【経営層向け】
ソフトバンク事例から学ぶ
サイバー対策の盲点「内部脅威」

登壇者

ソフトバンク株式会社 サイバーセキュリティ本部 執行役員本部長 最高情報セキュリティ責任者(CISO) 飯田 唯史

ソフトバンク株式会社
サイバーセキュリティ本部 執行役員本部長 最高情報セキュリティ責任者(CISO)
飯田 唯史

日本プルーフポイント株式会社 チーフ エバンジェリスト 増田 幸美 氏

日本プルーフポイント株式会社
チーフ エバンジェリスト
増田 幸美 氏

退職者や委託先などからの情報漏えいが増加。今考慮すべき内部脅威

リモートワークの広まりや転職者の増加などで近年リスクが高まっているのが、内部脅威による情報漏えいです。サイバー攻撃の10倍以上のデータが内部脅威から出ているといわれており、平均すると内部脅威1インシデントあたり約8,000万円のコストがかかるという計算もあります。ルール不徹底による不正行為、退職者や委託先からの情報漏えいなどの内部脅威から機密情報を守るために、企業は対策を講じることが重要です。

内部不正を防ぐためには、管理、監視を徹底することで不正行為を抑止することや、従業員のコンプライアンス対策を徹底することが求められます。これらの対策に役立つのが「内部脅威対策 Proofpoint ITM」と「セキュリティ意識向上トレーニング Proofpoint SAT」です。

権限付与をきめ細かく適正化、機械によるユーザモニタリングの実施、セキュリティ啓蒙プログラムの導入の3点を重視して、ビジネスの変化に対応できる内部脅威対策を進めましょう。

記載内容は2022年7月時点のものです。

内部脅威による情報漏洩はサイバー攻撃の約10倍

【課題】内部脅威は身近なところに潜んでいる

退職時に情報を持ち出す、退職後に在職中のアカウントでアクセスするといった情報漏えいのほか、委託先からの情報漏えい、職場環境やルール不徹底による不正行為など、身近なところに内部脅威は潜んでいます。

日本で身近な内部脅威

【解決】リアルタイムで監視する「Proofpoint ITM」

委託先やリモートワークでの監視を強化するために「Proofpoint ITM」の導入を検討する企業が増えています。従業員の不注意による不正には注意喚起し、悪意を持つ関係者を監視。リアルタイムでのアプローチにより、情報漏えいのリスクを低減します。

内部脅威の3つの種類とITMが実現するリアルタイムアプローチ

【事例】ソフトバンクで「Proofpoint ITM」を導入。調査時間が半分に

ソフトバンクは大規模な数のエンドポイントに対応できることにメリットを感じ、「Proofpoint ITM」を導入。アラートが出た前後の操作をプレイバックして確認できることで、調査にかかる時間が約半分になりました。

Proofpoint ITM導入事例:ソフトバンク

このセッションはオンデマンド配信でご覧いただけます

※8.31(水)まで

参加登録をされていない方

「参加登録(無料)」よりご登録ください。参加登録によって、すべてのプログラム、セッションの視聴と関連資料のダウンロードが可能です。

参加登録済みの方

ご登録済みの方は以下より視聴いただけます。

ご登録いただいたメールアドレスでログイン後、「Go」ボタンまたは展示ブース内の「講演会場」ボタンよりオンデマンド講演をご視聴ください。

資料ダウンロード

「Proofpoint ITMが実現する内部不正対策」は、こちらからダウンロードいただけます。

ライブ配信セミナー(無料)

内部不正はなぜ起きてしまうのか?

開催日時:8月17日(水)13:00-14:00

内部不正の定義と種類を解説し、その要因や背景をお伝えします。また、内部脅威の実例や最適な対策もご紹介いたします。ぜひご視聴ください。

お問い合わせ

Proofpoint ITMに関するご相談はこちらからお問い合わせください。