ソフトバンクニュースは「IT×ライフスタイル」をテーマに、暮らしに役立つ小ネタから、もらってうれしいプレゼント、スマホの豆知識、話題のガジェットやテクノロジー、企業の取り組みまで、ソフトバンクのさまざまな情報をお届けします。

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

【読者プレゼント付き】大人を楽しむファッション通販「ストライプデパートメント」で脱コンサバONコーデに挑戦してみた!

大人を楽しむファッション通販「ストライプデパートメント」で脱コンサバONコーデに挑戦してみた!

トレンドもおさえていてプチプラなファストファッション。全国どこにでもあるから購入もしやすいし、何よりお財布に優しいからいろんなコーデに挑戦できるのが嬉しいですよね。

でも、筆者はもうすぐ30歳。ポリエステル100%とか、あの子と服かぶるとか、そろそろ“プチプラあるある”から脱却したい。ワンランク上の大人の上質な服を身にまといたい!

そこで、上質を知る大人たちのためのECデパートメント「ストライプデパートメント」(通称ストデパ)で、ちょっとリッチな買い物をしてみることに。どうせ良質なものを買うのならウェブ上でパーソナルスタイリストからアドバイスがもらえる「パーソナルスタイリング」を利用して、トータルコーディネートしてもらおう。ということで、実際に試してみました!

ストライプデパートメントはこちら!

筆者プロフィール
藤田佳奈美
フリーの編集ライター、WEBディレクター。身長169センチ、体重51キロくらい。上半身が細身の割に、下半身はしっかりしたつくり。好きなブランドは「Ameri VINTAGE」「FRAY I.D」など、ちょいモードめ。ストデパはまだ使ったことがない。

コンサバは嫌い。でも打ち合わせで浮くのはもう嫌だ…

コンサバは嫌い。でも打ち合わせで浮くのはもう嫌だ…

筆者は割と独自のセンスで生きるタイプ。トレンドに左右され過ぎず、本当に自分が着たいものを着ます。おまけに身長が高く、意外となんでも着こなせちゃうから、個性的だったり派手めだったり、さまざまなファッションに挑戦することが多いです。そんな私の服の悩み……それは「打ち合わせの時の服装」!

フリーランスライターゆえ、毎日自分の好きな服を着られるのですが、大きな会社さんとの打ち合わせの時、周りを見渡すとなんだか私だけ少し浮いているような気がするのです。

私みたいに服に対するこだわりが強いタイプは、THE・コンサバはできるだけ避けたい。オフィスカジュアルの中にも、キラリと光る個性が欲しいのです。さらに、もうすぐ30歳という年齢を踏まえ、今よりもワンランク大人な私らしいONコーデをおさえておきたい。

そんな私のワガママな要望を、ストデパはかなえてくれるのでしょうか?

そんな私のワガママな要望を、ストデパはかなえてくれるのでしょうか?

早速変身スタート!

スマホで「ストライプデパートメント」を検索。「beautiful people」や「FABIO RUSCONI」などメンズ、レディース合わせて600以上のさまざまなブランドが集結している同サイト。サービスの中に「パーソナルスタイリング」という項目があるので、そこから入ってみます。

苦手なファッションからパーソナルを探る!?

STEP1では、ファッションの好みを伝えるため、アンケートに回答していきます。

よく読む雑誌や趣味趣向を探る質問のほか、苦手なアイテムやスタイルなども聞かれました。例えばひと口にパンツルックといっても、ハイウエストは好きでローライズは好きじゃないとか、ストレートをよく履いていてブーツカットが苦手とか、細部まできめ細やかにヒアリングしてくれます。

答えていくうちに、自分がどんなファッションを好んでいるのか、改めて理解が深まる気がします。自分の好きなものを知っていると、今後の買い物でも迷うことが減り、時間短縮にもなりそう。これだけでも自分のことを知るためにやってみる価値はありそうですね(なんだかパーソナルな部分に触れてもらっている気がするぞ……!)。ちなみに私はシルエットが縦長に見える服が好きなのだと自覚しました。

クローゼットに手持ちの私服の写真を登録して普段のファッションを確認

自分が持っている私服の写真を任意で登録します。

手持ちのアイテムと、ストデパで新しく購入するアイテムとを組み合わせたスタイリングも提案してくれます。これは便利なサービスです!

全身写真を送って普段のイメージを確認!

普段の自分のイメージがわかるように、任意で全身写真を入れます。

冒頭でも私服を紹介しましたが、今回は自分の中では無難な服をチョイス。ですが、こうやって改めて自分の全身写真を見ると、なんだか首回りがやぼったい! 服が似合っていても、服と髪型のセットでもう少しトータルコーデしたほうがよかったかなと反省しました……。そんな失敗も込みで、ひとまず送信。

パーソナルスタイリストとリアルタイムで悩み相談を!

ファッションでのお悩みや、アンケートで伝えられなかった細かい要望などを、パーソナルスタイリストへチャットで相談することもできます。

アンケートに答えて写真を送って終わりかと思いきや、リアルタイムでストデパのパーソナルスタイリストに要望や悩みを伝えることもできるんです! 人見知りな筆者は対面販売だとなかなか相談できないから、これはまたとない機会!

あと対面販売でありがちなのが、好みじゃない服をオススメされること。だけど、これなら要望をきちんとヒアリングしてもらった後だから的外れなアドバイスはなさそうです。

早速相談してみました!

まずは、自分の好みのファッションと、打ち合わせでも使える個性を生かしたON / OFFコーデという今回最大の目的を伝えてみました。
自分の要望を詰め込みまくった暑苦しいメッセージだったのですが、ものの数分で返信があって、回答のスピード感にびっくり!

さらにはミディアムパーマヘアで首回りがやぼったく見えるけど、首つまりの服が好きであることなども。たぶん、「デコルテラインや手首足首を見せてすっきりさせるのはどうですか?」とか無難なことを言われるんだろうな、と内心思っていたのですが……

「すっきり見せるためには、素材のボリューム感なども重要かもしれませんね。生地が薄めのトップスなどが良いかと思います。カラーもパステルや、ペールトーンといったような淡い色が良いかもしれませんね」(パーソナルスタイリスト)
と、想像を上回る神アドバイスが!

デザイン面だけでなく、ヘアスタイルやヘアカラー、その人の体形などに合わせて、色の組み合わせや素材感、着こなし方などあらゆる観点で教えてくれるんです(感動)! やっぱりパーソナルスタイリストのアドバイスは違うと実感しました。

これにて登録完了! 正味1時間ほどかかりましたが、自分の好みを把握できたし、チャットのやり取りはスムーズだし、しかも自分にはない観点でアドバイスまでもらえて、全然長く感じませんでした! いや~結果が楽しみです!

翌日。パーソナルスタイリストの方が、私のむちゃぶり気味な要望に答えて選んでくれたコーデ3つがメールで届きました。そこには選んだポイントがコメントとして添えてあり、

“今回のスタイリングのポイントとしまして、
「ON、OFFお召しいただけるスタイリング」
「シンプルなスタイリングながら個性のあるスタイリング」
「個性を残しつつお仕事先でも品のあるスタイリング」
こちら3点を意識しスタイリングを組ませていただきました。”

とのこと。そうそう、求めているのはそういうこと! だけど肝心のラインアップは、私が普段選ばないようなものも多く、とても意外な組み合わせでした……! 実際着てみるとどうなるんだろう? 早速、試着サービスを申し込んでみました!

待ちに待った到着! 早速試着してみた

待ちに待った到着! 早速試着してみた

到着を待っている間、毎日楽しみに過ごしていた筆者。5日後、めったにならないインターホンが鳴り、食い気味で玄関を開けると、そこには配達のお兄さんが! ストデパのロゴが入った段ボールを意気揚々と受け取ります。

開封してみると、デザインはサイトで見た感じと同じなのですが、素材感や質感は想像と少し違う感じ。黄色いトップスなんかはとろみ素材だと思っていたのですが、結構しっかりした麻っぽい素材。通販で服を買うときは、良くも悪くもこういう予期せぬギャップが発生することがあると思うのですが、まだこれはお試しの段階なので、もしイメージと違ったら返却もできます。実際に確かめてみるのって大事!

今回見繕ってもらったのはこちら。写真左の組み合わせから、トップス「TODAYFUL」の「Shoulder Paff Blouse」(税込16,200円 )+ボトムスは同ブランドの「Pattern Georgette PT」(税込13,824円)。ワンピース「STYLEBAR」の「ERI NAWATA × STYLEBAR emma taylor スエードタッチボックスドレス」(税込20,520円)+ヒール「abbesses」の「オープントゥパンプス」(税込22,680円)+ピアス「L'Attitude」の「surface”square”ピアス」(税込8,640円)。トップス「FEMIND TOKYO」の「Vネックプルオーバー」(税込6,415円)+ボトムス「RAW FUDGE」の「ラップ風アシンメトリーティアードスカート」(税込18,360円)。

  • ピアスは筆者の購入商品です
  • 価格は試着当時のものです
  • 試着は室内でのみ行ってください。今回は取材のため特別に許可をいただきました

取りあえず、全組み合わせを試着してみた!

まずはこの組み合わせを着てみました。色味は控えめだけど、ボトムスの存在感たるや……! 身長が高い筆者でも、高いヒールを履かないと引きずってしまいそうな丈感ですが、筆者の「コンサバ嫌い。個性的でありたい」という要望はしっかり反映されています。

動くたびにドレープがしなやかに揺れるのと、脚長効果がある点はとても気に入りました!
かなり主張が強いファッションだけど、打ち合わせだと着席だから、ボトムスの派手さはそんなに注目されないのかな……?

こちらはスキントーンでシックにまとめたファッション。打ち合わせっぽい感じはしますが、個人的には物足りない。コンサバの範疇を超えない……。ただ、スエード素材でしっとりした質感なので、大人の上品さみたいなものは演出できるなと感じました。

最後はこちら。シンプルなトップスですが色味が鮮やかで顔色がよく見える! また背中が少し開いており、やや挑戦的。コンサバの殻を打ち破っているように感じました。ボトムスも左右でデザインが違い、ウエストのベルトもファッションのアクセントに。シンプルなアイテムはビビッドな色のもの、デザイン性が高いものは落ち着いた色味で組み合わせると良さそう、という勉強になりました!

筆者が選んだ「打ち合わせでも浮かない脱コンサバコーデ」はこれ!

筆者が選んだ「打ち合わせでも浮かない脱コンサバコーデ」はこれ!

今回の目的である「打ち合わせでも浮かない脱コンサバコーデ」として最もふさわしいのは、3着目の、トップス「FEMIND TOKYO」の「Vネックプルオーバー」+ボトムス「RAW FUDGE」の「ラップ風アシンメトリーティアードスカート」+ヒール「abbesses」の「オープントゥパンプス」の組み合わせに決定!

私らしさとTPOを絶妙にマッチさせたコーデだから、頭の中で打ち合わせのシミュレーションをしてみても、全く違和感なし。そしてこの笑顔! 後日、打ち合わせに着て行ったのですが、前ほど浮いている感覚もなく、堂々とプレゼンできた気がします。ありがとう、ストデパ!

わがままな私の服の悩みを一掃してくれたストライプデパートメント、皆さんも試してみては?

比べてみるとご覧の通り。自分一人では自分の世界に入りすぎて浮世離れしたONコーデを極めるところでしたが、私も落ち着くところに落ち着けたようです。普段の自分だと選ばないような予想外のファッションが選定されるのも楽しみですし、何よりパーソナルスタイリストさんのアドバイスが的確で勉強になります。わがままな私の服の悩みを一掃してくれたストライプデパートメント、皆さんも試してみては? 大変身への扉はすぐ目の前に!

パーソナルスタイリストのアドバイスを受けてみる

ストライプデパートメントをチェックする

文:藤田佳奈美 編集:エクスライト

ソフトバンクニュース読者プレゼント! ストライプデパートメントで使えるクーポン5万円分が当たるチャンス!

今回ご紹介した「ストライプデパートメント」。実はソフトバンクも最新テクノロジーの活用などで、ストデパをサポートしているんです。そこで今回、読者プレゼントとしてストライプデパートメントで使えるクーポン5万円分を用意しました。クイズに応募して、夏服をゲットしてくださいね♪

応募方法

  1. ソフトバンクニュース公式Twitterアカウント(@sbg_news)をフォロー
  2. ソフトバンクニュース公式Twitterのクイズに回答する

応募締切

2018年7月11日(水)午後11時59分まで

注意事項

  • クーポンの利用期限は2018年8月31日です。
  • クーポンを利用するにはストライプデパートメントの会員登録が必要です。
  • 当選されたお客さまには、応募されたTwitterアカウントへDM(ダイレクトメッセージ)で7月中旬頃にご連絡します。
  • @sbg_newsへのフォローが解除されている場合、当選後のDMの送信ができないため、当選無効とします。
  • 通知した期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものとします。
  • 応募はお一人さま1回のみ有効となります。
  • 応募は日本国内にお住まいの方に限ります。
  • 転売・譲渡目的での応募は固くお断りします。
  • ご応募は日本国内にお住まいの方に限ります。
  • プレゼント内容は予告なく変更や中止することがあります。あらかじめご了承ください。
  • Twitterアカウントをお持ちでない方は、Twitterサイトにてアカウントを作成してください。
  • 当社が不正と判断した場合、本キャンペーンの対象外とします。
  • ソフトバンクグループの社員ならびに、その関係者の応募はできません。
  • 本キャンペーンはソフトバンク株式会社が主催しています。

(掲載日:2018年6月27日)
文:ソフトバンクニュース編集部