ホワイト光電話オプション

無料オプション

「ホワイトコール24」や番号通知などおトクで便利な機能がご利用いただけます。

ホワイトコール24

ソフトバンク携帯電話とホワイト光電話ご利用のお客さま向け通話割引サービスです(日本国内通話専用)。月額定額料や登録料は無料。お申し込みいただくだけでおトクな通話が可能です。
なお、BBフォンご利用時にホワイトコール24にご加入いただいていた場合は契約内容は自動的に引き継がれます。

  • お申し込み手順についてはこちらをご確認ください。

通話相手先への番号通知

通話相手先へのホワイト光電話電話番号の通知/非通知が設定できます。
相手先番号の前に「186」(通知)、「184」(非通知)をダイヤルすることで、通話毎に発信者番号の通知/非通知を選択できます。

  • 110番(警察)、118番(海上保安)、119番(消防)の緊急通報へ発信した場合、回線毎非通知設定であっても、弊社はお客さまの住所・氏名・電話番号を緊急通報受理機関へ通知します。
    「184」を付加して緊急特番へ発信した場合は、弊社は当該機関にお客さまの住所・氏名・電話番号を通知しませんが、当該機関が人の生命等に差し迫った危険があると判断した場合は、当該機関からの照会に応じる場合があります。
    ただし停電時は、ご利用の端末の種類により発信できない場合があります。

通話明細の表記について

通話料金明細に表示される相手先電話番号について、表示/非表示の指定が可能です。
表示方法は全桁表示/全桁非表示/下4桁非表示のいずれかから選択いただけます。
WEB通話明細に反映されます。

国際不取り扱い

国際電話の発着信を規制することが可能です。国際への発信のみを規制したい、発着信とも規制したいといったご要望に対応致します。
お申し込みの際は国際不取り扱いセンターまでご連絡ください。

国際不取り扱いセンター

0120-210-364(取扱時間:平日午前9時から午後5時/通話料無料)

WEB明細

WEB上でご利用料金明細が照会できます。基本利用料/オプションサービス利用料のご確認および、契約回線の全通話の通話日時/通話時間/通話先電話番号の情報がご確認いただけます。
集計は1日1回、前々日分までの表示となります。

電話帳掲載

ホワイト光電話の電話番号をJMS(日本マルチメディアサービス株式会社)が提供する「104」での番号案内にご登録いただくことが可能です。
また、NTT東日本/NTT西日本が提供する電話帳(タウンページ・ハローページ)に掲載することができます。

電話帳掲載情報等の変更を行う場合のご連絡先

ホワイト光電話でご登録いただいている電話帳掲載情報および104番号案内の情報を変更する場合はソフトバンクへご連絡いただく必要があります。
ご希望の場合は下記までご連絡ください。

有料オプションサービス(基本プランのみ有料)

ホワイト光電話を便利にお使いいただくためのオプションサービスです。
基本プランα、だれとでも定額 for 光電話にお申し込みいただいた場合は標準サービスとなります。

番号表示サービス

かけてきた相手の電話番号(通知できない場合はその理由)が電話機等のディスプレイに表示されるサービスです。「ナンバーディスプレイ」対応機器が必要です。

通信機器接続時のご注意

  • 本サービスのご提供日までにサービス対応の通信機器にお取替えの上、通信機器のサービス相当機能を「利用する」に設定してください。
  • 本サービス対応の通信機器の設置とその設定がされていない場合、電話番号が表示されなかったり、通話ができない場合があります。
  • 本サービスに対応していない通信機器を接続した場合は、短い断続した呼出音の後に通常の呼出音が聞こえますので、通常の呼出音に変わってから、電話に出るようにしてください。通常の呼出音に変わるまで数秒かかります。
  • 通信機器の接続形態や機種により正常に作動しない場合があります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。

ご利用にあたってのご注意

キャッチ電話サービスと併用した場合、通話中にかかってきた番号は表示されません。かかってきた電話に出る前に、最初の電話を切っても同様に表示されません。

番号通知リクエストサービス

番号表示を「通知しない」でかけてきた相手に対し、通信設備上で「メッセージ」にて応答し、着信を規制するサービスです。(通信設備上で「メッセージ」接続の間も発信者には、通話料金がかかります)

ご利用にあたってのご注意

  • 番号通知リクエストサービスのご利用には、番号表示サービスへのお申し込みが必要です。
  • 着信転送サービスと併用した場合、番号通知リクエストサービスによる着信拒否が優先されます。
  • キャッチ電話サービスと併用した場合、番号通知リクエストサービスによる着信拒否が優先されます。
  • 着信お断りサービスと併用した場合、着信お断りサービスによる着信拒否が優先されます。

ご利用方法

ご契約回線から、サービスの開始/停止を行います(通話料金はかかりません)。

サービス開始/停止 「148」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下の操作を行ってください。
 ⇒「1」 番号通知リクエストのサービスを開始します。
 ⇒「0」 番号通知リクエストのサービスを停止します(ご利用開始時はこの状態で設定されています)。

着信転送サービス

かかってきた電話をお客さまがあらかじめ指定した電話番号に転送するサービスです。
転送元の電話を呼び出さず即座に転送する「無条件転送」方式での提供となります。

ご利用にあたってのご注意

  • 番号通知リクエストサービスと併用した場合、番号通知リクエストサービスによる着信拒否が優先されます。
  • 着信お断りサービスと併用した場合、転送される通話は迷惑電話として登録できません。また、番号登録されている相手からの着信時は転送を行いません。
  • 電話をかける方(発信者)が番号通知を行って(転送元へ)発信し、転送先が番号表示可能な電話機をご利用の場合、転送先で表示される電話番号は発信者の番号となります。
  • ホワイトコール24と併用した場合、転送先にソフトバンク携帯電話をご指定いただいていても転送にかかる通話料は通常通り発生いたします。
  • 着信転送時の通話料金は「発信者-発信元」間では“発信者”に、「転送元-転送先」では“転送元”である着信転送サービスご契約者にそれぞれ課金されます。
  • 着信転送サービスでは以下の機能はサポートしていません。
    • 転送方式(無応答時転送/応答後転送/指定転送/話中時転送)
    • 転送トーキ
    • 転送元案内

ご利用方法

ご契約回線から、サービスの開始/停止・転送先の登録・リモートコントロールの設定を行います(通話料金はかかりません)。

キャッチ電話サービス

通話中にほかの人から電話がかかってきた際、割込み音(ツー・ププッ・ププッ)でお知らせします。このとき電話機のフックボタンを操作することにより、通話中の相手を一時的に保留にして、後からかかってきた相手と通話できるサービスです。
ビジネスにプライベートに、大切な着信を逃しません(保留中の通話には、通話料金がかかります)。

ご利用にあたってのご注意

  • 番号表示サービスと併用した場合、通話中にかかってきた電話番号は表示されません。
  • 番号通知リクエストサービスと併用した場合、番号通知リクエストサービスによる着信拒否が優先されます。
  • 着信お断りサービスと併用した場合、迷惑電話として登録された電話番号からの着信は、着信お断りサービスによる着信拒否が優先されます。

着信お断りサービス

迷惑電話を受けた直後、契約者が電話から登録操作を行うことにより、以後、同じ電話番号からかかってきた場合に通信設備上で「着信お断りメッセージ」に接続し、着信を規制するサービスです(通信設備上で「メッセージ」接続の間も発信者は通話料がかかります)。

ご利用にあたってのご注意

  • 番号表示サービスと併用した場合、通話中にかかってきた電話番号は表示されません。
  • 番号通知リクエストサービスと併用した場合、着信お断りサービスによる着信拒否が優先されます。
  • 着信転送サービスと併用した場合、転送電話は迷惑電話として登録できません。また、番号登録されている相手からの着信時の転送は行いません。
  • 着信お断りサービスにより着信拒否された通話のキャッチ電話サービス着信は行われません。
  • 着信お断りサービスには効果確認機能はありません。

キャッチ電話サービスと併せてご利用の場合、最後に着信し通話状態となった通話が登録対象となります。最後に着信しても通話状態にならなかった通話は登録対象となりません。

ケース1:迷惑電話を受けている時にキャッチ電話サービス着信した場合

迷惑電話がかかっている最中にキャッチ電話サービス着信した場合は、切替操作をせずに最初の電話をお切りください。
キャッチ電話の呼出音が鳴らなくなってから登録操作を行ってください。

ケース2:キャッチ電話サービスで着信した電話が迷惑電話だった場合

通話中にキャッチ電話サービスで切り替えた通話が迷惑電話だった場合、最初の方との通話が終わった後に一旦、受話器を置いてから登録操作を行ってください。

ご利用方法

ご契約回線から、着信を拒否する電話番号の登録と解除を行います(通話料金はかかりません)。

オプションサービスのお申し込みはこちら