各種機器の接続設定方法

転⽤や宅内⼯事ありの⽅は、⼀部接続済みの場合がございます。現在の配線状況をご確認ください。

  • 接続方法をイラストで見る
  • 接続方法を動画で見る

インターネットの接続方法

インターネット(有線接続)を利用するため、NTT機器、光BBユニットを接続します。
接続の際はすべての機器の電源を切ってから始めてください。

配線図
  • 機器はイメージです。ご利用のサービスや、お申込み時期により色・形状が異なります。
1

光コンセントとONUの[LINE]ポートを光コードで接続します。

  • NTT東日本/西日本の設置担当者が光コードを接続済みの場合もあります。
光コードをONUに接続する方法

[LINE]ポートのカバーを外します。キャップを外し光コードを差し込み、カバーを元に戻します。

  • 上記は一例です。機器によりカバーの取り外し方法や、コネクタ位置は異なります。
2

ホームゲートウェイ(N)の[LAN1~4]のいずれかのポートと光BBユニットの[インターネット回線]ポートをLANケーブルで接続します。

  • 光BBユニット同梱のコネクタが「灰色」のLANケーブルを利用してください。
3

光BBユニットの[パソコン1~4]のいずれかのポートとパソコンの[LAN]ポートをLANケーブルで接続します。

  • 光BBユニット同梱のコネクタが「青色」のLANケーブルを利用してください。
4

ホームゲートウェイ(N)、光BBユニットの順で電源アダプターを接続します。

5

光BBユニットの「電源」ランプと「インターネット回線」ランプの点灯を確認し、パソコンの電源を入れインターネットに接続できることを確認します。


電話サービスの接続方法

加入電話を併用しない場合

電話サービスの接続方法
1

光BBユニットの[電話機]ポートと、電話機をモジュラーケーブルで接続します。

2

光BBユニットの「BBフォン」ランプの点灯を確認してください。

  • 通常は、光BBユニット接続完了後に点灯します。

加入電話を併用する場合

電話サービスの接続方法
1

モジュラージャックと光BBユニットの[電話回線]ポートをモジュラーケーブルで接続します。
光BBユニットに接続した電話機で加入電話の発着信を行います。

【BBフォンと加入電話の併用方法】
光BBユニットに接続した電話機で加入電話とBBフォンが利用できます。

発信時
BBフォンが利用できる状態(光BBユニットの「BBフォン」ランプ点灯時)であれば、BBフォンでの発信になります。
加入電話で発信する場合は、電話番号の前に「0000(0を4回)」つけて発信してください。

  • BBフォンが利用できない電話番号の場合は、自動的に加入電話による発信になります。

着信時
相手方が、BBフォン番号(050から始まる電話番号)に発信した場合は、BBフォンによる通話になります。
相手方が、加入電話の番号に発信した場合は、加入電話による通話になります。

次にWi-Fiの設定に進みます

配線方法(全編再生)

配線方法(STEPごとに再生)

配線方式 光配線方式
NTT機器※ ホームゲートウェイ(N)のみ
光BBユニット あり
利用する電話サービス BBフォン(加入電話(アナログ回線))
番号ポータビリティ 利用しない
  • NTT機器:「NTT」のロゴや「日本電信電話株式会社」の社名が入ったホームゲートウェイ(N)、ONU、VDSL装置などの機器です。ご利用のサービスや建物のタイプ(戸建/集合住宅)により機器が異なります。機器がない場合や複数台ある場合もございます。