緊急SOSの設定・ご利用方法

緊急時にすばやく緊急電話をかけられ、同時に登録している緊急連絡先へ知らせることができます。
「緊急SOS」機能の設定・利用方法についてご案内いたします。

基本的なご利用方法

ステップ 1

ご利用の機種をご確認いただき、以下のいずれかの操作で発動します。

iPhone X の場合(サイドボタンを素早く5回押す方法も設定で変更できます。)

  • サイドボタンを素早く5回押す方法も設定で変更できます。

iPhone 8 / 8 Plus の場合(サイドボタンを素早く5回押す方法も設定で変更できます。)

  • サイドボタンを素早く5回押す方法も設定で変更できます。

iPhone 6 以降の場合

iPhone SE / 5S の場合

ステップ 2

「SOS」を右にスライドします。

「SOS」を右にスライドします。

ステップ 3

発信したい緊急通報用電話番号を選択します。

発信したい緊急通報用電話番号を選択します。

ステップ 4

選択した番号へ発信されます。

選択した番号へ発信されます。

緊急通報サービスへ自動発信する設定方法

対応地域であれば自動的に緊急電話を発信することができます。

ステップ 1

「設定」を押します。

「設定」を押します。

ステップ 2

「緊急SOS」を押します。

「緊急SOS」を押します。

ステップ 3

「自動通報」をオン(オン)にします。

「自動通報」をオンにします。(画面は iPhone 8、iPhone 8 Plus の場合)

  • 画面は iPhone 8、iPhone 8 Plus の場合

ステップ 4

発信前のカウントダウンで音を出す場合は、オン(オン)にします。

発信前のカウントダウンで音を出す場合は、オンにします。

ステップ 5

緊急SOSを発動すると、3秒のカウントダウンが始まりそのまま発信されます。

緊急SOSを発動すると、3秒のカウントダウンが始まりそのまま発信されます。(対応地域ではない場合は、緊急用通報電話番号を選択する画面が表示されます。)

  • 対応地域ではない場合は、緊急用通報電話番号を選択する画面が表示されます。

通話を停止する方法

間違えて通話のカウントダウンを開始してしまった場合は、通話を停止してください。

ステップ 1

「停止」を押します。

「停止」を押します。

ステップ 2

「通話を停止」を押します。

「通話を停止」を押します。

ステップ 3

以下の画面が表示されたら完了です。

以下の画面が表示されたら完了です。

緊急連絡先を登録する設定方法

緊急通報サービスに連絡済みというメッセージを設定した緊急連絡先へ送信することができます。
また、送信されるメッセージには現在地の情報も含まれます。

ステップ 1

「"ヘルスケア"で緊急連絡先を設定する」を押します。

「

ステップ 2

「次へ」を押します。

「次へ」を押します。(はじめてヘルスケアアプリケーションをご利用になる場合のご案内です。すでにメディカルIDを作成されている方は、「編集」を押し、ステップ 5 へお進みください。)

  • はじめてヘルスケアアプリケーションをご利用になる場合のご案内です。
  • すでにメディカルIDを作成されている方は、「編集」を押し、ステップ 5 へお進みください。

ステップ 3

任意で情報を入力し、「続ける」を押します。

任意で情報を入力し、「続ける」を押します。

ステップ 4

「メディカルIDを作成」を押します。

「メディカルIDを作成」を押します。

ステップ 5

「緊急連絡先を追加」を押します。

「緊急連絡先を追加」を押します。

ステップ 6

緊急連絡先として登録したい連絡先を選択します。

緊急連絡先として登録したい連絡先を選択します。

ステップ 7

間柄を選択します。

間柄を選択します。

ステップ 8

緊急連絡先が正しく選択されていることを確認し、「次へ」を押します。

緊急連絡先が正しく選択されていることを確認し、「次へ」を押します。

ステップ 9

登録内容を確認し、「完了」を押します。

登録内容を確認し、「完了」を押します。

ステップ 10

緊急SOS設定にて、正しく反映されていることを確認し、設定は完了です。

緊急SOS設定にて、正しく反映されていることを確認し、設定は完了です。