ブロードバンドガイド

ホームルーターとは?使うメリットや注意点、導入手順まで詳しく解説

ホームルーターとは?使うメリットや注意点、導入手順まで詳しく解説

インターネット回線サービスの加入を考えているなら、ホームルーターも選択肢の一つです。ホームルーターは回線工事が不要のインターネット回線サービスで、多くのメリットがあります。

この記事では、ホームルーターのメリットや注意点、導入手順などを分かりやすく解説します。ホームルーターのことを知りたい方は、参考にしてください。

コンセントにさすだけ工事がいらない!

SoftBank Airの詳細をみる

目次

ホームルーターとは?

ホームルーターとは?

ホームルーターとは、モバイル回線を使ってインターネット通信を行う通信機器のことです。

コンセントに挿すだけでインターネット環境が構築できるので、回線を導入するための工事は必要ありません。また、通信会社によってはデータ通信容量の制限がないので、通信速度が低下する通信制限を気にせずに動画やオンラインゲームを楽しむことができます。

ホームルーターとモバイルWi-Fiルーターとの違い

モバイルWi-Fiルーターはモバイル回線でインターネットにつながる、持ち運び可能なサイズのインターネット通信機器です。ホームルーターと同様に、インターネットにつなげるための工事は不要です。

モバイルWi-Fiルーターは本体にバッテリーが内蔵されており、移動中でも利用可能です。

ホームルーターのメリット

ホームルーターのメリットは以下のとおりです。

  • 工事が必要ない
  • 設定がかんたん
  • 光回線より初期費用が安い

上記のメリットを順番に解説します。

工事が必要ない

ホームルーターはインターネットを利用するため、光回線のように工事をする必要がありません。

コンセントに挿して設定すれば、すぐにでもインターネット環境を構築できるので、店舗で機器を受け取った場合は、最短申し込んだ当日に利用可能です。

設定がかんたん

ホームルーターは初期設定がかんたんです。例えば、「SoftBank Air」の初期設定の手順は以下のとおりです。

  1. Airターミナルを電源アダプターにつなぎ、コンセントに差し込む
  2. 5つのランプがすべて緑色に点灯するまで待つ
  3. 機器の側面や底面にあるネットワーク名(SSID)と暗号キー(PSK-AES)を確認する
  4. パソコンやスマートフォンでWi-Fiを設定する

上記の手順で、パソコンやスマートフォンなどの機器でインターネットが利用できます。

固定回線より初期費用が安い

基本的にホームルーターは工事が不要なため、固定回線よりも初期費用が抑えられます。そのため、あまり費用をかけずにインターネット環境を構築したい方はホームルーターを検討するとよいでしょう。

ホームルーターを使う際の注意点

ホームルーターを使う際の注意点は以下のとおりです。

  • 持ち運びができない
  • 通信は固定回線の方が安定している
  • 通信速度制限がかかる場合がある
  • 設置場所に注意する

ホームルーターを使う際の注意点を順番に解説します。

持ち運びができない

ホームルーターは据え置き前提でサービスを提供しているため、移動中や設定した住所以外の場所での使用はできません。移動中や外出先でインターネットに接続したい場合は、モバイルWi-Fiルーターを検討してみましょう。

通信は固定回線の方が安定している

ホームルーターはモバイル回線を利用してインターネットにつなげます。しかし、モバイル回線は無線通信のため、周りの環境やほかの電波に影響されやすく、不安定な場合があります。

光回線は伝送路を利用しているので通信が安定しやすいです。通信の安定性にこだわる方は「SoftBank 光」のような光回線をお勧めします。

通信速度制限がかかる場合がある

ホームルーターによっては、3日で10GBまでといった通信容量の制限が設定されているケースがあります。その場合、動画やゲームなどを利用し過ぎるとデータ通信容量の上限に達して、速度制限がかかってしまいます。

速度制限がかかると、インターネットを快適に楽しむことが難しくなります。データ通信容量の上限があるホームルーターを利用する際は注意しましょう。

なお、「SoftBank Air」はデータ通信容量が無制限(※)となっており、通信制限を気にせずにインターネットを楽しめます。

  • 通信サービスの安定提供にともなう速度制限により、通信速度が低下する場合があります。

設置場所に注意する

無線通信は障害物やほかの家電製品の電波に遮断されて、つながりが悪くなる可能性があります。そのため、電波が入りやすく、パソコンやスマートフォンに届きやすく、障害物に遮断されないような場所に設置しましょう。

例えば、ホームルーターを設置する場合は、窓際で30cm~80cm程度の高さの場所がお勧めです。また、棚のなかや水槽の近く、電子レンジの側などは電波が干渉される恐れがあるので極力避けましょう。

ホームルーターの導入手順

ホームルーターの導入手順は以下のとおりです。

  1. ホームルーターを選ぶ
  2. 申し込みをする
  3. 設置して利用開始

ホームルーターを選ぶ

まずは、ホームルーターを選びます。

ホームルーターを提供している事業者や選択する機器ごとに月額使用料や機器費用、通信速度などが異なります。また、購入のほかに、ホームルーターをレンタルする方法もあるので、ご自身にあった方法でホームルーターを選択しましょう。

申し込みをする

ホームルーターの申し込み方法は事業者によって異なり、「SoftBank Air」の場合はインターネットや電話、店舗などで申し込めます。

インターネットで申し込む場合はWebサイトを開き、手順に従ってご契約者名、生年月日、ご利用希望先住所などを入力します。店舗で購入する場合は、本人確認書類や支払い手続きに必要な物を持参しましょう。

設置して利用開始

ホームルーターが手に入ったら、電波が入りやすい場所にホームルーターを設置して取扱説明書の手順に従って初期設定を済ませます。

以上で、ホームルーターの導入は完了です。

ホームルーターは「SoftBank Air」がお勧め

ホームルーターは「SoftBank Air」がお勧めです。「SoftBank Air」は回線工事を必要とせず、コンセントに挿すだけでインターネットが利用可能となります。また、「Airターミナル5」は5G回線(※1)に対応しており、下り最大2.1Gbpsの高速通信により動画やオンラインゲーム、テレワークなどをストレスなく行えます(※2)。

ほかにも、「SoftBank Air」はデータ通信容量が無制限で、契約期間や契約解除料などがありません。気軽に導入することができ、通信速度の制限を気にせずにインターネットを利用できます。ソフトバンクショップやワイモバイルショップで申し込んで機器の在庫があれば、即日利用も可能となります。

「SoftBank Air」とソフトバンク、ワイモバイルのスマートフォンをセットで利用すると、対象プランの場合、「おうち割 光セット」もしくは「おうち割 光セット(A)」に加入することができ、加入すると毎月のスマートフォンの通信料が割引されるのでおトクです。

契約プランによって割引額が異なるため、事前に詳細をご確認ください。

  • ※1 SoftBank Airでご利用いただける5G対象エリアは限られます。事前に対象エリアをご確認の上、ご契約ください。5Gエリアに加えて4Gエリアでもご利用いただけます。また、ご利用にはAirターミナル5が必要です。
  • ※2 下り最大2.1Gbpsは、5G対象エリアの一部で提供中です。また、下り最大2.1GbpsにはWi-Fi 6(11ax)対応機種が必要です(5Gサービス提供住所リストの詳細をみる)。また、表記の通信速度はシステム上の最大速度であり、全国主要都市の一部より順次拡大中です。ベストエフォート方式のため、お客さまの通信環境により実際の通信速度は変化します。ご利用が集中する時間帯は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

SoftBank Airの詳細をみる

ホームルーターはコンセントに挿したらすぐにインターネット通信が利用できる機器

ホームルーターとは、モバイル回線でインターネットにつながるインターネット通信機器です。回線工事が不要で、コンセントに挿すだけでインターネットを利用できます。

お勧めのホームルーターは5G高速通信がギガ無制限で利用可能な「SoftBank Air」です。ソフトバンクショップやワイモバイルショップで申し込んで機器の在庫があれば、即日利用も可能なため、すぐにでもインターネット環境を構築したい方は検討してみましょう。

SoftBank Airの詳細をみる

  • Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標または商標です。

あわせて読みたい記事

ブロードバンドガイド
目次へ

×