画面切り替え(マルチタスク機能)の操作をする

アプリケーションの画面切り替え(マルチタスク機能)の操作方法をご案内いたします。
ホーム画面に戻らずに、かんたんに起動中のほかのアプリケーションに切り替えることができます。

  • 本操作でアプリケーションを終了することができます。
    不要なアプリケーションを終了すると、電池の減りを抑えることができます。
  • 本操作でアプリケーションを終了させても、アプリケーションそのものは削除されません。

画面切り替え(マルチタスク機能)を起動する手順

ステップ 1

「ホームボタン」を2回連続で押します。

「ホームボタン」を2回連続で押します。

ステップ 2

現在起動しているアプリケーションのサムネイルが表示されます。

現在起動しているアプリケーションのサムネイルが表示されます。

ステップ 3

左右にはらうと起動しているアプリケーションを確認できます。

左右にはらうと起動しているアプリケーションを確認できます。

iPhone X の場合

画面下部から上にスワイプして止めると起動しているApp一覧が表示されます。

画面下部から上にスワイプして止めると起動しているApp一覧が表示されます。

アプリケーションを切り替える手順

ステップ 1

画面切り替え(マルチタスク機能)を起動した後、利用したいアプリケーションのサムネイルを押します。

画面切り替え(マルチタスク機能)を起動した後、利用したいアプリケーションのサムネイルを押します。

ステップ 2

画面切り替え(マルチタスク機能)の操作が終了し、選択したアプリケーションの画面に切り替わります。

画面切り替え(マルチタスク機能)の操作が終了し、選択したアプリケーションの画面に切り替わります。

アプリケーションを終了する手順

ステップ 1

画面切り替え(マルチタスク機能)を起動し、終了したいアプリケーションのサムネイルを下から上へはらいます。

画面切り替え(マルチタスク機能)を起動し、終了したいアプリケーションのサムネイルを下から上へはらいます。

ステップ 2

アプリケーションが終了し、画面切り替え(マルチタスク機能)からアプリケーションのサムネイル表示が消えます。

アプリケーションが終了し、画面切り替え(マルチタスク機能)からアプリケーションのサムネイル表示が消えます。

iPhone X の場合

起動しているApp一覧を表示させた状態で、表示されているアプリを長押しして、アプリケーションの左上に「削除ボタン」が表示されたら上へスワイプすると終了できます。

起動しているApp一覧を表示させた状態で、表示されているアプリを長押しして、アプリケーションの左上に「削除ボタン」が表示されたら上へスワイプすると終了できます。

画面切り替え(マルチタスク機能)の操作を終了する手順

ステップ 1

「ホームボタン」を押します。

「ホームボタン」を押します。

ステップ 2

画面切り替え(マルチタスク機能)が終了し、ホーム画面に戻ります。

画面切り替え(マルチタスク機能)が終了し、ホーム画面に戻ります。

iPhone X の場合

下端から上にスワイプします。

下端から上にスワイプします。