現場視点で考えるAI導入コンサルティングサービス AI Design Workshop

貴社のAIプロジェクト、こんな課題を抱えていませんか?

  • AIで具体的に何ができるかわからない。
    AIで具体的に何ができるかわからない。
  • 現場の業務課題がわからない。
    現場の業務課題がわからない。
  • 有効な解決策がわからない。
    有効な解決策がわからない。
  • チームのコミュニケーションがうまくいかない。
    チームのコミュニケーションがうまくいかない。

立場が違うと、期待も不安も異なります。

経営層

AI活用する企業も増えてきた。差をつけられないように我が社もAIを活用して企業価値を上げたい。当然効果も出したい。

IT部門

AIを活用するようにと言われているけど、IT投資が限られる中、現場の言う通りに作って本当に大丈夫かな?

現場部門

AI活用で効果が出るなら使ってみたいけど、毎日、忙しくてなかなか検討する時間もない。どう進めたらいいのかわからない。誰か詳しい人いないかな?

このような状態で、AI活用を成功させるにはどうしたら?

ビジネスでAI活用を成功させるには、
利用者となる現場の視点に立つ事が重要です。

AI Design Workshopは、ソフトバンクのAIノウハウと
組織に成功循環モデルを作り出すコミュニケーション力の強化により
現場視点のAI活用を支援します。

AI Design Workshop

Workshop Standard Plan

Day1:チームビルディングと顧客体験の重要性

プロジェクト成功のためには、チームづくりが重要です。メンバー同士がビジョンを共有しコミュニケーションを強化する事で、多様性をもったメンバーがそれぞれの能力を主体的に発揮しながらも、一丸となって目的達成を目指す強いチーム作りを支援します。またAI活用でポイントとなる顧客体験の重要性をワークで体験していただきます。

なお、チームビルディングは、アウトドアで働き方改革を推進するスノーピークビジネスソリューションズが提供するosotoとのコラボレーションでオリジナルメニューを提供します。

Day2:ソフトバンク流 AI導入の成功と失敗

AI活用を検討するには、AIを知る事が重要です。実際のAI 活用事例、デモを通してAI の概要や種類、できる事、できない事、そしてAI の導入ステップを理解いただきます。

Day3:デザイン思考による現場視点の課題抽出

デザイン思考の手法で、現在の業務プロセスを洗い出し課題を可視化、優先して解決すべき課題を特定し、解決策の検討を行います。

Day4:解決策の評価と導入計画

検討した解決策に対してストーリーボードを作成し、利用シーンを具体化します。その後、実現に向けた推進体制やスケジュールなど、プロジェクト計画書のドラフト版を作成します。

ワークショップ終了後は、結果をもとに今度のご提案をいたします。

開催までの流れ

ご相談開始からサービス提供までは以下の流れとなります。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

フォーム入力→ご相談・ヒアリング→お見積り→日程等お打ち合わせ→サービス提供