AI搭載ドライブレコーダーで運転者を守る
nautoが目指す、事故のない世界

ヒューマンエラーを限りなくゼロに。

人間がハンドルを握る以上、ながら運転やわき見運転、自分では気が付かないような危険因子は無数に存在する。近年社会問題となっているながら運転は法による厳罰化をもってしても防ぎきれないものとなっていた。

ひとつでも多く、悲しい事故をなくしたい。

そんな思いを実現するために、ソフトバンクではオリックス自動車株式会社と、米国の自動車分野における人工知能(AI)技術のスタートアップNauto Inc.と手を組み、AI搭載型通信ドライブレコーダー「ナウト」のサービス提供に関し業務提携を開始した。

AI搭載通信型ドライブレコーダー「ナウト」製品情報

ナウトデバイスに搭載された人工知能が危険運転を検知。ドライバーへリアルタイムに警告する機能を搭載し、運転前から運転後までさまざまな情報をクラウドへデータ共有。
より正確な運転状況における危険性の発見、運転後のレポーティングなどを実現している。

「ナウト」 一般的なドライブレコーダー
データ取得 AIが車載機本体から必要データのみ抽出、LTE常時接続で常にウェブデータへ反映。 SDカード回収、個別にデータダウンロードをする必要あり。
データ分析 AIによりリアルタイムに映像を分析、リスク発生部分を抽出。リスク発生時にフィードバック。 映像データを目視確認。マニュアル作業でリスクイベントを抽出。
リスク分析 センサーによる急制動の運転傾向と映像から読み取るわき見運転などの注意力の2つの基準からAIがリスクを総合分析。 映像データから対象記録を切り出し、主にセンサーや車両データによる急制動の運転操作の傾向を分析。
運行履歴 画像認識により、各ドライバーの運行履歴を自動記録。 事前に運行予約をすることで車両とドライバーを紐付け。
検知精度 Gセンサー数値だけでなく、波形や映像を元に正誤判断。検知精度が高く誤検知が少ない。 バンプ(段差)などの誤検知があると振り分け作業の負荷が大きい。
製品進化 90日から120日に1度の頻度で定期的にウェブ機能、端末ソフトウェアの更新を実施。
AI能力 米国での販売実績(1年間)により、パターン通りの挙動でなくとも、AIの深層学習による自己判断能力でリスク判定可能。 製品レベルでのAIによるリスク検知の実績は限定的。

「ナウト」紹介動画

関連資料ダウンロード

商用車両におけるわき見運転の影響/意外に多い社用車の交通事故 事故を未然に防ぐためのポイント

17社の商用車両の1,450名のドライバーが起こした衝突をナウトのインテリジェント・ドライバー安全システムによりリアルタイムで収集したレポートのまとめ、ソフトバンクの独自調査に基づく社用車の管理状況やそれに伴う課題、対策についてまとめた資料です。

資料ダウンロード

自動運転技術に向けての取り組みは、ドライバーをサポートしたいという願いと、実際に彼らから学びたいという想いから始まりました。2015年4月の創業以来、カリフォルニア州パロアルトを拠点とする私たちのチームは、自動車社会への変革と人命救助という目標を共有し、日々研究開発に取り組んでいます。

  1. トップ
  2. nauto
SoftBank for Biz リアライズ未来。
ソフトバンク 「リアライズ未来。」
本サイトは、ソフトバンクに関するさまざまな企業やソリューション、事例、最新情報をお届けするWebサイトです。ソフトバンクでは「リアライズ未来。」をキーワードに、それまでイメージにとどまっていた未来予想をリアリティあるものへと創造していきます。