IT&みらい ~未来を感じてワクワクする~

IT&みらい
~未来を感じてワクワクする~

ワクワクする未来をちょっとだけ先取り。話題のガジェットや最新テクノロジーを分かりやすく紹介します。
ロボット IoT Pepper VR 5G AI クラウド フィンテック モビリティ 自動運転 解説

5Gの先の未来へ。Beyond 5G/6Gに向けたテラヘルツ波への挑戦

移動体通信技術はおよそ10年ごとのサイクルで進化していますが、これらの技術研究は商用サービスの開始よりもだいぶ前から行われます。研究者の世界では、早くも5Gの先の通信技術 Beyond 5G/6Gへの挑戦が始まっています。

AIで医療課題の解決へ。「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」プロジェクトにソフトバンクが技術協力

AI、IoT、ビッグデータを用いて高度な診断・治療などの医療支援を行うAIホスピタルの社会実装に向けた官民連携プロジェクトの開始が発表され、ソフトバンクは、5Gをはじめとする通信ネットワークやユーザー認証機能などの提供・検証を行います。

総距離 約9,400km! アジアと日本の5Gサービスの生命線、海底ケーブルプロジェクト「ADC」に迫る

ソフトバンクは、通信インフラを支える企業として、アジア6カ国を結ぶ海底ケーブルプロジェクト「ADC(Asia Direct Cable)」を現在進行中。プロジェクトの概要をはじめ、海底ケーブルの仕組みや意義について、プロジェクトに携わる社員たちに話を聞きました…

セキュリティのプロが解説。テレワークで情報漏えいを防ぐための5つのポイント

「新しい生活様式」も提言され、企業でのテレワークの導入がますます加速し、その一方で新たなサイバー攻撃も増えつつあります。セキュリティ対策は企業のセキュリティ部門が取り組むことだけではなく、個人としても気を付けたいポイントもあるんです。そこ…

イノベーションは誤差数センチの測位技術から。高精度測位サービス「ichimill」開発者インタビュー

準天頂衛星「みちびき」や、GNSSを活用したソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill」は、誤差わずか数センチの高精度な測位を実現しています。測位の精度にこだわるスペシャリストに話を伺いました。

世界最大級バーチャルイベント「バーチャルマーケット4」♪ ソフトバンク5G LABブース体験レポート

2020年4月29日から5月10日まで開催された、バーチャルリアリティ(VR)空間上で行う世界最大級のイベント「バーチャルマーケット4」でソフトバンクの5G時代のエンターテイメントサービス「5G LAB」のブースを体験してきました。

“超”再現性の高い3Dホログラムデータを作れる「xRスタジオ」潜入レポート。AR撮影の裏側をちょっとだけ見せちゃいます

国内最大規模の3Dホログラム撮影スタジオ「xRスタジオ」で、アイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」のAR撮影が行われました。撮影の裏側と併せてレポートします。

「ただのオヤジと思われたくない」 5Gサービスの未来と挑戦の軌跡を無線設計のシニアネットワークディレクターが語る

3月に開始したソフトバンクの5G。5Gネットワーク構築には、これまでの3Gや4Gネットワーク構築での苦悩が経験として生かされています。無線設計・シニアネットワークディレクター 酒井尚之にその苦労話やこれから5Gがもたらす未来について聞いてきました。

外出しなくても友だちに会える!? 世界最大級の完全バーチャルなイベント「バーチャルマーケット4」にソフトバンクのド派手な5G LABブースが登場!

ゴールデンウィークの予定がまだ決まっていないという方、バーチャル空間でお出かけしてみませんか。 2020年4月29日から5月10日、VR空間上で行う世界最大級のイベント「バーチャルマーケット4」が開催され、ソフトバンクが5G LABのブースを出展します。 見ど…

地域医療の課題解決へ。オンライン診療とヘルスケアモビリティの可能性

超少子高齢化、人口減少といった社会情勢が進む中、医師・医療施設の偏在や医療・介護に対するニーズの増加など地域医療課題への解決が急がれる今日。こうした課題は、特に高齢者の多く住む地方の過疎地において、医療施設へのアクセスの利便性の面で大きな…

5G対応でスマホはどう変わるのか? スマホ開発プロセスやネットワークをつなぐ通信キャリアの役割

5G対応スマホの特長や開発の裏側をソフトバンクの開発担当者に聞いてきました。5G対応スマホ、見た目は4G対応のスマホとあまり変わらなそうですが、何が変わったと思いますか?

【あさってロボット会議】乙武洋匡さん × 編集長 清田敢。ロボットと人間は心を通わせられるか? 友達になれるのか?

// 「あさってロボット会議」にリダイレクトします。リダイレクトされない場合は以下URLをクリックして下さい。 【あさってロボット会議】乙武洋匡さん × 編集長 清田敢。ロボットと人間は心を通わせられるか? 友達になれるのか?

携帯電話がつながる仕組み。基礎知識から5Gエリア構築の最新事情までをエンジニアに聞いた!

つながることが当たり前のスマホですが、つながるために必要不可欠なのが「基地局」なんです。その役割や通信技術の進化でどのように変化してきたのか、携帯電話ネットワークの要である基地局に携わるエンジニアの皆さんにインタビューしました。 テクノロジ…

3Dで積載状況を「見える化」。5G活用によるトラック配送業務効率化に向けた実証実験

5Gを活用して荷物配送の効率化アップへ。ドライバーの集荷負担などを軽減し業務の効率化や省人化による “スマート物流” を目指す実証実験が行われました。

物流の未来へ。ソフトバンクの「トラック隊列走行」実用化への挑戦

ソフトバンクは5G通信を使用したトラック隊列走行の実証実験を実施し、車間距離自動制御を行うことに世界で初めて成功しました。この実証実験で5Gの通信技術がどのように活用されているのか解説します。

イヤホン型翻訳機 vs バイリンガル。トリオ芸人・トンツカタンが外国人インタビュー対決!

英語がペラペラの森本晋太郎さんと、ウェアラブル翻訳機「WT2 Plus」を手にした櫻田佑さんが「どちらが多くの国の人と会話できるか」対決。恐怖の罰ゲームを回避できるのはどちらなのか!?

乗りたい時にアプリで予約。マンション専用オンデマンドバスの実験がスタート

シャトルバスとオンデマンドバスのハイブリッド運用する、マンション向け MaaSの実験が始まりました。

5Gでトンネルの建設現場はどう変わる? 作業員の安全・安心な工事環境の実現に向けた実証実験

作業員の安全管理を目的に、実際に建設中のトンネル工事現場で5Gネットワークを活用した実証実験が行われ、その結果について説明会が開催されました。

【あさってロボット会議】高桑蘭佳さん × 編集長 清田敢。ロボットは彼氏になれるのか?

// 「あさってロボット会議」にリダイレクトします。リダイレクトされない場合は以下URLをクリックして下さい。 【あさってロボット会議】高桑蘭佳さん × 編集長 清田敢。ロボットは彼氏になれるのか?

テクノロジーを“ディープ”に探求するエンジニアたちが思い描く夢のような7つの未来

2020年の幕開けに開催された技術カンファレンス「Deep Tech」。ソフトバンクやヤフーのトップエンジニアたちが集い、専門分野での取り組みを発表しました。 皆さんが利用しているさまざまなサービスや技術は、エンジニアたちの日々の地道な研究によって支え…

いよいよ自律走行バスが公道での運用をスタート!2020年4月から茨城県境町で国内初の実用化へ

国内初、自律走行バスが実用化へ。茨城県境町がSBドライブの協力のもと、2020年4月に公道での自律走行バスの定時・定路線運行を開始します。

いざ5Gへ 進化が続くモバイルネットワークに25年挑み続けてきたエンジニアの情熱とは?

スマホの普及でインターネットは常につながるの当たり前の時代、モバイルネットワークについてソフトバンク モバイルネットワーク本部で無線技術開発担当の安藤高任(あんどう たかとう)に話を聞きました。

【あさってロボット会議】「島耕作」作者の弘兼憲史さんとの対話。ただ便利なだけのロボットってつまらない?

// 「あさってロボット会議」にリダイレクトします。リダイレクトされない場合は以下URLをクリックして下さい。 【あさってロボット会議】「島耕作」作者の弘兼憲史さんとの対話。ただ便利なだけのロボットってつまらない?

船舶、自動車、鉄道がシームレスにつながる。東京・竹芝エリアで実施された「通勤者向けマルチモーダルサービス」実証実験

1月14日〜17日の4日間、東京・竹芝エリアで「通勤者向けマルチモーダルサービス」の実証実験が行われました。この実験は、2019年9月に東京都が公募した「MaaSの社会実装モデル構築に向けた実証実験」を受託した、MONET Technologies株式会社など7社による実…

エレベーターの乗降もらくらくクリア! 自律走行ロボット「Cuboidくん」を活用したサービスの実用化に向けてデモを実施

人手不足対策の一環として自律型走行ロボットの活用が期待される中、エレベーターの乗降など実用化に向けたロボットの自律移動のデモンストレーションが行われました。

【あさってロボット会議】羽生善治さんとの対話。愛されるロボットの作り方

// 「あさってロボット会議」にリダイレクトします。リダイレクトされない場合は以下URLをクリックして下さい。 【あさってロボット会議】羽生善治さんとの対話。愛されるロボットの作り方

【解説】ドローン活用で、雪山の遭難者をいち早く見つける「遭難者位置特定システム」

これまでの実証実験に使われたドローン 軽量で小回りが利き、操作が容易なドローンは、今やさまざまな産業で活用されていますね。中でも災害や事故が発生した際に飛行させたドローンから動画を撮影し、現場の状況の把握に役立てるなど、人が立ち入れない狭小…

インドネシアのリッポー・ヴィレッジのスマートシティ化を支援。 ─ AI、IoTを活用したソリューションで東南アジアのモデル地区に

インドネシア共和国最大の不動産会社であるリッポー・カラワチ社とソフトバンク株式会社が、AIやIoTを活用したソリューションによるインドネシアの都市開発で合意し、首都ジャカルタで共同会見を開催しました。

【Future Stride】どこでも“顔パス”時代到来。「顔認証」でスマートになるオフィス

// ビジネスの未来を発信するWEBマガジン「Future Stride (フューチャーストライド)」にリダイレクトします。 リダイレクトされない場合は以下URLをクリックして下さい。 どこでも“顔パス”時代到来。「顔認証」でスマートになるオフィス

長野県伊那市で始まる医療×MaaSの取り組み

2019年12月12日、長野県伊那市で「ヘルスケアモビリティ」を活用した医療×MaaSの実証実験が開始されました。 「ヘルスケアモビリティ」とは、医療機器などを搭載した車両のことで、車が患者の自宅などへ出向き、車内でオンライン診療ができるのが特長です。…

「誰もがロボットを使える社会を」若きロボット技術者が抱く夢

誰もが自分のロボットを持ち、自分の生活に取り入れていく、そんな世界を実現しようとしている技術者がいます。どんなロボットを実現しようとしているのか?今回は、ソフトバンク Chief Scientist室でロボットの研究開発をする沼井隆晃に話を聞きました。

ながら運転を未然に防ぐ「ドラレコを超えたドラレコ」ナウトのAI搭載ドライブレコーダーを体験してきた

12月に改正道路交通法が施行され、罰則が強化される「ながら運転」。社用車を保有する企業では、ながら運転を防止する「AI搭載ドライブレコーダー」の導入が進んでいるそうです。実際にドライブ体験してきました。

【あさってロボット会議】ホリエモン×冨澤CEO、同学年の2人が語るニッポンのロボットの未来

// 「あさってロボット会議」にリダイレクトします。リダイレクトされない場合は以下URLをクリックして下さい。 【あさってロボット会議】ホリエモン×冨澤CEO、同学年の2人が語るニッポンのロボットの未来

チケットの値段がリアルタイムで変わる。AIが価格を決める「ダイナミックプライシング」の仕組みを解説

AIが需要を予測して価格を決定する「ダイナミックプライシング」が、ホテルなどの宿泊施設やプロ野球などのスポーツイベントを中心に導入が進んでいます。複雑な価格設定を可能にしている仕組みを解説します。

5G時代に欠かせない“交通整理”役、大量の通信でもスムーズなネットワークの実用化に挑むSRv6担当者インタビュー

ソフトバンクでは5GやIoTの時代を見据え、膨大なトラフィックが発生するネットワークでのスムーズな通信を可能にするために、SRv6技術の標準化に取り組んでいます。SRv6はどんな技術なのか、どんな可能性があるのか、SRv6導入を担当するソフトバンクのパケッ…

SF映画の世界はもう実現している? ソフトバンク AI部門 部長とAI専攻学生の対談

あらゆるビジネスを変革し、根幹に関わるといわれているAI。社会にとってどのような存在になり、どのような役割を果たしていくのでしょうか。 ソフトバンク株式会社 IoT & AI技術本部の山田聡さんと、AIを研究している現役大学院生に話を伺いました。

データ農業が世界の食糧問題を救う?「e-kakashi」が挑戦する21世紀型の科学的農業とは

設置中のe-kakashi 今、高齢化などで深刻な労働力不足に陥っている日本の農業。後継者不足による自給率の低下は、日本のみならず世界の農業が抱える共通の課題ですが、その一方で、ロボット技術やICTなどの先端技術を活用し、超省力化や高品質生産などを可能…

高速道路が5G技術で進化する!? スマートハイウェイ実証実験 担当者インタビュー

ソフトバンクは2019年6月、5GやIoTを活用し、橋梁の健全性監視や、渋滞予測や車の速度検知といった安全で快適な高速道路を作るスマートハイウェイの実証実験を行いました。5Gが高速道路をどのように進化させるのか、責任者に話を聞きました。

【調査】端末に関係なく本格的なゲームが楽しめる「クラウドゲーミング」事情

5Gの本格的な普及を見据えて、いま注目を集めているクラウドゲーミング。ソフトバンクでも「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供することを発表しました。「通信」が鍵になるクラウドゲーミングの仕組みや特長を解説します。

医療格差のない世界へ。 メディカル・イノベーターの杉本真樹医師に聞く「5G×医療」の未来の可能性

遠隔ホログラム診療、オンラインロボット手術、モバイル医療など先端医療テクノロジーを活用する杉本医師に、医療の未来はどうなるのか、また来るべき5G時代に向けて、「医療×5G」の可能性を語っていただきました。

進化したライブ体験! 「DIVE XR FESTIVAL」から見る、バーチャルアーティストの〈これまで〉と〈これから〉

VTuberなどのバーチャルアーティストが集まるボーダレスなイベント『DIVE XR FESTIVAL supported by SoftBank』が、9月22・23日に幕張メッセで初開催。イベントの模様や、ライブ体験をさらに進化させる未来のテクノロジー、バーチャルアーティストがたどって…

拍手の量で自分のプレゼンスキルが分かる! VRで学ぶプレゼンテクニック

ソフトバンク社員が集合研修やeラーニングなどを通じてスキル習得する教育制度「ソフトバンクユニバーシティ」で、プレゼンテクニックを学ぶ「明日から使える!プレゼンテーション研修」にVRが導入されたとのことで取材しました。

創造するエンタメの未来。5Gを通じて誰も体験したことがないバスケ観戦を提案したソフトバンク5G戦略課 担当者インタビュー

ソフトバンクは、8月にさいたまスーパーアリーナで開催された「バスケットボール日本代表国際試合International Basketball Games 2019」で、5Gプレサービスを提供しました。 高速・大容量、低遅延、多接続といった特長を持つ5Gは、私たちの身近な楽しみの一…

新たな“エンターテック”を創り出せ! xRイベントから考える「エンタメ×テクノロジー」進化論

人気バーチャルシンガーやVTuber、AIたちが集結し、非日常的な世界を創り出す音楽の祭典「DIVE XR FESTIVAL supported by SoftBank」が、9月22日・23日に幕張メッセで開催されます。3人のキーパーションがイベントの魅力やエンターテックの未来について語り…

世界最先端のAI技術を事業に! ソフトバンクのAIエキスパート インタビュー

デジタルトランスフォーメーションに向けて、大きな変革期を迎えつつある今、ビジネスの進化を後押しすべくソフトバンクは世界最先端のAIを日本にいち早く展開しています。これからのAIの可能性や、ソフトバンクだからこそ実現できるAIの活用方法はどこにあ…

アリーナが目の前にやって来る? 5G × xRで実現する、未来のスポーツ観戦! バスケットボール男子日本代表戦レポート

「AKATSUKI FIVE」が挑む、バスケットボール日本代表国際試合で、ソフトバンクが5Gのプレサービスを提供しました。5G × xR(AR/VR)がもたらす、未来のスポーツ観戦をさいたまスーパーアリーナで体験したのでご紹介します。

ソフトバンクが成層圏に挑戦する理由 − 無人飛行機で成層圏に基地局を。「HAPS」

成層圏を飛行し続ける無人飛行機が基地局となり、モバイル端末に対する電波を届ける、そんな未来が近づいています。2019年4月、ソフトバンク株式会社は、子会社であるHAPSモバイル株式会社を通して「HAPS(High Altitude Platform Station)」事業を展開し、…

国内最大級の野外ロックフェスで「5Gプレサービス」を提供! ソフトバンク モバイルネットワーク本部 担当者インタビュー

国内最大級の野外ロック・フェスティバル「FUJI ROCK FESTIVAL '19」で、音楽フェスでは日本初となる「5Gプレサービス」が提供されました。ネットワーク構築に携わった香川成矢に、5Gの取り組みや、自身がソフトバンクで描くキャリアについて話を聞きました。

5Gなしでは実現しなかったヤフオクドームでのマルチアングルVR観戦実験。ソフトバンクVR事業推進課 担当者インタビュー

2020年の商用サービス開始を控えた次世代のモバイル通信技術「5G」。2019年3月に福岡 ヤフオク!ドーム(ヤフオクドーム)にて「マルチアングルVR観戦 実証実験」への取り組みについて、プロジェクトリーダーに聞いてみました。

災害の怖さをバーチャル体験できる「VR防災体験車」レポート! 消防士のエースに聞く、災害時の4つの備えとは

臨場感ある体験で危機意識を喚起する360度視界の「VR防災訓練」とはどのようなものなのか、東京消防庁・本所防災館でVR防災体験車を体験してきました。また、現役消防士の若手エースから聞いてきた、万一に備えた防災の心得もご紹介します。