携帯電話をオフィスの内線電話に FMCソリューション 携帯電話をオフィスの内線電話に FMCソリューション
携帯電話をオフィスの内線電話に FMCソリューション
携帯電話をオフィスの内線電話に

FMCソリューション

携帯電話ひとつで外線通話と内線通話が可能になるFMC。
オフィスのフリーアドレスやテレワークがさらに快適になり、
業務効率化とワークスタイル変革を促進できます。

FMCとは

FMCとは「Fixed Mobile Convergence」の略称で、固定電話と携帯電話の融合を意味します。
スマートフォンとオフィスの固定電話間でシームレスな内線通話を可能にする仕組みで、
どこにいても内線番号で呼び出しできるため、電話取次の効率化を図れます。

FMCサービスを活用してコミュニケーションを活性化

ConnecTalk(コネクトーク)

FMC機能とクラウドPBX機能を一本化したコミュニケーションサービスです。

UniTalk

Microsoft 365・Office 365のMicrosoft Teamsにおいて、通話機能を拡張するクラウドボイスサービスです。

Dialpad

Google™ アカウントでログインするだけで、音声通話やビデオ通話、メッセージなどが利用できる新しいビジネス電話システムです。

新規受付終了サービス:ホワイトオフィス

FMCでスマートフォンを内線化するメリット

外出中の従業員と無料の内線通話ができ、通話コストを削減したり、業務効率化により快適な音声環境を構築できます。

働く場所を選ばない電話環境

場所を選ばない働き方

スマートフォンから会社の固定電話番号や050番号で発信・受信できるため、フリーアドレスのオフィスで固定電話機を撤廃したりテレワークにも役立てられます。全国どこにいても内線番号で呼び出しができ、折り返し対応を削減して業務効率化を促進します。

FMCサービス導入にあたり追加工事は不要

追加工事不要

専用の設備購入や配線工事が必要なく、既存設備の流用も可能なため、初期費用を最小限に抑えられます。また、導入後もオフィス内のレイアウト変更やオフィス移転時に追加工事がなく、費用負担を抑えられます。

無料の内線通話を活用して通話料を削減

通話料の削減

外出先でも無料の内線通話を利用できるため、通話料削減になります。また、スマートフォンと固定電話を一つに集約できるためそれぞれに発生していたサービス利用料金の圧縮にもつながります。

スマートフォンを内線化し、柔軟な働き方を実現

会社の固定電話はオフィスに居ないと対応できないのが一般的ですが、FMCを活用することで携帯電話で内線を取り次ぐことができます。本資料では、FMCの活用を実現できる3つのサービスをご紹介します。

関連記事

FMCサービスの検討に役立つ記事を、ぜひご覧ください。

スマホ内線化のメリットとサービス

スマホの内線化の仕組みやメリットを解説。PBXの老朽化やテレワークを機に効果的に導入することで業務改善を図れます。

やがてくるPBX老朽化を踏まえて「これからの6年」を考える

スマホの内線化の仕組みやメリットを解説。PBXの老朽化やテレワークを機に効果的に導入することで業務改善を図れます。

ニューノーマルの音声コミュニケーション像を探る

自宅にいながら「03」や「06」から始まる電話番号で通話ができればどんなに楽なことか。そうしたニーズに応える次世代の音声コミュニケーション手段を紹介します。

まずはお気軽にご相談ください

新規導入やサービス仕様についてご相談をお受けしています。