SBドライブ株式会社

プレスリリース 2018年

福島第一原子力発電所構内に導入される
自動運転EVバスの運行を支援~日本初となる自動運転EVバスの実用化をSBドライブがサポート~

2018年4月18日
SBドライブ株式会社

ソフトバンクグループのSBドライブ株式会社(エスビードライブ、本社:東京都港区、社長:佐治 友基、以下「SBドライブ」)は、東京電力ホールディングス株式会社(以下「東京電力」)の福島第一原子力発電所に導入される自動運転EVバスの運行支援を開始しました。

福島第一原子力発電所構内で使用されるバスは、ハンドルや運転席がない自動運転EVバス(仏Navya社製)で、日本初となる実用化事例として本日から運行が開始されています。SBドライブは、これまでNavya(ナビヤ)社の自動運転EVバスを使用した実証実験を何度も実施しており、今回はそこで得た知見を生かして、自動運転を行うためのソフトウエアの設定やオペレーターの育成などの支援をしていきます。

なお今夏には、複数台のバスを車両ごとに運行管理できるSBドライブの運行管理システム「Dispatcher(ディスパッチャー)」が導入される予定です。

導入される自動運転EVバス(外観/内観)

導入される自動運転EVバス(外観/内観)

  • Dispatcherは、SBドライブ株式会社の商標です(商標登録出願中)。
  • このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。