イベント会議サービス
SaaS

「イベント会議サービス」は会議の打ち合わせから司会進行までをソフトバンクのオペレータがサポートするサービスです。
参加者の多い会議や質疑応答をともなう決算報告会、新製品発表会などの会議に最適です。
主催者はスピーチやディスカッションに集中できるため、会議をよりスムーズに進行できます。

お問い合わせフォーム

Point.1 導入費用は無料

初期費用や基本料金は一切かかりません。

Point.2 1,000回線まで接続可能

大会議に適しており、日本語・英語バイリンガルのオペレータが会議をサポート。

Point.3 利用は安心・スムーズ

オペレータが司会進行をサポートするので、円滑な会議が安心してご利用可能です。

Point.4 豊富な海外アクセスポイント数

海外からもニーズに合わせたアクセスポイント利用が可能です。

Point.5 ホストコントロール機能

会議中の参加者状況(参加者名表示)、質疑応答状況等をPC画面で確認可能です。

サービスイメージ

通常の通話は2台の電話を結び1対1で会話をしますが、電話会議を使うことで一度に3台以上の電話で通話ができます。

特長

  • オペレータが会議をサポート
    参加者の多い会議や質疑応答を行う会議では、オペレータが司会進行をお手伝い。主催者はスピーチやディスカッションに集中できるので、会議進行がスムーズです。
  • 接続は最大1,000回線
    同時に最大で1,000接続(オペレータと主催者含む)まで接続可能なため、大規模な会議に適しています。
  • 自動音声ガイダンス
    会議直前に参加者のアクセスが集中しても、自動音声ガイダンスに従ってパスコード入力で参加するので、時間通りにスムーズに会議を始めることができます。
  • 日本語・英語バイリンガル
    オペレータは日本語または英語で会議をサポート。国内会議と海外からの参加者を交えた国際会議に対応しています。
  • 海外アクセスポイントをご用意
    参加者に応じてダイヤルイン番号やフリーコール番号を利用でき、安価にご利用が可能です。
  • ホストコントロール
    会議中の参加者状況(参加者名表示)、質疑応答状況等をPC画面でリアルタイムに確認する事が可能です。

機能

Q&A(質疑応答)セッション

質問者から順番に質問を受けることができます。
質問希望者は、

  • *1を押して質問の順番待ちをします。
  • *2を押せば質問をキャンセルできます。
  • オプションサービスです。(有料)

Pollingセッション

参加者全員を対象に電話のプッシュキーを使ったアンケートや投票調査をすることができます。
オペレータ画面で結果を集計し、主催者にお知らせします。

コムライン

会議の前や後に主催者とオペレータは一般の参加者とは別のラインで話すことができます。
打ち合わせなどに便利です。

  • オプションサービスです。(有料)

参加者リストの作成

あらかじめ個人認証番号(PIN)を設定すると、参加者リストを作成できます。
オペレータが画面上で、出席者を把握するので会議のコントロールが容易になります。

  • オプションサービスです。(有料)

会議の録音・再生

会議の内容を録音することができます。
会議に参加できなかった参加者が会議終了後電話で再生して聞くことができます。

  • オプションサービスです。(有料)

カスタマイズ

会議の開始や終了のご挨拶や、会議の流れをお客様のご要望に応じてカスタマイズいたします。
参加者が50人でも1,000人でも柔軟に対応できます。

ご利用シーン

「イベント会議サービス」を利用したコミュニケーションモデルでは、地理・時間・費用的な制約を軽減することができます。高い出張費や会議設営のコスト、手間の問題で諦めていた会議、スケジュールの調整がつかないため先送りにしていた定例ミーティングなど、さまざまなシーンで利用することができます。

  • 人事・総務部門
    • 年頭挨拶(社内向け)
    • 福利厚生制度説明
    • 全社朝礼、全社定例ミーティング
    • 社員向け研修
  • 広報・IR部門
    • 決算説明会
    • 経営方針説明会
    • マスコミ向け発表
  • マーケティング部門
    • 新商品説明会
    • プロダクトトレーニング
    • お客様向けセミナー

接続方法

ダイヤルインフリーコール接続、ダイヤルイン接続をご用意しています。携帯電話・PHSからも接続が可能です。

イベント会議サービスの料金

ご利用方法

  1. はじめに「イベント会議サービス」の基本登録を行います。申込書で、利用する主催者の方をご登録ください。主催者単位でクライアントIDを発行いたします。
  2. カスタマーサービスセンターへ連絡し、会議を予約してください。
    • 会議実施の7日前までにご予約が必要です。会議の進行方法についてオペレータと事前に打ち合わせます。
  3. 会議の開催にあたり、主催者は各参加者に対してアクセス番号と参加者パスコード、PIN(個人認証番号)を連絡してください。
    • PINは必要に応じてご連絡お願い致します。
  4. 会議当日、オペレータが主催者との事前打ち合わせの際、会議進行の確認や音質チェックを行い、参加者人数をお知らせします。
  5. 会議開催時間になった時点で、オペレータが主催者をメイン会議に移動させ、プレゼンターを紹介いたします。
  6. Q&A(質疑応答)セッションや投票を実施したり、参加者のリクエストに応えられるように会議中はいつでもオペレータがサポートいたします。
  7. 会議終了の際、オペレータが会議を締めくくり、要望に応じて主催者を打ち合わせのためのサブ会議に移動させます。
  8. 会議終了後、主催者には必要に応じて参加者リストをメールで通知いたします。
    • 参加者リストは有料になります。

資料共有ツール「シスコウェブエックスサービス」でさらに利用性向上

シスコウェブエックスサービスを合わせて利用することでインターネットに接続されたPCのブラウザを通して、ドキュメントや画像などのデータを共有・参照しながら会議ができます。
また、メモをとったり書き込みなどができるので、拠点間で資料の作り込みなども可能になり、リアルなコミュニケーションツールとしてご利用可能です。
PCをはじめ iPad 、iPhone などのデバイスからも会議に参加することができです。

  • 料金に関しては料金案内をご覧ください。

アプリケーション共有

PC上で動作するほとんどのアプリケーションを共有しながら、遠隔から資料の作り込みが可能です。

ホワイトボード機能

フリーハンド、テキストを使って入力できます。会議中に意見交換が可能。

デスクトップ共有

主催者や参加者のPC上のデスクトップを遠隔にいる相手に閲覧・操作させることが可能です。

その他の機能

  • ファイル転送
  • 参加者リストの表示
  • チャット
  • アンケート(投票)
  • ビデオ映像の表示(PC最大6画面 iPad最大4画面 iPhone最大4画面)
  • 録画、再生
  • 音声、ビデオ映像、注釈など会議の全てを録画、再生可能

お申し込み

初期費用や基本料金は一切かかりません。利用した分だけを支払いする従量課金制です。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

イベント会議サービス

イベント会議サービスのカテゴリ

法人サービス > クラウド > SaaS > イベント会議サービス

関連導入事例

    あわせてよく検討されるサービス

    • SmartVPN
      VPN設計を簡略化し、お客様のニーズに応じた柔軟な構成を実現。クラウドサービスとシームレスに接続可能です。

    • IP-VPN
      専用線に匹敵する高度なセキュリティを低コストで実現、高い信頼性と豊富なオプションサービス、多彩なアクセス手段を備えた閉域網(IP-VPN)サービスです。

    • 広域イーサネット
      豊富なアクセス手段、オプションサービスを備えた閉域網(広域イーサネット)サービスです。

    クラウド関連情報

    イベント会議サービス ソフトバンク

    会議の打ち合わせから司会進行までをソフトバンクのオペレータがサポートするサービスです。参加者の多い会議や質疑応答をともなう決算報告会、新製品発表会などの会議に最適です。