SmartVPN 変化し続けるビジネス環境に柔軟に迅速に対応できるネットワーク

SoftBank SDN

ソフトバンクのSDN

ITリソースの最適化を目指したクラウド導入、先進的なICTを活用したワークスタイルの変革により、企業を取り巻く事業環境やIT環境は大きく変化し続けています。変化にあわせて、企業ネットワークは新たなビジネス要件に柔軟かつ迅速に対応できることが求められています。

ソフトバンクは、クラウドサービスと親和性の高い統合VPNであるSmartVPNにおいて、SDN(Software Defined Networking)技術を活用し、柔軟性と迅速性を備えた次世代クラウドネットワークサービスを提供することで、これまでもお客さまの迅速かつ効率的なビジネス展開に貢献してまいりました。

しかし、企業が利用するアプリケーションのクラウド化が加速し続けるなか、快適なネットワーク環境の実現には、トラフィックのアプリケーションレベルでの可視化を通したWAN全体のトポロジー最適化が必要です。

柔軟で迅速なネットワークトポロジーの最適化、その答えは、
ソフトバンクのSDxネットワーク「SD-WAN」にあります。

ロードマップ
Point

​SDxネットワークの特長

ソフトバンクは、これまでSDN基盤のゲートウェイへの導入や、統合VPNサービスの機能拡充などを行ってきました。しかし、Software Defined技術の進展によりアプリケーションレベルでWAN全体を最適化することで、さらに柔軟なネットワークが現在求められています。ソフトバンクのSDxネットワーク「SD-WAN」では、Software Defined技術などの新たな技術要素を用いて、更なるインテリジェントなネットワーク環境をご提供いたします。

これにより、ネットワーク管理者が抱えるさまざまな課題を解決いたします。

Use Image

ご利用イメージ

お客さまのネットワーク課題に合わせたSD-WANサービスをご提案いたします。例えば、クラウドアプリケーション(SaaS)の利用拡大に伴うトラフィックの急増に対しては、管理画面上でアプリケーションごとのトラフィックを可視化、制御することで、快適な通信を実現します。

また、複数のネットワークを統合する際も、SD-WANにより、管理画面上からネットワークの構築が可能です。さらに、機器監視、障害時対応やセキュリティの総合的な運用窓口の設置により、お客さまの運用負荷を軽減します。

01容易なNW設計

ポータル画面からの一元管理、アプリケーションレベルのモニタリング、ゼロタッチ開通、オンデマンド設定変更が可能です。

02アプリケーションごとの
トラフィック制御

拠点ごとに「SmartVPN」と「インターネット」を組み合わせたアクティブ/アクティブ構成とすることで、アプリケーションごとの通信を最適化することが可能です。

03迅速なIT統合

グループ企業の統合や合併・買収時にも仮想的にWANを構築することで、シームレスなNW切替が可能です。

04最適な投資

必要な拠点にだけSD-WANルータを設置し、既存ルータ拠点、ルータレス拠点などの既存構成との通信も可能です。

05セキュリティ

アプリケーションの最適化を可能とするインターネットブレイクアウト環境においてもUTM機能を活用することで、高いセキュリティレベルを維持することが可能です。

06ネットワークの全体最適化

物理回線の帯域増減速とSD-WANとを組み合わせて、ネットワーク全体をオンデマンドで操作することができます。