よくあるご質問

トンネリングサービス|IPV6

IPv6について

  • 現在世界で広く使われているインターネットプロトコル(IP)は正式にはIPv4といいます。 IPv4は利用できるアドレスの数が約43億個と限りがあるため、管理できるアドレス空間を飛躍的に増大させた次世代インターネットプロトコルがIPv6です。

  • IPv4は十分なアドレスが無いために、インターネットの基本原理である、「end-to-end 通信」と「双方向性」を守ることが出来ません。 双方向が保てなくなると、例えばクライアントからサーバにはアクセスできますが、サーバからクライアントにはアクセスできない、といったちぐはぐな現象が発生することになります。 IPv6なら、十分なIPアドレスを提供できるため、「end-to-end 通信」と「双方向性」の両方を満たすことが可能です。 これによって、家電やモバイルアクセス、無線LANなどあらゆる機器にIPアドレスを振ることが出来ます。

  • 日本で運用されるIPv6アドレスは、APNIC(Asia Pacific Network Information Center)が管理しています。APNICより弊社に割り振られたIPv6アドレスをお客様に割り当てを行います。

  • IPv4とIPv6で速度の差異はありません。

  • WindowsXPはIPv6対応しています。詳しくは以下をご参照ください。

    その他OSのIPv6対応の詳細については各メーカーにお問い合わせください。

トンネリングサービスについて

お申込みについて

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ