1. ホーム
  2. スマートフォン・携帯電話
  3. Apple Watch モデルの仕様を比較

Apple Watch のモデルを比較する

Series 6

最も進化した Apple Watch。体に取り込まれた酸素の
レベルをチェックできるセンサーとアプリ1
そして常時表示 Retinaディスプレイ を搭載。

GPS + Cellular
モデル

購入する

SE

Series 6 と同じサイズのディスプレイ、転倒検出機能、コンパス、常時計測の高度計を搭載。

GPS + Cellular
モデル

購入する

主な特長

44mmまたは
40mmのケースサイズ

常時表示 Retinaディスプレイ
Series 3 より30%大きなディスプレイ

50メートルの
耐水性能2
泳げる耐水性能

血中酸素ウェルネスアプリ1

高心拍数と低心拍数の
通知

緊急SOS3

海外における緊急通報4

転倒検出

コンパス

常時計測の高度計

44mmまたは
40mmのケースサイズ

Retinaディスプレイ
Series 3 より30%大きなディスプレイ

50メートルの
耐水性能2
泳げる耐水性能

高心拍数と低心拍数の
通知

緊急SOS3

海外における緊急通報4

転倒検出

コンパス

常時計測の高度計

モデルの主な違い

ディスプレイ

  • 常時表示 Retinaディスプレイ

Series 6 のディスプレイは、スリープ状態になりません。つまり、時間や大切な情報をいつでも確認できます。丸みを帯びた四隅まで広がる表示領域は、Series 3 より30パーセント以上大きくなっています。

  • 44mmケース
    368 x 448ピクセル
  • 40mmケース
    324 x 394ピクセル
  • Retinaディスプレイ

Series 6 と同じサイズの大きなディスプレイなので、より多くの情報をチェックでき、最新の文字盤もコンプリケーションもすべて使えます。手首を上げるだけで、瞬時にディスプレイの表示がオンになります。

  • 44mmケース
    368 x 448ピクセル
  • 40mmケース
    324 x 394ピクセル

素材と仕上げ

  • アルミニウム
  • ステンレススチール

Series 3 より11パーセント薄い
Apple Watch Series 6 のケース。
様々な素材から選べます。

アルミニウム
ステンレススチール
  • アルミニウム

Series 6 と同じケースサイズを持ち、
100パーセント再生アルミニウムを
使用しています。

アルミニウム

健康

  • 血中酸素ウェルネスアプリ1
  • 高心拍数と低心拍数の通知

Apple Watch Series 6 に搭載された健康とウェルネスのための機能は、今までの Apple Watch の中で最も先進的なものです。体に取り込まれた酸素のレベルをチェックしたり1、通常よりも高い心拍数と低い心拍数が検知された時にアラートを受け取ったり、現在の心拍数を測定することもできます。

  • 高心拍数と低心拍数の通知

Apple Watch SE は、通常よりも高い心拍数と
低い心拍数を検知するとアラートを表示したり、
現在の心拍数を測定します。

安全と緊急時

  • 緊急SOS3
  • 海外における緊急通報4
  • 転倒検出
  • 騒音のモニタリング

緊急SOS機能を使って、助けを求める電話をすばやくかけたり、あなたの緊急連絡先に知らせることができます3。Apple Watch Series 6 は、あなたがひどく転倒した場合もそれを検知して、自動的に緊急通報サービスに連絡します。海外で緊急の出来事に遭遇した時も、Apple Watch から通報できます4。騒音が聴覚に影響を与えかねないレベルに達したら、ノイズアプリがそれを知らせます。

  • 緊急SOS3
  • 海外における緊急通報4
  • 転倒検出
  • 騒音のモニタリング

安全と緊急時のための機能は、Series 6 に搭載されたものと同じです。どこにいても必要な時に助けを呼べます。騒音が聴覚に影響を与えかねないレベルに達したら、ノイズアプリがそれを知らせます。

テクノロジー

  • 血中酸素ウェルネスセンサー1
  • 電気心拍センサー
  • 光学式心拍センサー
  • デュアルコアS6 SiP
  • 触覚的な反応を返す
    Digital Crown
  • GPS + Cellularモデルの
    携帯電話通信機能
  • GPS
  • コンパス
  • 常時計測の高度計
  • 第2世代のスピーカーとマイク

Apple Watch Series 6 の裏蓋にある
クリスタルには、緑色と赤色のLEDと赤外線LEDの4つのクラスターと、4つのフォトダイオードが組み込まれていて、それらは体に取り込まれた酸素のレベルを測定するのに使われます1。Series 6 は、心拍数を測定する光学式心拍センサーも、回すと触覚的な反応を返すDigital Crownも搭載。
64ビットデュアルコアプロセッサを内蔵した
S6 SiPは、Apple Watch Series 5 のS5よりも
最大20パーセント高速です。常時計測の高度計は、現在の標高をリアルタイムで検出します。

  • 光学式心拍センサー
  • デュアルコアS5 SiP
  • 触覚的な反応を返す
    Digital Crown
  • GPS + Cellularモデルの
    携帯電話通信機能
  • GPS
  • コンパス
  • 常時計測の高度計
  • 第2世代のスピーカーとマイク

Apple Watch SE は、心拍数を測定する
光学式心拍センサーも、回すと触覚的な反応を
返すDigital Crownも搭載。64ビットデュアル
コアプロセッサを内蔵したS5 SiPは、
Apple Watch Series 3 のS3よりも
最大2倍高速です。常時計測の高度計は、
現在の標高をリアルタイムで検出します。

仕様

仕上げ

GPS + Cellularモデル

アルミニウムケース(シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、(PRODUCT)REDの仕上げから選択可能)

ステンレススチールケース(シルバー、グラファイト(DLC)、ゴールド(PVD)の仕上げから選択可能)

Apple Watch Nike

アルミニウムケース(シルバー、スペースグレイの仕上げから選択可能)

GPS + Cellularモデル

アルミニウムケース(シルバー、スペースグレイ、ゴールドの仕上げから選択可能)

Apple Watch Nike

アルミニウムケース(シルバー、スペースグレイの仕上げから選択可能)

特長

GPS/GNSS

コンパス

常時計測の高度計

耐水性能
50メートル2

血中酸素ウェルネスセンサー
(血中酸素ウェルネスアプリ)1

第2世代の光学式心拍センサー

海外における緊急通報4

緊急SOS3

加速度センサー
最大32G(転倒検出対応)

ジャイロスコープ

環境光センサー

スピーカー
50パーセント大きい音量

マイク
(ノイズアプリに対応)

Apple Pay5

GymKit

容量32GB
GPS + Cellularモデル

セラミックとサファイアクリスタル
裏蓋
GPS + Cellularモデル

GPS/GNSS

コンパス

常時計測の高度計

耐水性能
50メートル2

第2世代の光学式心拍センサー

海外における緊急通報4

緊急SOS3

加速度センサー
最大32G(転倒検出対応)

ジャイロスコープ

環境光センサー

スピーカー
50パーセント大きい音量

マイク
(ノイズアプリに対応)

Apple Pay5

GymKit

容量32GB
GPS + Cellularモデル

セラミックとサファイアクリスタル
裏蓋
GPS + Cellularモデル

ディスプレイ

44mm
368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
40mm
324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
LTPO OLED常時表示
Retinaディスプレイ
1,000ニトの輝度
44mm
368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
40mm
324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
LTPO OLED
Retinaディスプレイ
1,000ニトの輝度

チップ

S6 SiP
(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
S5と比べて最大20パーセント高速
W3
Appleワイヤレスチップ
U1チップ(超広帯域)
S5 SiP
(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
S3と比べて最大2倍高速
W3
Appleワイヤレスチップ

通信方式

LTE、UMTS6
GPS + Cellularモデル
Wi-Fiモデル
802.11b/g/n 2.4GHz/5GHz
Bluetooth 5.0
LTE、UMTS6
GPS + Cellularモデル
Wi-Fiモデル
802.11b/g/n 2.4GHz
Bluetooth 5.0

電源

リチャージャブル
リチウムイオンバッテリー内蔵
最大18時間7
磁気充電ケーブル
リチャージャブル
リチウムイオンバッテリー内蔵
最大18時間8
磁気充電ケーブル

あなたのスタイルに合った
Apple Watchを見つけてください。

  1. 血中酸素ウェルネスアプリの測定値は、自己診断または医師との相談を含む医療での使用を目的とするものではなく、一般的なフィットネスとウェルネスのみを目的としています。
  2. Apple Watch Series 6 と Apple Watch SE にはISO規格22810:2010にもとづく50メートルの耐水性能があります。これは、プールや海で泳ぐなど、浅水でのアクティビティで使用できることを意味します。ただし、スキューバダイビング、ウォータースキー、高速水流または低水深を超える潜水を伴うその他のアクティビティには使用しないでください。
  3. Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)とApple Watch SE(GPS + Cellularモデル)では、携帯電話通信を使って緊急SOSを利用できます。携帯電話通信機能を内蔵していない Apple Watch で緊急SOSを利用するには、ご利用の iPhone が近くにある必要があります。
  4. 海外における緊急通報機能を利用するには、Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)または Apple Watch SE(GPS + Cellularモデル)が必要です。この機能を利用できる国と地域の一覧についてはapple.com/jp/watchos/feature-availabilityをご覧ください。
  5. Apple Payは特定の国と地域で利用できます。 Apple Payを利用できる国と地域の一覧についてはapple.com/jp/ios/feature-availability/#apple-payをご覧ください。 Apple Payに対応しているデバイスについてはsupport.apple.com/ja-jp/HT208531をご覧ください。
  6. 携帯電話通信サービスを利用するには、通信サービスプランへの加入が必要です。詳しくはサービスプロバイダにお問い合わせください。国際ローミングには対応していません。対応している通信事業者と利用条件については、apple.com/jp/watch/cellularをご覧ください。詳しい設定手順については、support.apple.com/ja-jp/HT207578をご覧ください。
  7. Apple Watch の1日のバッテリー駆動時間のテストは、iPhone とペアリングした Apple Watch Series 6(GPSモデル)と Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)の試作ハードウェアを使用し、2020年8月に Apple が実施しました。すべてのデバイスはリリース前のソフトウェアを使ってテストしました。バッテリー駆動時間は使用条件、携帯電話通信サービスの範囲、構成、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。詳しくはapple.com/jp/batteriesおよびapple.com/jp/watch/battery.htmlをご覧ください。
  8. Apple Watch の1日のバッテリー駆動時間のテストは、iPhone とペアリングした Apple Watch SE(GPSモデル)と Apple Watch SE(GPS + Cellularモデル)の試作ハードウェアを使用し、2020年8月に Apple が実施しました。すべてのデバイスはリリース前のソフトウェアを使ってテストしました。バッテリー駆動時間は使用条件、携帯電話通信サービスの範囲、構成、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。詳しくはapple.com/jp/batteriesおよびapple.com/jp/watch/battery.htmlをご覧ください。

一部のバンドは別売りです。

Apple Watch Series 6 および Apple Watch SE を利用するには、iOS 14 以降を搭載した iPhone 6s 以降が必要です。

機能は変更される場合があります。地域や言語によっては一部の機能、アプリケーション、サービスを利用できない場合があります。詳しくはapple.com/jp/watchos/feature-availabilityをご覧ください。

Apple Watch と心拍センサーは医療機器ではありません。

iPhone の商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

™ and © 2021 Apple Inc. All rights reserved.