海外で電話をかける

海外でのソフトバンクの携帯電話の設定方法、電話のかけ方など海外での通話/TVコールについてご案内いたします。

海外での通話パターン

渡航先と日本との通話
渡航先での日本の携帯電話同士の通話
渡航先の国の一般電話や携帯電話との通話
渡航先以外の国の一般電話や携帯電話との通話
  • 海外でかかってきた電話を受けた場合、自分(着信者)にも着信料がかかります。

自分からかける

1.渡航先と日本との通話、2.渡航先での日本の携帯電話同士の通話の場合

[「+」を画面表示(※1)]-[81]-[最初の「0」を除いた相手先の電話番号:[XX]-[XXXX]-[XXXX]]→通話ボタン

3.渡航先の国の一般電話や携帯電話との通話の場合

[相手先の電話番号]-[XXX]-[XXXX]-[XXXX]→ 通話ボタン

  • 上記でつながらない場合、「通話パターン4の場合」と同じ方法でダイヤルしてください。

4.渡航先以外の国の一般電話や携帯電話との通話の場合

[「+」を画面表示(※1)]-[国番号(※2):XX]-[最初の「0」を除いた相手先の電話番号(イタリアの一般電話にかける場合は「0」が必要です)[XX]-[XXXX]-[XXXX]]→ 通話ボタン

相手からかけてもらう

1.渡航先と日本との通話の場合

[ご自身の携帯電話番号[X0X]-[XXXX]-[XXXX]→ 通話ボタン

2.渡航先での日本の携帯電話同士の通話、3.渡航先の国の一般電話や携帯電話との通話、4.渡航先以外の国の一般電話や携帯電話との通話の場合

[「+」を画面表示(※1)]-[最初の「0」を除いた自分の携帯電話番号[81]-[XX]-[XXXX]-[XXXX]→ 通話ボタン

  • ※1
    「+」キーは、「0」または「*」キーの長押し等で入力出来ます。
  • ※2
    国番号は、着信者のいる国によって異なります。
  • 国番号はサービスエリア&料金情報をご確認ください。
  • 「+」キーの代わりに、「国際電話アクセス番号」を入力することでもご利用いただけます。
  • 「国際電話アクセス番号」は、発信者のいる国によって異なります。

主要国・地域の代表的なアクセス番号と国番号

南・北アメリカ

開く

オセアニア

開く

アジア

開く

ヨーロッパ・ロシア

開く

アフリカ

開く

海外発信アシスト機能

「海外発信アシスト機能」をオンにすることにより、海外の携帯電話または固定電話宛に発信する際、発信方法がポップアップで表示される便利な機能です。

詳しくはお手元の取扱説明書をご覧いただくか下記ページから該当機種の取扱説明書(PDF)をダウンロードし、ご確認ください。