ソフトバンクのこと ~こんな活動しています~

ソフトバンクのこと
~こんな活動しています~

事業、働く人、CSRの取り組み、決算レポートなど、ソフトバンクのいろいろな活動を紹介します。
決算説明会 株主総会 記者会見 孫正義 宮内謙 SDGs サステナビリティ DX 働き方 テレワーク 通信エリア スマートビル 復興支援 シェアリング CSR

保護者の心配を軽減したい。「タッチでメール」が「日本子育て支援大賞2024」を受賞

2024年7月12日に「日本子育て支援大賞2024」表彰式が開催され、ソフトバンクのあんしんみまもりサービス「タッチでメール」が受賞しました。 今年話題になった子育てに関するトレンドが一堂に。「タッチでメール」はモノ・サービス部門で受賞 「日本子育て支…

ソフトバンク初の「AWS Top Engineers」が誕生。未経験から「AWS Jr. Champions」に選出された社員も

AWS(Amazon Web Services) のパートナー企業のエンジニアに贈られる「2024 Japan AWS Top Engineers」と「2024 JAPAN AWS Jr. Champions」を、ソフトバンクの社員2名が受賞しました。「Japan AWS Top Engineers」の受賞は初めてとなります。クラウドサービ…

Pepperが朝日環境大臣政務官を表敬訪問。「環境月間」の啓発活動を報告

ソフトバンクロボティクス株式会社の人型ロボット「Pepper」は、2024年6月27日に朝日健太郎環境大臣政務官を表敬訪問しました。 6月5日の「環境の日」にも環境省を訪問していたPepper。環境省のネイチャーポジティブキャラクターの「だいだらポジー」、環境…

より安全で迅速な通信復旧を。半年前の教訓をもとに臨む大規模防災訓練

2024年6月、ソフトバンクの通信ネットワークを保守・運用管理する部門ならびに協力会社メンバーによる、防災訓練が関東地区で実施されました。2024年1月の能登半島地震における復旧対応の経験を受け、より安全で迅速に復旧させるために、防災対策の内容も日…

先端テクノロジーと共生する社会を見据えた地域の人材育成を。熊本大学、熊本トヨタ株式会社と連携協定を締結

熊本大学、熊本トヨタ株式会社およびソフトバンクは、ロボットやAIなどと共生する将来の社会で活躍する人材の育成を目指し、教育・学習・研究機会を創出することを目的とした3者による連携協定を2024年6月26日に締結しました。

球場が白一色に! 20年の時を経て「白のキセキ 2024」が東京ドームで開催

2024年7月2日、「白のキセキ 2024 in 東京」が開催されました。20年ぶりの開催となる「白のキセキ」は4月20日の福岡を皮切りに、5月22日には大阪で、そして今回の7月2日は東京で行われ、会場となった東京ドームにはソフトバンクグループ各社の社員とその家族…

苦手や困りごとを抱える子どもの “ひとりでできる” を増やす。行動手順を視覚化するアプリを先生たちが体験

大阪府守口市の小学校教員が参加する「守口市教育研究会 支援教育小学校部会」で、日常生活に困りごとを抱える子どもをサポートするスマホアプリ「アシストガイド」を体験するワークショップが行われました。

デジタル技術と地域の情報を掛け合わせ行政サービスの向上を。愛知県東浦町と包括連携協定を締結

愛知県東浦町とソフトバンク株式会社は、ICTソリューションや先端技術などを活用して、住⺠サービスの向上と効率的な行政の実現を目指し、2024年6月20日に包括連携協定を締結しました。

竹芝でもヤクルト VS ソフトバンク戦! プロ野球ライブビューイングに総勢330名が集結

2024年6月12日、「日本生命セ・パ交流戦 東京ヤクルトスワローズ VS 福岡ソフトバンクホークス」のライブビューイングイベントが東京ポートシティ竹芝 ポートホールで開催されました。なんと、今年はスペシャルゲストに元プロ野球選手の内川聖一さんをお迎え…

AI、クラウド、データ活用… 変化する働く環境と、企業を支えるソフトバンクのネットワークソリューション

この数年でオンライン会議やコミュニケーションツールなどアプリやクラウドサービスが広く普及し、利用に不可欠なネットワークサービスもまた進化を遂げています。企業へネットワークサービスを提供するソフトバンクの担当者に、これからの業務環境やネット…

全国1,600平方メートルで植樹。地域に根ざした生物多様性の保全を

ソフトバンク株式会社は、生物多様性を保持するための活動の一環として、森林保全を目的とした植樹などを行っています。2023年は北海道富良野市をはじめ、5拠点で約1,600平方メートルに相当する植樹などの森林保全活動を実施しました。

人工超知能「ASI」の実現がソフトバンクグループの使命 -ソフトバンクグループ株式会社 第44回定時株主総会

2024年6月21日、ソフトバンクグループ株式会社の第44回定時株主総会が開催。 代表取締役 会長兼社長執行役員の孫正義が議長を務め、報告事項、決議事項議案、事業戦略の説明と質疑応答を行い、2つの議案について決議が行われました。

大きな災害を経験した地域だからこそ備えを。熊本県と災害時の相互連携に関する協定を締結

兵庫県西宮市にある武庫川女子大学とソフトバンクは、2024年5月31日に産学連携協定を締結しました。持続可能な社会の実現に向けてSDGsの推進や地域創生などを目的とし、ICT等を活用した次世代デジタル人材育成や地域課題の解決などに取り組んでいきます。

AIとの共存社会を支えるテクノロジー企業として、さらなる成長を目指す -ソフトバンク株式会社 第38回定時株主総会

6月20日10時より、ソフトバンク株式会社 第38回定時株主総会が開催されます。この模様がライブ配信されますので、ぜひご覧ください。 他にも、ソフトバンク公式サイトや公式SNSでライブ中継されます。

AIで検索の常識が変わる! AI検索エンジン「Perplexity」と戦略的提携を発表

6月17日、ソフトバンク株式会社は米サンフランシスコ発の生成AI系スタートアップとして注目を集めるPerplexity(パープレキシティ)社との戦略的提携について記者発表会を開催。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOのお客さま向けに、新時代のAI検索エンジン…

地方創生事業を通じて、地域を活性化できる人材の育成を。武庫川女子大学と産学連携協定を締結

兵庫県西宮市にある武庫川女子大学とソフトバンクは、2024年5月31日に産学連携協定を締結しました。持続可能な社会の実現に向けてSDGsの推進や地域創生などを目的とし、ICT等を活用した次世代デジタル人材育成や地域課題の解決などに取り組んでいきます。

陸地からの復旧活動が困難な場合に備える。海上から通信機材を届ける合同災害訓練を海上保安庁と実施

いつ発生するか分からない大規模災害。地震などの災害では通信ネットワークにも多大な被害が発生し、お客さまが利用する通信サービスに影響が出る場合があります。ソフトバンクは陸地からの復旧活動が困難な場合に備え、海上保安庁と災害協定を締結。必要な…

圧倒的な突破力の物語『志高く 孫正義正伝』。編集者が読み解く人生と仕事へのヒント

1987年からソフトバンクグループ代表 孫正義の密着取材を続け、その軌跡をさまざまなエピソードを織り交ぜて丹念に記録し続けてきた井上篤夫氏の書籍『志高く 孫正義正伝 決定版』の文庫本が、2024年4月に発売されました。初版から20年が経ちますが、版を重…

「DEALWATCH AWARDS 2023」でソフトバンクの「第1回社債型種類株式」が株式部門で「Innovative Equity Deal of the Year」を受賞

ロンドン証券取引所グループの「DealWatch」が主催する「DEALWATCH AWARDS 2023(ディールウォッチ・アワード 2023)」で、ソフトバンクが「Innovative Equity Deal of the Year」を受賞しました。 5月22日、授賞式がホテルオークラ東京(東京都港区)で行わ…

4年連続! ソフトバンクが「DX銘柄2024」に選定されました

2024年5月37日、経済産業省、東京証券取引所および独立行政法人情報処理推進機構による「デジタルトランスフォーメーション銘柄2024」(以下「DX銘柄2024」)※に、ソフトバンクが選定されました。 ソフトバンクが「DX銘柄」に選定されるのは、4年連続で、情…

ソフトバンクの「もう一つの顔」とは。課題解決のプロ集団、法人部門の強さの理由が書籍に

ソフトバンクの法人部門について書かれた書籍『ソフトバンク もう一つの顔 成長をけん引する課題解決のプロ集団』が2024年4月に発売されました。発売後、丸善 丸の内本店の「ビジネス書」(2024年4月18日~24日集計分)、紀伊國屋書店 梅田本店の「社会」(2…

DXとICTの力で教育現場を変革。国内最大級の教育総合展「EDIX東京2024」にソフトバンクが出展

学校・教育機関や、企業の人事・研修部門など教育に関係者に向けた日本最大級の教育分野の展示会「EDIX(教育総合展)東京2024」が、2024年5月8〜10日の3日間、東京ビックサイトで開催されました。その展示会にソフトバンクがブースを出展し、教育に関するさ…

ビルのスマート化が建物の新たな付加価値に|SoftBank SDGs Actions #26

「すべてのモノ・情報・心がつながる世の中を」というコンセプトを掲げ、SDGsの実現に向けて取り組んでいるソフトバンク。「SoftBank SDGs Actions」では、いま実際に行われている取り組みを、担当社員が自らの言葉で紹介します。26回目は、オフィスビルなど…

純利益、投資損益が改善。将来的な成長拡大のためのAI投資に取り組む -ソフトバンクグループ株式会社 2024年3月期 決算説明会レポート

2024年5月13日、ソフトバンクグループ株式会社(以下「SBG」)の2024年3月期 決算説明会が開催され、取締役 専務執行役員 CFO 後藤芳光が連結業績と今後の方針について説明しました。 冒頭、2023年度を振り返り「一番大きなイベントはやはりアームのIPO。202…

週20時間未満でも働ける「ショートタイムワーク」。障がい者の就労機会が拡大

2030年には600万人を超える人材が不足すると言われている日本※。一方で、働きたいという意欲はあるけれど、思うように働くことができない人も多くいます。ソフトバンクは、障がいにより長時間勤務が難しい人を対象に、週20時間未満から就業できる「ショート…

SKテレコム、CSES、ソフトバンクの3者が社会的価値の測定に関する基本合意書を締結

韓国の大手移動通信事業者 SK Telecom Co., Ltd.(以下、SKテレコム)、韓国の社会的価値分野の研究機関CSES(Center for Social value Enhancement Studies)、ソフトバンクの3者は、社会的価値の測定および3者が共同運営するプロジェクトの相互協力のための…

売上高は過去最高、全セグメントで増益。中期経営計画の達成と成長投資の両立を目指す -ソフトバンク株式会社 2024年3月期 決算説明会レポート

2024年5月9日、ソフトバンク株式会社の2024年3月期 決算説明会が開催され、代表取締役 社長執行役員 兼 CEOの宮川潤一が2023年度の業績や2024年度の業績予想および中期経営計画の目標や進捗、次世代社会インフラの構築に向けた取り組みなどについて説明しま…

実務につながる学習支援をAIで。Google Cloud の「生成AI Innovation Awards」でソフトバンクが最優秀賞を受賞

Google Cloud の生成AI技術を活用した取り組みを競う「生成AI Innovation Awards」で、ソフトバンクがエントリーした「生成 AI/カスタムプロンプトを利用した学習から業務活用をつなぐ協調学習支援」が最優秀賞を受賞。評価されたポイントなどを担当者に聞…

「モノ売り営業」ではなく「コト売り営業」でお客さまの課題解決を 〜 最前線で働く社員 Vol.3 〜

最前線で働くソフトバンク社員に密着し、現場で活躍する姿を紹介する本シリーズ。ソフトバンクでは、社員を「資本」として捉え、社員の成長が組織の進化につながるという考えのもと、人材戦略を推進しています。第3回は、大阪府の事業所で働く法人営業職の入…

森林保護活動を通じて、自治体と共に取り組むネイチャーポジティブ。山形県西川町と事業連携協定を締結

山形県西川町とソフトバンクは、ネイチャーポジティブや脱炭素化の実現に向けた森林保護における課題解決と、町民が安心して豊かに暮らすことのできる社会の構築を目指し、2024年4月15日に事業連携協定を締結しました。

お客さまの声を具体的な改善アクションに。ソフトバンクが取り組むCX改善活動

皆さんは自分が使っているサービスや製品についての要望や感想を、それを提供している企業に伝えたことはありますか。ソフトバンクには、お客さまからのご要望やご意見などを集約して改善活動を行う専門の部署があります。最近開設されたウェブサイト「ソフ…

17歳の高専生がソフトバンクニュースのライターに。公開までの4カ月間の軌跡を振り返る

ソフトバンクは、社会を切り開くデジタル人材や起業家の育成を目指す私立高等専門学校「神山まるごと高専」のスカラーシップパートナーとして2022年から参画し、教育プログラムの提供など学生たちの学びを支援しています。先日公開された、ソフトバンク奨学…

「お父さん」と「ふてニャン」と一緒にお出かけ気分♪ ソフトバンクとワイモバイルのショッピングバッグがリニューアル

“ソフトバンク” と “ワイモバイル” の店舗で使用しているショッピングバッグが、この春リニューアル。ほのぼのした「お父さん」と「ふてニャン」のイラストが入り、100%リサイクル素材のナチュラル感のあるものになりました。デザインに込められた思いとは?…

日本政策投資銀行の健康経営格付で最高ランクの格付けを取得

ソフトバンクは、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が実施する、従業員への健康配慮の取り組みが優れた企業を評価・選定する「DBJ健康経営格付」において、最高ランクの格付けを取得し、融資を受けました。

持続可能性における優れた取り組みが評価。S&P Global社 「The Sustainability Yearbook」で世界の上位10%に選定

ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、世界的な調査・格付け会社である米国のS&P Global社が行ったサステナビリティ格付け「The Sustainability Yearbook - 2024 Rankings」において世界の「上位10%」に選定されました。4月9日に授賞式が開催され…

大学などと連携して社会課題の解決に取り組む「ソフトバンク社会貢献プログラム 産学連携プロジェクト」を発足

ソフトバンク株式会社と全国の大学などが連携して社会課題の解決に取り組むコンソーシアム「ソフトバンク社会貢献プログラム 産学連携プロジェクト」が2024年3月28日に発足しました。本プロジェクトは、全国の大学などと連携して、地域の社会課題の解決に向…

スマホのことを気軽に聞ける移動型スマホ教室や相談窓口を開設。福岡県田川市と事業連携協定を締結

福岡県田川市とソフトバンクは、市民のデジタルデバイド解消に向けた取り組みを強化するため、スマートフォンなどのデジタル機器を活用した新しいライフスタイルの定着を目指し、2024年3月28日に新たな事業連携協定を締結しました。

この春、新入社員がソフトバンクグループに仲間入り。AIやデジタルの力で社会の変革を目指す志を宣言

2024年4月1日、2024年度ソフトバンクグループ新入社員入社セレモニーとソフトバンク株式会社入社式がそれぞれ行われました。ソフトバンクグループ株式会社 代表取締役 会長兼社長執行役員 孫正義や、ソフトバンク株式会社 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮…

通信事業者のノウハウを生かし、愛媛県宇和島市のデジタルデバイド解消を支援する連携協定を締結

愛媛県宇和島市とソフトバンクをはじめとする通信事業者3社は、市民の皆さんがデジタル化の利便性を実感できる地域を実現するための連携協定を、2024年3月26日に締結しました。

若きアスリートの世界への挑戦を応援! プロゴルファーの星野陸也選手、吉田優利選手とスポンサー契約を締結

2024年3月、ソフトバンクがプロゴルファーの星野陸也選手、吉田優利選手とのスポンサー契約を締結することが発表されました。ソフトバンクとスポーツとの関わりというと、代表的な例はプロ野球チームの福岡ソフトバンクホークス。さらに近年では、プロバスケ…

社会実装につながる学びのカタチを。神山まるごと高専を支援するソフトバンクの思い

ソフトバンクでは、神山まるごと高専のスカラーシップパートナーとして、ソフトバンク奨学生と一緒に、新しい学びとその環境を提供しています。なぜソフトバンクはその学びを提供することに決めたのか、ソフトバンクと神山まるごと高専の関係についてその奨…

LINEMOがオリコン顧客満足度調査で2年連続の1位受賞。ワンチームで挑むNPS向上への取り組み

ソフトバンクが提供する携帯電話のオンライン専用ブランド「LINEMO」が、「2023年 オリコン顧客満足度®ランキング」の <キャリア格安ブランド>において2年連続で1位を受賞しました。サービス開始から約3年、ワンチームで取り組み続けてきたNPS®(Net Promo…

誰もがデジタル技術の恩恵を受けられる那覇市に。デジタルリテラシー向上への連携協定を締結

沖縄県那覇市とソフトバンクは、市民のデジタルリテラシー向上を支援するための事業連携協定を、2024年3月21日に締結しました。情報化社会の高度化が進む中、那覇市では、ICTを活用し誰もがデジタル技術の恩恵を受けることができる社会の実現を目指していま…

未来を切り拓く新世代の先駆者たち。内定者が思い描くソフトバンクで実現したいこと

間もなく新年度。ソフトバンクでも4月から期待に満ちあふれた新入社員を迎えるべく準備が進められています。昨年10月に内定式が行われてから約半年。その間、学生たちがどのような気持ちで過ごしてきたのか、どのような社会人を目指しているのか、代表して11…

22年の歴史に幕。赤い袋で一世を風靡した「Yahoo! BB ADSL」が切り拓いた日本のブロードバンド

2001年、全国の街中で無償で配布されたこの赤い袋に、見覚えのある方もいますよね。当時配布された袋はなんとX枚にも上ります。この赤い紙袋に入ったADSLモデムが日本全国で設置され、自宅で電話回線を使った高速なインターネットへの接続ができるようになり…

「第38回全日本DM大賞」で史上初の10年連続受賞を達成!

優れたダイレクトメール(以下、DM)を表彰する日本郵便株式会社主催の「第38回 全日本DM大賞」において、“ソフトバンク”のDMが、金・銀・銅・審査員特別賞「データドリブン賞」の4賞を受賞。全日本DM大賞で史上初の10年連続受賞となりました。どのようなポ…

生成AIなどの活用で行政業務を効率化。志摩市、グーグル・クラウド・ジャパンと協定締結

三重県志摩市、グーグル・クラウド・ジャパン、ソフトバンクはDXと地域活性化を推進するための連携協定を2024年3月13日に締結しました。持続可能なまちづくりを目指し、新しいデジタル技術の活用で行政事務の効率化や住民サービスの向上を目指します。

店舗間の連携でお客さまの待ち時間をゼロに。あんしんショップ大賞2023でソフトバンクイオンモール鈴鹿が総務大臣賞を受賞

全国のソフトバンク、NTTドコモ、KDDI、楽天モバイルの約4,800店舗が加盟する「あんしんショップ」の中から、店舗における特に優秀な取り組みを表彰する「あんしんショップ大賞2023」で、ソフトバンクイオンモール鈴鹿が最高位の総務大臣賞を受賞しました。

社員の健康は会社の成長の原動力。徹底分析で課題改善へ。ソフトバンクが2年連続で「健康経営銘柄」に選定

2024年3月12日に開催された「健康経営アワード2024」にソフトバンク株式会社 執行役員 コーポレート統括 人事本部長を務める源田泰之が出席し、プレゼンターを務めた青山学院大学駅伝部の原監督から認定の盾を授与されました。 健康経営のリーディングカンパ…

ダイバーシティを理解して、自分ができることは何かを考える。「ダイバーシティWEEK2024」開催

年齢・性別・国籍・障がいの有無などにかかわらず、誰もが活躍できる職場づくりに取り組むソフトバンクは、社員のDE&I(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)についての理解促進や意識醸成を目的としたイベント「ダイバーシティWEEK」を毎年開催…