IT&みらい ~未来を感じてワクワクする~

IT&みらい
~未来を感じてワクワクする~

ワクワクする未来をちょっとだけ先取り。話題のガジェットや最新テクノロジーを分かりやすく紹介します。
5G DX AI ドローン VR AR FR IoT ロボット Pepper クラウド フィンテック モビリティ 自動運転 解説

スマホを持って、いざ東京のまち歩きへ! ARでアートを楽しみ、歴史も学べる東京ビエンナーレ

以前ソフトバンクニュースで2回にわたって紹介した国際芸術祭「東京ビエンナーレ2020/2021」が7月10日よりスタート。5G技術を活用したデジタルコンテンツも見どころの本芸術祭を実際に体験してきました!有名な建物や公共施設にある展示アート越しに作家らが…

テクノロジーの実験場「東京・竹芝」は未来への入り口。「ちょっと先のおもしろい未来」を体験するイベントに行ってきました

2021年7月3日・4日に東京・竹芝で、これから少し先の未来のライフスタイルを変えていくであろうテクノロジーが集結したイベント「ちょっと先のおもしろい未来」(ちょもろー) が開催されました。

ソフトバンクが思い描く未来の通信・ネットワークの姿とは? オンラインイベント「ギジュツノチカラ Beyond 5G/6G編」

2020年3月より本格サービスが開始された5G。皆さんの日常にも少しずつ5Gが届きつつありますが、実はさらにその先、次世代規格「Beyond 5G/6G」に向けた研究がすでに始まっています。 2021年7月14日、ソフトバンクの技術展「ギジュツノチカラ Beyond 5G/6G…

「進撃の巨人」の巨人が都心でラジオ体操!? AR三兄弟 川田十夢さん特別インタビュー

AR三兄弟/開発者の川田十夢(かわだ・とむ)さんに、特別インタビュー。自身が「東京ビエンナーレ2020/2021」作家として携わる「都市と経験のスケール」の制作過程で活用した技術や作品への思い、そして「5G LAB」とAR三兄弟のコラボ作品「進撃の巨人」ARア…

町全体が芸術作品に!? 地域×AR×アートで新しい「まち」体験をもたらす東京ビエンナーレ

7月10日から9月5日に開催される東京のまちを舞台にした国際芸術祭「東京ビエンナーレ2020/2021」。作家らによるARアートの発表や会場で行われたアート体験の様子を取材してきました。

「テーマパークで地元の友だちによく合う日がある?」 統計データからわかる意外な人の流れ

新型コロナウイルス感染拡大以降、繁華街などの人出の増減に関するニュースを見かける中で、「人流」という言葉を耳にする機会も増えましたね。この「人流」とは「人がいつ、どこに、何人いるのか」「人がどこからどこへ移動しているのか」といったデータの…

カーボンニュートラルとは? 脱炭素社会を実現するべき理由や世界の動き、企業の取り組みを専門家が解説

脱炭素社会に向けて、日本政府も2050年までの実現を宣言している「カーボンニュートラル」。気候科学研究者 江守正多さんにカーボンニュートラルの意味や実現に向けた世界の動き、企業の取り組みについて教えてもらいました。

場所に縛られない働き方へのさらなる前進。ソフトバンクの押印電子化プロジェクト

デジタル化推進で「脱ハンコ」の取り組みが進んでいます。 ソフトバンクでは電子契約システムの導入で押印電子化100%を目指しています。

信号と連動して道路を横断。エレベーターで別フロアに配達。竹芝で進む配送ロボット実証実験

ソフトバンク本社がある竹芝エリアでは、スマートシティの実現に向け、最先端のテクノロジーを活用したロボットに関するさまざまな取り組みがされています。

情報格差のない世界の実現を目指して。世界15カ国・35企業からHAPSアライアンスメンバーが集結

地上約20キロメートル。天候の影響を受けない成層圏という上空を飛ぶ無人航空機に基地局を設置して、災害時でも途絶えない、安定的な通信サービスの提供を目指しているソフトバンク子会社のHAPSモバイル株式会社。HAPSモバイルも設立メンバーとして参加する…

人の動きとアバターを連動させたデジタルアート。インタラクティブな動作の実現に5Gを活用

ソフトバンク株式会社と株式会社乃村工藝社は5Gを活用して、インタラクティブに動作するデジタルアートを共同制作しました。ソフトバンク株式会社が大阪市などと協力して運営する施設「5G X LAB OSAKA(ファイブジー・クロス・ラボ・オオサカ)」で展示中で…

CO2吸収量の見える化で緑化活動を支援。21世紀の “カカシ” が目指す地球にやさしい環境

写真の中でポツンと立っているのは21世紀の「カカシ」。周囲の環境データからCO2吸収量を推定して、効率的な #緑化活動 につなげています。システム開発担当者にその仕組みを説明してもらいました。

ESG・ESG投資とは? SDGsとの違いと企業の長期的な成長に不可欠な理由、成功事例などを専門家が解説

ESGの専門家 夫馬賢治さんに取材し、これからの企業の成長におけるESGの重要性や、流行している「ESG投資」とこれまでの投資の違い、一歩先を行く国内企業の事例などについて教えていただきました。

ビジネスを変革するDXとは? 定義やメリット、国内外の成功事例を専門家が解説

ビジネスを変革するDXの定義や国内外の成功事例、社会にもたらす影響について、日本デジタルトランスフォーメーション推進協会理事の森戸裕一さんに教えていただきました。

STEAM教育に『R』を。失敗から学びを高めていく、これからの時代の探究型学習

Society5.0の到来に向け、子どもたちが未来を生き抜く力を身に付けるための教育方針が掲げられ、教育現場では新たな取り組みが行われています。 人型ロボット「Pepper」を使った教育事業を推進しているソフトバンクロボティクスの担当者に、STEAM教育の発展…

光を駆使した未来の通信への第一歩。「トラッキング光無線通信技術」の実証実験成功で広がる通信の可能性

2021年3月18日、ソフトバンク株式会社と株式会社ニコンが光無線通信の新技術に関する記者説明会を開催。世界で初めて実証に成功した「トラッキング光無線通信技術」の合同実証の概要説明と、新技術のデモンストレーションを行いました。

“次世代電池” こそが、イノベーション進化のキーテクノロジー。ソフトバンクが電池を開発する理由

電気自動車やIoTデバイスのキーテクノロジーは電池。ソフトバンクが取り組む次世代電池の開発について、担当者が解説します。

もっと知りたい5Gのこと。「パブリック5G」「ローカル5G」「プライベート5G」

もっと知りたい5G。「パブリック5G」「ローカル5G」「プライベート5G」の仕組みと特長を解説します。

人の移動を大きく変える「MaaS(マース)」とは? 意味やメリット、国内外の最新トピックを専門家が解説

次世代の移動の概念「MaaS(マース)」。MaaS Tech Japanの日高洋祐さんに、MaaSとはいったい何なのか、私たちの生活にどう影響するのか、最新事例などを解説してもらいました。

人間がよりクリエーティブな仕事に専念できるビジネス環境を作りたい。AIエンジニアインタビュー

年々需要が高まり普及が広まってきているAI。ソフトバンクでもさまざまな部門の業務にAIが活用されています。実際はどのようなところでAIが使われていているのか、またAI技術者の育成などについて、ソフトバンクの社内システムのAI化を担う、AIエンジニアリ…

テレビ業界にもDXの波が到来。現場からリモートで番組制作・配信できる「次世代放送プラットフォーム」が注目される理由

ロケ・収録ができない。編集スタッフが出社できない。 コロナ禍でテレビ局が直面した番組づくりの危機をどう乗り越えてきたのか? 5G 時代の新しい番組制作について聞いてきました。

より多くの人に5Gを使ってもらうために。ソフトバンクが取り組む5Gエリアの拡大

SoftBank 5G のサービスエリアマップが更新。5Gのエリア拡大の取り組みや戦略について、ソフトバンクのモバイルネットワーク戦略の担当者に話を聞きました。

内科医でYouTuberのドクターハッシーさんに聞く、医療&ヘルスケアのデジタル化。オンライン健康医療相談サービス「HELPO」で解消できることとは?

医療系YouTuberのドクターハッシーさんに医療&ヘルスケアのデジタル化と健康医療相談アプリ「HELPO」への期待について伺いました。

安全な自動運転走行を可能にする高精度測位サービス「ichimill」。技術者インタビュー

CMなどでよく目にするようになった自動運転。本当に安全なのか、気になったことはありませんか? 自動運転における要のひとつが「位置情報」で、誤差が少なければ少ないほどよいもの。自動運転技術の一端を担う、誤差数センチメートル以内の高精度な測位を可…

Society 5.0の実現を加速させる最先端のテクノロジー。第3回Deep Tech開催レポート

2021年1月13日、IT・モバイル技術を中心としたソフトバンクのTechカンファレンス「第3回 Deep Tech」がオンラインで開催されました。今回の開催テーマは「The Way 〜道〜」。ITのトップエンジニアやソフトバンクのテクニカルマイスターから、それぞれの専門…

トップエンジニアが思い描く、コロナ禍よりもっと先の未来。第3回Deep Techの見どころをご紹介

ソフトバンクでは、2021年1月13日に、IT・モバイル技術を中心としたソフトバンクのTechカンファレンス「第3回Deep Tech」をオンラインで開催予定です。ITのトップエンジニアやソフトバンクのテクニカルマイスターが登壇します。どんな話が聞けるのか、開催前…

40年の時を経て、大人たちの夢が現実に。全高18mの「動くガンダム」が動き出す瞬間 at GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

横浜で12月19日からオープンする「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」で、大迫力の「動くガンダム」を間近で見学。コクピットのVR試乗体験もしてきました。

船がテクノロジーで進化する瞬間がここに。衛星通信や高精度測位で変わる、海上DXのミライ

海上DXと銘打ち、電気推進(EV)船の開発を行う株式会社e5ラボが大規模な実証試験を実施。ソフトバンクの通信技術で船内のネットワーク環境整備を図り、船内でネットワークを利用するサービスと連携させることで、新たな事業や価値創造への道筋を示しました。

投球の軌跡をビジュアル化。FR SQUAREの映像解析の仕組みを解説

さまざまなアングルから撮影された映像を自由に切り替えて映像コンテンツを楽しむことができる「FR SQUARE」では、映像解析システムの導入により、投手の球速や投球軌跡などがビジュアルで表示される「投球トラッキング映像」の視点を見ることができます。 …

雲上の基地局「HAPS」。無人航空機の成層圏テスト飛行とスマホ同士の通信に世界で初めて成功

ソフトバンクの子会社HAPSモバイルが、無人航空機の成層圏でのテスト飛行とスマホ同士の通信に世界で初めて成功しました。二つの大きな取り組みを紹介します。

パケ詰まりの原因と対処法は? パケ詰まりに強い5Gネットワークを担当者が解説

人が多い場所にいると圏外でもないのに、携帯電話のインターネットにつながらないという経験をしたことはありませんか? それ、もしかしたら「パケ詰まり」かもしれません。 その原因や対処法をソフトバンクのエンジニアに聞いてみました。

5Gで企業のビジネス創出魂に火をつけろ! 大阪市にイノベーション拠点「5G X LAB OSAKA」がオープン

大阪市に #5G の技術検証や最先端技術が体験ができる「5G X LAB OSAKA」がオープン。5Gを活用した遠隔操作システムや、AR・VR映像の展示・体験コーナーなど、企業のイノベーション拠点として期待されています。

スマートモビリティを羽田から世界へ。⾃律⾛⾏バス「NAVYA ARMA」の定常運⾏がスタート

2020年9月18日、国⼟交通省からスマートシティのモデルプロジェクトに選定された、羽田空港に隣接する「HICity」において、⾃律⾛⾏バス「NAVYA ARMA (ナビヤ アルマ)」(仏Navya社製)の定常運⾏がスタートしました。当日の運行開始セレモニーの模様と、…

危険な場所の点検もドローンにお任せあれ。「SoraSolution」のフライト現場を徹底追跡

空撮や人の目の届きにくい高い所での点検作業など、ドローンの活用が進んでいます。ソフトバンクでは企業が簡単にドローンをビジネスに活用できる「SoraSolution(ソラソリューション)」を提供中。このサービスはどのように活用されているのでしょうか。先…

「充電し忘れ」がなくなる未来。若き研究者が語るワイヤレス充電の可能性

私たちの生活で使っているモノに、ワイヤレス充電の技術がもう活用されているのをご存知ですか? 技術がさらに進化すると、便利な未来の生活が実現するとか。そんなワイヤレス充電について、聞いてみました。

スマホをかざすとタレントやキャラクターが出現するのはなぜ? 「AR SQUARE」開発者にその仕組みを聞きました

実際の風景に人物やキャラクターを合成することができるAR。ソフトバンクが提供する「AR SQUARE」では、どのような仕組みで、そこには存在しないものを目の前にいるかのように出現させることができるのか。映像撮影や映像生成の仕組みについて、AR SQUAREの…

未来のエンターテインメントや5Gの先の世界を体験。ソフトバンクの最先端技術に触れられる技術展「ギジュツノチカラ」

8月21日、Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)の記者発表会でアナウンスされた、ソフトバンクのさまざまな最先端技術やエンターテインメントを体感できる技術展「ギジュツノチカラ」。バーチャル体験ができる特設サイトの公開に先立ち、メディア向けに公開さ…

MONETが用途にあわせてレイアウトを組み替えられるMaaS向け車両を発表。新型コロナを受けて開発した、人との接触や換気に配慮した装備も

ソフトバンクやトヨタ自動車などの共同出資会社であるMONET Technologiesは8月27日、MaaS(Mobility as a Service)向けの架装車両や架装キットを提供する「MONET MaaSコンバージョン」の第1弾として、車内のレイアウトを変更してさまざまな用途で活用できる…

複数視点をスムーズに切り替えられる理由は? 「FR SQUARE」開発者に解説してもらいました

あらゆる角度をカメラで捉え、視点を自由に切り替えて映像コンテンツを楽しむことができる「FR SQUARE」。このFRの映像はどのように撮影・配信されているのか、開発担当者にインタビューしました。

バーチャル空間でバスケ仲間とつながる絆! コロナ禍で生まれた新たな観戦スタイル

8月16日(日)、日本バスケットボール協会(JBA)主催により、競技やカテゴリーの垣根を超えたオールバスケットボールのエキシビション「BASKETBALL ACTION 2020 SHOWCASE」が開催。そこで、Bリーグのトップパートナーであるソフトバンクが、withコロナ下で…

全フロアを5G化。「Mixalive TOKYO」からウィズコロナ時代の新しいエンターテイメントを

8月21日、多種多様なLIVEエンターテインメントを世界に発信する複合施設ビル「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」(東京都豊島区)を運営する講談社が記者発表会を開催。「Mixalive TOKYO」は、ウィズコロナ時代において技術パートナーとして迎えたソフト…

技術の力でバーチャルをよりリアルに! 「VR SQUARE」開発者インタビュー

ライブやコンサートなどを臨場感あふれるVR映像を提供している「VR SQUARE」は、開発者のこだわりの技術がふんだんに使われています。どのような技術でVR映像を提供しているのか、開発担当者にインタビューしました。

なぜネット社会で誹謗中傷が起きるのか。専門家に聞くコメントマナーと、Yahoo!ニュースのAI活用最前線

専門家への取材を元に、これからのネットリテラシーの基礎を解説。またYahoo!ニュースが取り組んでいるAI(人工知能)を活用した不適切コメントへの対策について紹介します。

新たなユーザー体験やビジネスの創出へ。東芝主催の共創アクセラレータープログラムの協業検討企業にconect.plusが選定

新たなユーザー体験やビジネスの創出を目的とした、東芝主催のスタートアップ向けの共創プログラムに、IoTデータの可視化サービスを提供するconect.plusが選定されました。

通信がクラウドゲーミングを変えていく。究極の低遅延にこだわる「GAME SQUARE」開発者インタビュー

6月10日に正式サービスが開始された「GeForce NOW Powered by SoftBank」。なぜ、ソフトバンクがクラウドゲーミングサービスを開始したのか。そして、これからゲームと5Gがどのような融合を見せるのか。開発担当者に話を聞いてきました。

【Future Stride】DX塾:須藤憲司「DX」と「デジタル化」の違い、わかりますか?

// ビジネスの未来を発信するWEBマガジン「Future Stride (フューチャーストライド)」にリダイレクトします。 リダイレクトされない場合は以下URLをクリックして下さい。 DX塾:須藤憲司「DX」と「デジタル化」の違い、わかりますか?

未来の暮らしが詰まった、“ほぼ”タワーマンション「スマートレジデンス」! ガジェット系YouTuberが一日体験

この夏、「東京ポートシティ竹芝 レジデンスタワー」が誕生。さまざまなIoTサービスや最先端のテクノロジーが詰まった未来の生活を、ガジェット系YouTuber・KICSことイマムラケンタさんがレポートします。

【Future Stride】わずか、0.5秒。「AI温度測定」が人々の安全を守る

// ビジネスの未来を発信するWEBマガジン「Future Stride (フューチャーストライド)」にリダイレクトします。 リダイレクトされない場合は以下URLをクリックして下さい。 わずか、0.5秒。「AI温度測定」が人々の安全を守る

プログラミング教育の目的はエンジニアリング思考を身に付けること。子ども向け学習アプリ開発チームリーダーにインタビュー

技術革新が続く現代社会。文部科学省は、IT人材育成の対策として、2020年度から小学校でのプログラミング教育を必修化し、1人1台学習用の端末を持つ環境を目指す「GIGAスクール構想」を打ち出しました。スマートフォンの普及やAI(人工知能)の発達により今…

快挙! 5Gを活用したトラックの隊列走行実験に関する論文が、学会の論文賞と最優秀論文賞を同時受賞

5Gを活用したトラックの隊列走行実験の論文が、学会の論文賞と最優秀論文賞を同時受賞。ソフトバンク社員が共同で執筆しました。