新型コロナウイルス感染症
に対する取り組み

新型コロナウイルス感染症の影響拡大を受け、お客さまやビジネスパートナー、非営利団体、従業員・スタッフのためにさまざまな取り組みや支援を行ってきました。当社は通信事業を軸に情報革命に挑む企業として、緊急時の責務を果たすとともに、一日も早い事態終息に貢献できるようさまざまな努力を続けてまいります。

お客さまへの支援

お客さまが安心して“ソフトバンク”、“ワイモバイル”のサービスをご利用いただけるよう、お客さまに向けた支援を行っています。

ウェブによる受け付けの促進

店舗へ来店いただくことなくご自宅で手続きできるよう、スマートフォンの購入からご利用料金の確認、料金プランやオプションサービスの契約変更など、ほとんどの契約に関する手続きをウェブサイト上でご利用いただけます。

店舗での取り組み

ソフトバンクショップ・ワイモバイルショップでは感染防止のための取り組みを実施しています。

  1. (1)
    接客時の座席間隔の確保
  2. (2)
    お客さまやスタッフが共通で使用する場所・物品の除菌
  3. (3)
    スタッフ用のマスク・ゴーグルや、除菌シート・除菌スプレーの配備
  4. (4)
    対面接客用フェンスの配備
  5. (5)
    スタッフのマスク着用、手洗い・うがいの徹底
  6. (6)
    スタッフの毎朝の検温、健康状態の報告
  7. (7)
    AI温度検知ソリューションおよび非接触型の体温計を活用して来店したお客さまの検温
  • 店舗での取り組み

料金支払期限の延長について

支払期限が2020年12月末日以降の当社サービス料金について、新型コロナウイルス感染症の影響により期限までに支払いを行うことが困難なお客さまからお申し出があった場合、2021年11月30日まで支払期限を延長します。

これまでの取り組み

2020年
3月19日

当社サービスの利用料金の支払いを期限までに行うことが困難なお客さまからお申し出があった場合、2020年7月末日まで支払期限を延長しました。

お知らせ

企業や行政関係者、
非営利団体への支援

企業や行政関係者、非営利団体が組織、従業員、施設などの安全性を確保する一方で、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方により、従来と違う発想で事業の生産性を向上していくための支援を行っています。

AI温度検知ソリューション「SenseThunder」

AIを活用し、わずか0.5秒で個人認証と温度測定を同時に実施。発熱の疑いのある人をリアルタイムに見分けます。当社は、自治体などでのAIやIoTを活用した温度検知に取り組んでいます。

わずか、0.5秒。「AI温度測定」が人々の安全を守る

  • AI温度検知ソリューション「SenseThunder」

テレワーク支援サイト

テレワーク支援サイトでは、「テレワークをどう始めたらいいのかわからない」「導入を検討しながらも挫折した経験がある」企業の皆さま向けに、導入事例や当社が実施してきた経験値やノウハウを元にした解決策を紹介しています。

  • テレワーク支援サイト

端末の貸し出し

自治体などが、業務をスムーズに行うことができるよう、テレワークを促進するためのスマートフォンやタブレットの貸し出しを行っています。非常時にICT端末を提供することで、行政などの動きを止めない取り組みの支援を推進しています。

料金支払期限の延長について

支払期限が2020年12月末日以降の当社サービス料金について、新型コロナウイルス感染症の影響により期限までに支払いを行うことが困難な法人のお客さまからお申し出があった場合、2021年11月30日まで支払期限を延長します。

これまでの取り組み

2020年
3月19日

当社サービスの利用料金の支払いを期限までに行うことが困難なお客さまからお申し出があった場合、2020年7月末日まで支払期限を延長しました。

お知らせ

非営利団体への支援

新型コロナウイルス感染症に伴う医療関係者をサポートする非営利団体を支援する取り組みを行っています。

新型コロナウイルス感染症「医療崩壊」防止活動支援募金
(2020年4月〜)
新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れ、ひっ迫している医療体制の医療崩壊を防ぐための「新型コロナウイルス感染症『医療崩壊』防止活動支援募金」の受け付けをYahoo!基金を通じて、行っています。
この募金では、当初はマスクや消毒液、防護服などの医療用品をはじめとする医療現場で切実に必要とされているものを自治体を通じて届ける支援を行ってきましたが、医療機関へより直接的な支援も行っています。あわせて、医療従事者の個別のニーズをサポートするNPOなども支援しています。
[注]
  1. 2021年9月現在、実施期間を12月31日まで延長しています。
令和2年新型コロナ支援金プロジェクト
(2020年5月)
新型コロナウイルス感染症拡大を防止するために医療の現場などで活動を行っている日本赤十字社への寄付を、当社社員を対象とした社員募金活動を通じて受け付けました。
社員募金で集まった寄付金は、「ソフトバンクグループ社員一同」として取りまとめ、その同額をソフトバンクが拠出し2倍の募金額にして、日本赤十字社に寄付します。

学生や子どもたちへの支援

新型コロナウイルス感染症に伴う臨時休校や休講、オンライン授業など、学生や子どもたちの学ぶ環境をサポートするための取り組みを行ってきました。

25歳以下の利用者へ50GBの追加データ無償提供 オンライン授業でスマホを活用する学生を支援するために、25歳以下の個人のお客さまを対象に、追加データの購入料金を最大50GBまで無償化しました。
プレスリリース
臨時休校する学校、学習塾などにオンラインレッスンサービス「スマートコーチ」を無償提供 全国の児童・生徒たちが臨時休校や休講の期間中も学習や運動に取り組めるよう、2020年3月9日から4月30日まで、オンライン レッスンサービス「スマートコーチ」を無償で提供しました。
プレスリリース
「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金プロジェクト」開始 日常生活に大きな影響を受けている家庭を支援するために「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金プロジェクト」を開始。本プロジェクトを通して集まった寄付金は、社会福祉法人中央共同募金会に寄付され、赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金」の助成事業において、子どもたちの居場所づくりや配食活動などの緊急支援活動に活用されました。
お知らせ

従業員への支援

従業員が安心して働くことのできる環境を整備するとともに、業務効率と成果を確保しながら事業継続に努めています。

在宅勤務への促進

2020年2月25日から在宅勤務の回数制限を撤廃し、その後全社的に在宅勤務が可能な体制に移行しました。オンライン会議システムやビジネスチャットなどのITツールを活用することで、ソフトバンクショップなどの店頭で勤務する社員を除く約9割※1の社員が在宅勤務を実施しながら事業を継続しています。

[注]
  1. ※1
    2020年6月30日時点
  • 在宅勤務への促進

安心・安全な出社のための
抗体検査・PCR検査を実施

2020年5・6月にソフトバンクグループおよび取引先関連の社員と、医療機関等の従事者の新型コロナウイルスの抗体検査を実施しました。現在はソフトバンクグループ株式会社の子会社である新型コロナウイルス検査センター株式会社と連携し、希望する部門や社員に対し、オンライン健康医療相談サービス「HELPO」を活用した唾液PCR検査を受けられるような体制を整えるなど、当社社員、ご家族、お取引先を中心とした皆さまを守り、感染拡大防止への支援を行っています。

ワクチン職域接種の実施と、
副反応が出た場合の
特別有給休暇付与

2021年6月21日からWeWork乃木坂(東京都港区)を始めとして都内の他拠点やその他地域に接種会場を設け、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を実施しています。対象は、当社およびグループ会社、ソフトバンクグループ株式会社の従業員とその家族の他、ソフトバンクショップやワイモバイルショップ、コールセンターに勤務するスタッフなどで合計15万人規模となります。

2021年6月1日から※2ワクチン接種や移動にかかる時間を勤務時間として認めるとともに、ワクチンの副反応により休養が必要な場合や、家族のワクチン接種に当たり付き添いや副反応により看病が必要な場合に、最大2日間の特別有給休暇「新型コロナワクチン接種後副反応休暇」を付与しています。

  • ワクチン職域接種の実施と、副反応が出た場合の特別有給休暇付与
[注]
  1. ※2
    終了時期は、政府が定めるワクチンの接種期間に準じます。

ソフトバンクニュース

ソフトバンクのサステナビリティ

当社はすべてのモノ・情報・心がつながる持続可能な社会の実現に向け、企業活動や事業を通じて、さまざまな社会課題の解決に取り組んでいきます。

サステナビリティの取り組み

  • ソフトバンクのサステナビリティ