【第2回】Windows Virtual Desktopを動画でご紹介します~Why SoftBank?~


"" (2020年12月25日 掲載)

テレワーク環境作りの選択肢として注目されている仮想デスクトップサービスWindows Virtual Desktop(以下、「WVD」と表記)について、ソフトバンクから導入いただくメリットを3つご紹介します。

この動画では、働く環境を見直したいお客さまにとって、ソフトバンクだとどんな価値を提供できるのか、新人エンジニアと先輩エンジニアの会話でお届けします。

第2回「Why SoftBank?」

ソフトバンクからWVDを導入いただく3つのメリットを簡潔にお伝えします。

     
  1. WVDの周辺ソリューションまで一元提供できること
  2.  
  3. ソフトバンクによるフルサポート
  4.  
  5. Microsoft Azureのパートナー認定を受けた高品質な運用

次回のWVD動画のテーマは「リモートデスクトップアプリケーションとの比較」です。お楽しみに!

""

""

関連サービス

Microsoft Azureは、Microsoftが提供するパブリッククラウドプラットフォームです。コンピューティングからデータ保存、アプリケーションなどのリソースを、必要な時に必要な量だけ従量課金で利用することができます。→詳細はこちら