IoT(Internet of Things)の記事一覧

テクノロジー×エネルギーが創る未来。持続可能な社会を次の世代へ(後編)

2015年のパリ協定の合意によって世界各国の足並みが揃うなど、気候変動への対応の重要性がますます高まっています。 ソフトバンクグループでは、自然エネルギーの発電にはじまり、その活用・推進が広がることで、SDGsの課題解決貢献への取り組みも加速してい…

エネルギーは通信・AIの命綱。持続可能な社会を次の世代へ(前編)

私たちが暮らしていく上でなくてはならないエネルギー。ソフトバンクグループは、子どもたちに誇れる豊かな社会の実現のため、自然エネルギーの普及を国内外で積極的に推進しています。エネルギー事業開始から10年になる今年、グループ内のエネルギー事業に…

客室乗務員のスキルも生きる場所。EBCスタッフに聞いた「対話を生み出すホスピタリティ」の秘密

ソフトバンク竹芝本社内のExecutive Briefing Center(EBC)には、来訪されたお客さまにソリューションの説明やデモンストレーションを行う専任スタッフが存在します。コンセプトである「お客さまの事業成長に向けた議論」のためにどのようなことをしている…

データで未来を予測する。企業成長や街づくりに欠かせないデータ活用とは? 今井康之 基調講演 SoftBank World 2021 開催レポート④

「SoftBank World 2021」。2日目の基調講演は、代表取締役 副社長執行役員 兼 COOの今井康之が担当。事業成長に必要なデータ活用の重要性や、災害に強い安全な街づくりの取り組みの事例などを紹介しました。

テクノロジーの実験場「東京・竹芝」は未来への入り口。「ちょっと先のおもしろい未来」を体験するイベントに行ってきました

2021年7月3日・4日に東京・竹芝で、これから少し先の未来のライフスタイルを変えていくであろうテクノロジーが集結したイベント「ちょっと先のおもしろい未来」(ちょもろー) が開催されました。

広島大学・東広島市・ソフトバンクが包括協定を締結。スマートシティの実現に向け、テクノロジーを活用した魅力的なまちづくりを推進

7月2日、ソフトバンクと国立大学法人広島大学、東広島市が、Society 5.0やスマートシティの実現などを主な内容とする、包括連携協定を締結しました。

「テーマパークで地元の友だちによく合う日がある?」 統計データからわかる意外な人の流れ

新型コロナウイルス感染拡大以降、繁華街などの人出の増減に関するニュースを見かける中で、「人流」という言葉を耳にする機会も増えましたね。この「人流」とは「人がいつ、どこに、何人いるのか」「人がどこからどこへ移動しているのか」といったデータの…

リアルな「対面」と「対話」が強力な武器に。ビジョンを共有できる最先端のブリーフィングセンターが竹芝に誕生

商談といえば、会議室で行われるイメージ。最近ではオンラインによる商談も増えていますが、いずれも会議スタイルで行われることがほとんど。そんな商談にも新たな波が押し寄せています。新時代の商談スタイルを実践する施設「Executive Briefing Center(EB…

データ活用で日本をDX先進国へ − ソフトバンク法人事業説明会レポート

ソフトバンクは2021年6月1日に、法人事業に関する説明会をオンラインで開催。従来の通信事業中心の取り組みから脱却し、データを活用して企業や社会のDXを推進するという今後の成長に向けた新しい挑戦について紹介しました。

人の動きとアバターを連動させたデジタルアート。インタラクティブな動作の実現に5Gを活用

ソフトバンク株式会社と株式会社乃村工藝社は5Gを活用して、インタラクティブに動作するデジタルアートを共同制作しました。ソフトバンク株式会社が大阪市などと協力して運営する施設「5G X LAB OSAKA(ファイブジー・クロス・ラボ・オオサカ)」で展示中で…

CO2吸収量の見える化で緑化活動を支援。21世紀の “カカシ” が目指す地球にやさしい環境

写真の中でポツンと立っているのは21世紀の「カカシ」。周囲の環境データからCO2吸収量を推定して、効率的な #緑化活動 につなげています。システム開発担当者にその仕組みを説明してもらいました。

ビジネスを変革するDXとは? 定義やメリット、国内外の成功事例を専門家が解説

ビジネスを変革するDXの定義や国内外の成功事例、社会にもたらす影響について、日本デジタルトランスフォーメーション推進協会理事の森戸裕一さんに教えていただきました。

光を駆使した未来の通信への第一歩。「トラッキング光無線通信技術」の実証実験成功で広がる通信の可能性

2021年3月18日、ソフトバンク株式会社と株式会社ニコンが光無線通信の新技術に関する記者説明会を開催。世界で初めて実証に成功した「トラッキング光無線通信技術」の合同実証の概要説明と、新技術のデモンストレーションを行いました。

“次世代電池” こそが、イノベーション進化のキーテクノロジー。ソフトバンクが電池を開発する理由

電気自動車やIoTデバイスのキーテクノロジーは電池。ソフトバンクが取り組む次世代電池の開発について、担当者が解説します。

テレビ業界にもDXの波が到来。現場からリモートで番組制作・配信できる「次世代放送プラットフォーム」が注目される理由

ロケ・収録ができない。編集スタッフが出社できない。 コロナ禍でテレビ局が直面した番組づくりの危機をどう乗り越えてきたのか? 5G 時代の新しい番組制作について聞いてきました。

最新スマートビルでも活躍中! 仕事や生活を便利にするIoT機器への脅威を見抜く|ソフトバンクのセキュリティエキスパート vol.3

通信事業だけでなく、さまざまな事業を手がけるソフトバンク。顧客情報をはじめとした膨大な量の情報を守り、お客さまに安心してサービスを利用していただくために、情報セキュリティは非常に重要です。ソフトバンクがどのようにサイバー攻撃に備えているの…

安全な自動運転走行を可能にする高精度測位サービス「ichimill」。技術者インタビュー

CMなどでよく目にするようになった自動運転。本当に安全なのか、気になったことはありませんか? 自動運転における要のひとつが「位置情報」で、誤差が少なければ少ないほどよいもの。自動運転技術の一端を担う、誤差数センチメートル以内の高精度な測位を可…

5Gで企業のビジネス創出魂に火をつけろ! 大阪市にイノベーション拠点「5G X LAB OSAKA」がオープン

大阪市に #5G の技術検証や最先端技術が体験ができる「5G X LAB OSAKA」がオープン。5Gを活用した遠隔操作システムや、AR・VR映像の展示・体験コーナーなど、企業のイノベーション拠点として期待されています。

スマートモビリティを羽田から世界へ。⾃律⾛⾏バス「NAVYA ARMA」の定常運⾏がスタート

2020年9月18日、国⼟交通省からスマートシティのモデルプロジェクトに選定された、羽田空港に隣接する「HICity」において、⾃律⾛⾏バス「NAVYA ARMA (ナビヤ アルマ)」(仏Navya社製)の定常運⾏がスタートしました。当日の運行開始セレモニーの模様と、…

新たなユーザー体験やビジネスの創出へ。東芝主催の共創アクセラレータープログラムの協業検討企業にconect.plusが選定

新たなユーザー体験やビジネスの創出を目的とした、東芝主催のスタートアップ向けの共創プログラムに、IoTデータの可視化サービスを提供するconect.plusが選定されました。

DXが企業の命運を握る? 産業活動、消費行動が大きく変わる今、「共創」をキーにビジネスへの貢献を目指す

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、その推進が企業の成長を大きく左右するとさえ言われ、新型コロナウイルスとの共存を図る中で経済活動が大きな変貌を遂げる今、注目度はますます高まっています。ソフトバンクは日本の社会課題に対峙すべく、早く…

未来の暮らしが詰まった、“ほぼ”タワーマンション「スマートレジデンス」! ガジェット系YouTuberが一日体験

この夏、「東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー」が誕生。さまざまなIoTサービスや最先端のテクノロジーが詰まった未来の生活を、ガジェット系YouTuber・KICSことイマムラケンタさんがレポートします。

正しい「眠り」で免疫力アップ!? 睡眠コンサルタントが教える、質の高い睡眠の秘訣と最新スリープガジェット

睡眠コンサルタントの友野なおさんに「眠りの質」を向上させる方法と、それを手助けするオススメの睡眠ガジェットを聞きました。新しい生活様式が求められる今、その変化に適応し、質のいい睡眠を確保するためには、どのような心がけが必要なのでしょうか?

これが未来の生活!? 20年後の世界を体感できるムービー「すごい明日」

ソフトバンクは、こんな未来が来たらいいな、いや、来るかもしれないという視点で、未来のソリューションが実現した世界を紹介する動画「すごい明日」を作成しました。

かばんの中の小さな用心棒。スマホアプリで子どもを簡単に見守る「どこかなGPS」企画者インタビュー

小学校や習い事など、子どもが一人で出歩けるようになると、心配もつきまとうのが親心。でも高機能なスマホを持たせるほどではないし、できれば安く手軽に子どもを見守りたい……。そんなニーズに応えたいという思いで生まれたIoT商品「どこかなGPS」の特長や…

幼稚園に介護施設、ペットショップまで……。暮らしを見守る「防犯カメラ」の新常識

防犯カメラの基本から、蛍光灯とカメラが一体化した最新サービスまで、防犯のスペシャリストの京師美佳さんにお話を聞いてきました。従来の「犯罪の防止」に加え、自宅や教育・介護施設といった場所での「見守り」目的でも活躍しています。

イノベーションは誤差数センチの測位技術から。高精度測位サービス「ichimill」開発者インタビュー

準天頂衛星「みちびき」や、GNSSを活用したソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill」は、誤差わずか数センチの高精度な測位を実現しています。測位の精度にこだわるスペシャリストに話を伺いました。

イヤホン型翻訳機 vs バイリンガル。トリオ芸人・トンツカタンが外国人インタビュー対決!

英語がペラペラの森本晋太郎さんと、ウェアラブル翻訳機「WT2 Plus」を手にした櫻田佑さんが「どちらが多くの国の人と会話できるか」対決。恐怖の罰ゲームを回避できるのはどちらなのか!?

超高齢社会、離れて暮らす両親をスマホで簡単に見守れる「みまもりサービス」

スマホや家電の使用の有無から、一人暮らしの高齢者などの安否を、離れて暮らす家族が見守ることができる「みまもりサービス」が開始されました。

愛知県・ソフトバンク・MONETが包括協定締結。AI、IoT、ビッグデータの活用やMaaSの実装で、地方創生を推進

ソフトバンクとMONETが、愛知県と包括連携協定を締結。地域の活性化や県民サービスの向上に向け、最新の技術を活用したスマート社会の実現を目指します。

インドネシアのリッポー・ヴィレッジのスマートシティ化を支援。 ─ AI、IoTを活用したソリューションで東南アジアのモデル地区に

インドネシア共和国最大の不動産会社であるリッポー・カラワチ社とソフトバンク株式会社が、AIやIoTを活用したソリューションによるインドネシアの都市開発で合意し、首都ジャカルタで共同会見を開催しました。

データ農業が世界の食糧問題を救う?「e-kakashi」が挑戦する21世紀型の科学的農業とは

設置中のe-kakashi 今、高齢化などで深刻な労働力不足に陥っている日本の農業。後継者不足による自給率の低下は、日本のみならず世界の農業が抱える共通の課題ですが、その一方で、ロボット技術やICTなどの先端技術を活用し、超省力化や高品質生産などを可能…

高速道路が5G技術で進化する!? スマートハイウェイ実証実験 担当者インタビュー

ソフトバンクは2019年6月、5GやIoTを活用し、橋梁の健全性監視や、渋滞予測や車の速度検知といった安全で快適な高速道路を作るスマートハイウェイの実証実験を行いました。5Gが高速道路をどのように進化させるのか、責任者に話を聞きました。

わずか数秒で検温から記録まで! キッズスペース付きオフィス「ハグスクエア」でhugmoの新サービス発表会を開催

東京・豊洲にあるソフトバンクのキッズスペース付きオフィス「ハグスクエア」でhugmoが新たに提供を開始する「スマート体温計サービス」の発表会が開催されました。発表会を取材してきました。

レンタル電動バイクで宮古島を一周! 3つの大橋から見える絶景を360度カメラで撮影してみた

大小さまざまな島と珊瑚礁の海に囲まれた沖縄県の宮古島。ここでカレンスタイルが本田技研工業やソフトバンクと提携し提供している、電動バイクレンタルサービス「宮古カレン」を使って宮古島を一周してきました。

世界最先端のAI技術を事業に! ソフトバンクのAIエキスパート インタビュー

デジタルトランスフォーメーションに向けて、大きな変革期を迎えつつある今、ビジネスの進化を後押しすべくソフトバンクは世界最先端のAIを日本にいち早く展開しています。これからのAIの可能性や、ソフトバンクだからこそ実現できるAIの活用方法はどこにあ…

日本を変える最先端テクノロジーのショールーム。SoftBank World 2019展示ブースレポート

7月18日、19日の2日間にわたって開催されたソフトバンク最大のビジネスイベント「SoftBank World 2019」は展示ブースも必見。「Digital JAPAN ~今、テクノロジーで日本を変える」をテーマに展示されたソフトバンクブースを中心にご紹介します。

「Digital JAPAN」を合言葉に、徹底的なデジタル化で日本を変えよう。SoftBank World 2019 Day2 レポート

7月18日、19日に開催されたビジネスイベント「SoftBank World 2019」。2日目の基調講演に代表取締役 社長執行役員 兼 CEOの宮内謙が登壇しました。代表取締役 副社長執行役員 兼 COO 今井康之による特別講演の内容と併せてご紹介します。 「5G」「IoT」「AI…

仕事中の小休憩の味方。オフィスのミニコンビニ「スマートマルシェ」に注目!

長時間のデスクワークの合間にひと休憩。軽く睡眠をとったり、コーヒーを飲んだり、人によって休憩方法はさまざま。ソフトバンクのオフィスには、休憩時につい利用したくなるお菓子コーナーがる福利厚生サービス「スマートマルシェ」が点在しています。

茶道家が巡る静岡県川根本町「お茶街ック天国」。高級緑茶の未来を支えるテクノロジーとは

観光地やお茶の名産地としても知られる、静岡県川根本町にソフトバンクが提供するIoT機器、農業AIブレーン「e-kakashi」が導入。茶道家 久保田慶一さんに、テクノロジーの活用方法や町の魅力を探ってきてもらいました。

IoT×謎解きの脱出ゲームにミスター東大ファイナリスト・砂川信哉さんが挑戦

ソフトバンクショップにある「IoTルーム」でちょっと未来の生活を体験できるということで、ミスター東大ファイナリストの現役東大生・砂川信哉さんにリポートしてきてもらいました。気づいたら、IoT×謎解きの脱出ゲームに挑戦することに!

「5G×IoT」で人々の生活はどう変わるのか。ソフトバンク先端事業企画部 担当者インタビュー

ソフトバンクの「5G×IoT Studio」お台場ラボの運営をしているのが、ソフトバンクの先端事業企画部。先端事業とはいったいどのような内容なのか、お台場ラボの運営責任者である先端事業企画部の山田大輔に5GとIoTに関する取り組みや、自身がソフトバンクで描…

プラットフォーマー

サービスの基盤(プラットフォーム)となるシステムやサービスを、第三者に提供する事業者のこと。IT業界では、主にインターネットを通じて、サービスおよびサービスの場を提供する企業を指す。 メールやドキュメントなどの管理サービスや、さまざまな移動手…

ウェビナー(Webinar)

ウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を組み合わせた造語。オンライン上で開催されるセミナーのことで、インターネットセミナー、オンラインセミナー、Webセミナーとも呼ばれる。従来のオフライン開催と比較すると、会場の確保が不要となりコスト削減が見込め…

プログラミングで目指せ未来のクリエイター! 遊び × 学びの「春休みPepperすごろくトライアル」

2019年3月21日(木)、IoTとセンサーの仕組みやプログラミングが学べる小・中学生向けプログラミング体験イベント「春休みPepper すごろくトライアル」が開催されました。当日の模様をご紹介します。

スマート家電

IoT技術を通じてスマートフォンなどと連携できる家電製品のこと。スマートフォンやスマートスピーカーをリモートコントローラー(リモコン)とすることで、家電の設定・遠隔操作が可能。

スマートスピーカー

音声認識に対応したAIアシスト機能搭載のスピーカー。人の音声を認識し、情報の検索やショッピング、連携した家電の操作など全て音声のみで行うことが可能。

探し物はなんですか? 「制コレ18」メンバーが「Tile」を使って、モノ探しゲームに挑戦!

探し物を簡単に見つけ出せるIoT製品 スマートトラッカー「Tile(タイル)」。ヤングジャンプの人気企画「制コレ18(イチハチ)」のメンバーに、「Tile」を使ったモノ探しゲームに挑戦してもらいます。参加したのは、来栖りん、山田南実、木村葉月、杉本愛莉…

スマートロック

IoTプラットフォームを活用し、鍵の遠隔管理やスマートフォンなどからの鍵の開閉ができるサービス。解錠の操作機能の提供によって、ホテル、賃貸マンションや民泊などでの鍵の受け渡しや紛失による再発行など、物理的な鍵管理の運用負荷やコストの軽減。また…

Google Home Mini VS ミスター東大ファイナリスト! 砂川信哉さんが使い方を学んで対決

家電と連携させたり、話し相手になってくれたりと、ユニークな使い方があるスマートスピーカー。ミスター東大ファイナリストの理系東大生 砂川信哉さんに、スマートスピーカー「Google Home Mini」の便利な使い方や意外な活用方法などについて学んでもらいま…