LPガス配送最適化サービス

Routify(ルーティファイ)

スマートメーターから収集できるデータや、LPガス事業者が保有する人員・車両情報などを基に、ガスの残量を予測。LPガス容器の配送最適化を実現し、配送員の高齢化や人材不足を解決します。

LPガス配送最適化サービス「Routify」とは?

お客さま企業の保有する道路情報データや天気データなどをインプットして、需要予測アルゴリズムで分析。
AIを活用して高精度な「残量予測」と「配送計画」をお客さまへご提供いたします。

(LPガス配送最適化サービス「Routify」のご紹介)

ご利用イメージ


Routify

Routifyの特長

「Routify」を導入することで、ベテラン配送員の”勘”と”経験”による属人化したオペレーションから、
AIを活用した配送業務の効率化の支援を行います。

ポイント1
ガスの残量を予測

ガスの残量を予測

ガス切れリスク・交換適正残量をAIで予測します。

ポイント2
効率的な配送ルートを策定

効率的な配送ルートを策定

交換の必要性が高い場所を優先的に回るルートなどを自動で策定します。

ポイント3
最適な配送結果

最適な配送結果

残量が十分なのに容器を交換するといった業務の無駄を減らし、人手不足に悩む業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)につなげます。

Routifyが解決する課題

AIは、配送員の勘と経験に基づく配送を、効率化します。

業務の属人化

業務の属人化

経験の差によって予測精度に差が出るため、発注などの需要予測を必要とする業務が属人化してしまいます。

非効率な配送

非効率な配送

経験や勘を頼りに需要予測をしているため、未交換・残量の多いシリンダ交換をしてしまう可能性があります。

CO2の削減

Co2の削減

移動時間の少ない配送を実現し、CO2排出を抑制することが可能となります。

AIを活用しLPガスの配送業務の効率化&社会貢献を実現

まずはお気軽にご相談ください

新規導入のご相談、サービス仕様についてはこちらからお問い合わせください。