ジャマイカなど7ヵ国でLTE国際ローミングの提供を開始

掲載日:2017年8月18日

ソフトバンクは、「LTE国際ローミング」の対象エリアを2017年8月18日(金)よりアンティグア・バーブーダ、ケイマン諸島、ジャマイカ、タークス・カイコス諸島、バージン諸島(イギリス領)、バミューダ、バルバドスに拡大しました。このたびの対象エリア拡大により、105の国・地域でLTEによる高速通信サービスがご利用いただけます。

また、すでに「LTE国際ローミング」を提供しているチリにおいても対象事業者を追加しました。

今回提供を開始した通信事業者では海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」をご利用いただけるため、通信料を気にせず、安心して高速データ通信をお楽しみいただけます。

新たに利用可能となる国・地域/通信事業者

国・地域 通信事業者名 海外パケットし放題 提供開始日
アンティグア・バーブーダ Digicel 2017年8月18日(金)
ケイマン諸島
ジャマイカ
タークス・カイコス諸島
バージン諸島(イギリス領)
バミューダ
バルバドス
チリ Entel PCS

機種によってご利用いただける事業者が異なります。機種ごとのサービスエリア、ご利用料金は以下よりご確認ください。

「サービスエリア・ご利用料金」の詳細をみる