こすことが重要であり、失敗から学ぶことで、その先に答えが見えてくると考えています。

      技術はつくり上げたら終わりではありません。技術の力で社会をより良くしていくことをゴールと定め、真に社会に役立つテクノロジーの創出を目指していきます。

      2022年7月

      先端技術研究所 所長
      湧川 隆次
      • 現職

        • - ソフトバンク株式会社 先端技術研究所 所長
        • - MONET Technologies株式会社 技術本部長
        • - HAPSモバイル株式会社 取締役
        • - 5x5 Technologies, Board Director
        • - HAPS Alliance, Board Director
      • 著書

        • - アンワイアード デジタル社会基盤としての6Gへ
        • - アンワイアード 果てしなきインターネットの未来―4Gへのシナリオ
        • - モバイルIP教科書
        • - ITの正体
      • 主要論文

        • 1. “Data Naming in Vehicle-to-Vehicle Communications”, IEEE Infocom Workshop on Emerging Design Choices in Name-Oriented Networking. 2012
        • 2. “Supporting Mobility for Internet Cars”, IEEE Communication Magazine, 2011
        • 3. “The Applicability of Virtual Interface for Inter-technology handoffs in Proxy Mobile IPv6”, Wireless Communications and Mobile Computing, Wiley InterScience, 2011
        • 4. “Migrating Home Agents towards Internet-Scale Mobility Deployments”, ACM 2nd CoNEXT Conference on Future Networking Technologies, 2006

      研究員紹介

      吉野 仁無線イノベーション部 所属

      • 研究分野

        • 適応無線信号処理、コグニティブ無線システム、移動通信システム
        • 5G高信頼・低遅延通信の自動運転への応用(トラック隊列走行など)
      • プロフィール

        • ソフトバンク株式会社 テクニカルマイスター
        • ITU-R WP5A WG5(New Technology) 議長
        • 電子情報通信学会無線通信システム(RCS)研究会 専門委員
        • 電子情報通信学会スマート無線(SR)研究会 顧問
      • 主な表彰

        • 電子情報通信学会 通信ソサイエティ論文賞 受賞(2022年)
        • 電波産業会 第32回電波功績賞 総務大臣表彰 受賞(2021年)
        • 電子情報通信学会 最優秀論文賞および論文賞 各受賞(2020年)
      • 主な出版/論文

        • 吉野、三上、“トラックの隊列走行を可能にする5G技術”, pp.210-221, 解説論文, 通信ソサエティマガジン No.55, 冬号, 2020.
        • 吉野、“5Gで実現する自動運転”, pp.1078-1084, 電子情報通信学会会誌 Vol.101, No.11, 2018.
      • 主な実績

      山口 良無線イノベーション部 所属

      三上 学先端技術推進部 所属

      • 研究分野

        • 次世代移動通信システム向け無線伝送、無線アクセス制御技術、5G高度化技術(5G-Advanced)等
      • プロフィール

        • 電子情報通信学会 シニア会員、IEEE会員
        • 電子情報通信学会 通信ソサイエティ 和文論文誌 元編集副委員長/編集委員
        • 電子情報通信学会 通信ソサイエティ 編集会議 元メンバー
        • 電子情報通信学会 無線通信システム研究専門委員会 元専門委員
      • 主な表彰

        • 電子情報通信学会 通信ソサイエティ論文賞 受賞(2022年)
        • 電波産業会 第32回電波功績賞 総務大臣表彰 受賞(2021年)
        • 電子情報通信学会 最優秀論文賞および論文賞 各受賞(2020年)
      • 主な出版/論文

        • 三上、吉野、“トラック隊列走行用5G高信頼・低遅延車車間通信システムの開発と実証,”ARIB機関紙, No.14, pp.18-26, Sept. 2021.
        • M. Mikami and H. Yoshino, “Field Trial on 5G Low Latency Radio Communication System Towards Application to Truck Platooning,”IEICE Transactions on Communications, vol.E102-B, no.8, pp.1447-1457, Aug. 2019.
      • 主な実績

      中島 潤一先端HAPS研究室 所属

      • 研究分野

        • 成層圏プラットフォーム(HAPS)、臨時気球無線中継局、Beyond 5G/6Gの研究開発
      • プロフィール

        • NICT 未来Societyを形作るICT基盤技術に関する調査委員会 委員
        • 通信総合研究所/電磁波計測部門・鹿島宇宙通信センター 元研究員
        • NICT情報通信研究機構/新世代ネットワーク研究センター、新世代ワイヤレス研究センター 元研究員
      • 主な表彰

        • 電波産業会 第27回電波功績賞 一般社団法人電波産業会会長表彰 受賞(2016年)
          「災害時における係留気球を用いた LTE/LTE-Advanced/W-CDMA 対応臨時無線中継 システムの開発・実用化」
      • 主な出版/講演

        • Junichi Nakajima, Yoshichika Ohta, Haruya Miyajima, Mitsuyoshi Tokunaga, Yousuke Sugita, Hideki Omote,Hideki Hayashi, Teruya Fujii, "A Balloon-based Wireless Relay System for Disaster Response", IEEE VTC 2015 Fall, Boston.
      • 主な実績

      永井 泰裕先端エンジニアリング部 所属

      堀場 勝広先端NW研究室 所属

      矢吹 歩無線イノベーション部 所属