ソフトバンクのこと ~こんな活動しています~

ソフトバンクのこと
~こんな活動しています~

事業、働く人、CSRの取り組み、決算レポートなど、ソフトバンクのいろいろな活動を紹介します。
決算説明会 株主総会 記者会見 孫正義 宮内謙 SDGs サステナビリティ DX 働き方 テレワーク 通信エリア スマートビル 復興支援 シェアリング CSR

私に迷いはない。情報革命は進化し続ける - ソフトバンクグループ株式会社 第42回定時株主総会レポート

2022年6月24日、ソフトバンクグループ株式会社の第42回定時株主総会が開催されました。 昨年同様、オンラインでの出席や議決権行使、質問などができる株主専用ウェブサイトを活用し、希望する株主は会場で参加するハイブリッド型で開催。今回は、直近の新型…

はじめての「ZEPETO」ライフ。バーチャルソフトバンクショップも登場した「ZEPETO」の遊び方 〜デビュー編〜

読者の皆さんは「ZEPETO(ゼペット)」というサービスをご存じですか? 「ZEPETO」は、昨年から何度となく耳にするようになったメタバースの一つ。そのサービス内に、日本初の携帯キャリアショップがオープンしたとの情報を聞き、「早速行ってみよう!」……と…

ソフトバンクは次世代の社会インフラへ - ソフトバンク株式会社 第36回定時株主総会レポート

2022年6月23日、ソフトバンク株式会社は第36回定時株主総会を開催。昨年同様、オンラインでの出席や議決権行使、質問などができる株主専用ウェブサイトを活用し、希望する株主は会場で参加するハイブリッド型で開催。今回は、3年ぶりに役員が臨場で出席しま…

リアルとバーチャルが融合する世界がもうすぐやってくる? ソフトバンクショップやPayPayドームのメタバース化の先にあるもの

福岡 PayPayドームをメタバース化したり、世界最大のメタバースプラットフォーム ZEPETO(ゼペット)に「ソフトバンクショップ in ZEPETO」をオープンしたり、ソフトバンクのメタバースの取り組みが加速しています。 ソフトバンクでメタバースの事業開発・サ…

新しい魔法が生まれた! 演劇 × XR技術がつくる新しいエンターテインメント − ここばな #23

皆さんは「2.5次元ミュージカル」という言葉を聞いたことはありますか? 日本の2次元の漫画・アニメ・ゲームなどを原作・原案としてつくる3次元の舞台の総称で、日本で各種の公演が行われています。今年、2.5次元ミュージカル「アマネ†ギムナジウム」を中心…

オフィスビルがプロ野球観戦の会場に! 東京・竹芝でライブビューイング開催

6月10日(金)、ソフトバンク本社が入居する東京ポートシティ竹芝のポートホールでセ・パ交流戦のライブビューイングイベントが開催。 会場に訪れた竹芝近隣の住民や仕事帰りの会社員など約200名の参加者は、応援グッズを持って、球場にいるような雰囲気で野…

経済産業省と東京証券取引所が2年連続でソフトバンクを「DX銘柄」に選定

経済産業省と東京証券取引所が選定する「デジタルトランスフォーメーション銘柄2022」(以下「DX銘柄2022」)にソフトバンク株式会社が2年連続で選ばれました。 「DX銘柄2022」には401社が応募した中で33社が選定されています。ソフトバンクのテクノロジーを…

沖縄に新しいツーリズムを。高度デジタル人材と地元企業が“協働”で課題解決へ

デジタル技術を活用し、都市と地方の格差解消を目指す政府の「デジタル田園都市国家構想」の実現に向けて、ソフトバンクでは、5G基地局の整備や地域DXの推進を目的とした地方自治体との連携協定、スマホ教室の実施などさまざまな取り組みをしています。 経済…

携帯電話事業者3社が連携し岡山県でスマホ教室を開催。高齢者等のデジタル活用支援に関する連携協定を締結

高齢者を対象としたデジタル活用の支援が岡山県で発表されました。2022年6月7日、岡山県と関係する企業の間で協定が締結され、岡山県庁で開催された締結式にソフトバンクの代表者が出席しました。 2022年夏以降に県内各所でスマホ教室の開催を目指す 岡山県…

石川県の自治体で初の連携協定を締結。北陸新幹線小松駅の開業を控え各種DXを推進

石川県の小松市とソフトバンクは2022年6月3日、ICTによる地域活性化および自治体DX推進に関する包括連携協定を締結しました。 交通の要衝の中核都市でDXを推進 今回、ソフトバンクとの連携協定を締結した小松市は、江戸期には有力大名加賀藩による殖産興業政…

メタバースの「バーチャルPayPayドーム」をぶら散歩。プロが投げた球をほぼリアルタイムで疑似体験も

5月27日から提供が開始された「バーチャルPayPayドーム」は、スマホやパソコンからメタバースに再現された福岡PayPayドーム(以下、PayPayドーム)の来場体験ができる新しいサービスです。また同日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクホークス 対 広島…

大学や研究機関などの学術研究を支える情報基盤「SINET6」 に、ソフトバンクのモバイルネットワークが活用

日本全国の大学、研究機関などの学術情報基盤として、国立情報学研究所(NII)が構築、運用している学術情報ネットワーク「SINET(Science Information NETwork)」。5月30日に開催された「SINET6」の開通式典で、ソフトバンクをはじめ通信事業者へ感謝状が授与…

野球観戦はもっと面白くなる! 福岡PayPayドームでARを活用した新しい観戦スタイルを体験

球場での野球観戦は迫力や熱気をじかに感じられて、応援にも熱が入りますよね。そんな野球観戦も、最新技術によって進化の波がやってきています。 2022年5月27日から29日の3日間、福岡PayPayドーム(以下「PayPayドーム」)で拡張現実「AR」を使って現実とバ…

ソフトバンクのオフィスってどんな感じ? 360度カメラで撮影したバーチャル空間で体験

自分が働く会社以外のオフィスがどんな感じか、気になったことはありませんか? ソフトバンクでは竹芝本社オフィスの中をバーチャル空間で体験できるようになったそうで、編集部が体験してきました。

Pepperが先生に。「伝わる」小学生向け防災授業で気象庁長官賞を受賞

Pepperを活用した防災授業を全国各地の学校で開催するソフトバンクの取り組みが、防災知識の普及啓発に貢献したと認められ、気象庁長官表彰を受賞しました。2022年6月1日に気象庁講堂で開催された気象記念日式典に担当者が出席し、気象庁長官より感謝状を贈…

PayPayドームをメタバース化! バーチャルを生かした新しい観戦スタイルを提供

ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスは、PayPayドームをメタバース化し、「仮想空間サービス」と「拡張現実サービス」の二つの取り組みを実施することを2022年5月27日の記者会見で発表しました。

究極の美しさを追求。企画者&デザイナーに聞いた、ハート型ワイヤレスイヤホン「HeartBuds」が欲しくなる5つのこだわり

アクセサリー感覚で楽しめるかわいいハート型の完全ワイヤレスイヤホン「HeartBuds」。 ソフトバンクの企画担当者とプロダクトデザイナーの吉田真也さんに、「HeartBuds」に込めたこだわりと魅力を聞いてきました♪ これであなたも「HeartBuds」が欲しくなっ…

レインボーをテーマに装飾し「東京レインボープライド2022」を応援

2022年4月22日(金)~24日(日)、東京都渋谷区の代々木公園で「東京レインボープライド2022」が開催されました。

ICTを活用してAI人材の育成をサポート。鹿児島市教育委員会との連携協定を締結

2022年5月16日、鹿児島市教育委員会とソフトバンクが「ICTを利活用したAI人材の育成に関する連携協定」を締結しました。締結式の様子をお伝えします。

出前は電話からアプリ注文へ! スマホ教室で流行りの出前アプリを体験

皆さんは普段デリバリーサービスを使いますか?電話で出前を頼むことはあるけど、スマホで頼んだら便利なのかも……、と気になっているシニアの方、多いのではないでしょうか。全国のソフトバンクショップで開催されているスマホ教室で、アプリやサイトから簡…

渡辺総務大臣政務官がソフトバンク本社に来訪。ロボットの研究開発や自治体の課題解決につながるDX推進に期待

2022年4月22日、渡辺孝一総務大臣政務官がソフトバンク株式会社の竹芝本社に来訪し、現在開発が進められている自律走行ロボット「Cuboidくん」を視察しました。また、地方におけるデジタル田園都市国家構想の実装に向けた課題などについて、ソフトバンクのDX…

離島の中学生にプロのコーチが“リモート”でバスケ指導! VR技術とスマートコーチを活用した指導の成果を沖縄アリーナで披露

ソフトバンクは、B.LEAGUEが立ち上げた社会的責任活動「B.LEAGUE HOPE(ビーリーグホープ)」の取り組みとして、VR映像やスマートコーチを活用し、離島の中学生にプロコーチがバスケの指導を行う「リモートコーチング Supported by SoftBank」を実施してきま…

市民のデジタルデバイド解消へ。富山県魚津市とデジタル活用促進を目指す連携協定を締結

富山県魚津市とソフトバンクは2022年5月10日、「ICT・デジタル技術の活用促進に関する連携協定」を締結しました。同日、魚津市役所で記者会見が開催されました。

目先の変化にとらわれず、長期的な進化を信じる。-ソフトバンクグループ株式会社 2022年3月期 決算説明会レポート

2022年5月12日、ソフトバンクグループ株式会社(以下「SBG」)の2022年3月期 決算説明会が開催され、代表取締役 会長兼社長執行役員 孫正義が、2021年度の連結業績や今後に向けたSBGの構えなどを説明しました。

期初予想を上回る過去最高益を達成。2022年度は営業利益1兆円へ -ソフトバンク株式会社 2022年3月期 決算説明会レポート

2022年5月11日、ソフトバンク株式会社が2022年3月期 決算説明会を開催。代表取締役 社長執行役員 兼 CEOの宮川 潤一が、2021年度の連結業績および2022年度の連結業績予想に加え、2023年度以降の考え方と事業別の取り組みについて説明しました。

オーストラリアの広大な大地を空からの高速通信ネットワークでカバー。HAPS事業を検討する合弁会社を設立

ソフトバンクの子会社で、成層圏から通信ネットワークを提供するプラットフォーム「HAPS(ハップス)」を構築し、グローバルでの事業展開に取り組んでいるHAPSモバイル株式会社は、オーストラリアのシドニーを本社とする国際的不動産グループであるLendlease…

三重県志摩市のDX推進を目指す連携協定を締結。ソフトバンク社員も駐在し強力にあと押し

三重県志摩市とソフトバンクは2022年4月22日、「自治体のDX推進に関する連携協定」を締結しました。同日、志摩市役所で開催された締結式の模様をリポートします。

バスケコート上に広告が! 最先端のデジタル技術を活用した「バーチャル広告サービス」

今年で6シーズン目を迎え盛り上がりをみせているB.LEAGUE。 最近では、スマホなどで試合のライブ配信を楽しむ方も増えているのではないでしょうか。 突然ですが、バスケットボールのライブ配信中の画面上にバーチャルで広告が表示されているのを見たことはあ…

身近で進む「デジタル化」、普及率はどれくらい?

コロナ禍により、ライフスタイルやワークスタイルが変化し、ますます広がるデジタル化。実際にはどれくらい普及しているのか、調べててみました。

【NAV(Net Asset Value)】~1分でわかるキーワード #25

NAVとは、金融・証券の用語で時価純資産(Net Asset Value)のこと。資産から負債を差し引いた金額で、企業の業績や価値を評価する際に利用される。

Pepperが小学校に入校!? 福島県郡山市の小中高校で、AIやロボットを活用した教育を推進することを発表

一般社団法人 プラットふくしま、郡山市、ソフトバンク株式会社の3者は、2022年4月15日、AIやロボットを活用した教育に関して連携を開始したことを発表しました。さっそく市内の小学校にPepperが1台貸し出され「入校式」が執り行われました。

日本企業で初。 ソフトバンクが「CompTIA Certified Team Award」を受賞

2022年4月5日、ソフトバンクは日本企業で初となる「CompTIA Certified Team Award」を受賞しました。 法人事業統括 ソリューションエンジニアリング本部は、顧客デジタルソリューション基盤の提供やDX推進におけるソリューション人財の戦略的必修領域として…

多様性をみんなで考えて話し合う「ダイバーシティWEEK」|SoftBank SDGs Actions #10

「すべてのモノ・情報・心がつながる世の中を」というコンセプトの下、SDGsに取り組むソフトバンク。担当者が取り組みの意義を語る「SoftBank SDGs Actions」10回目のテーマは、ソフトバンクで毎年開催される「ダイバーシティWEEK」です。

男性の取得者が年々増加中! 4月から施行、改正育休制度の最新事情

2022年4月から改正 育児・介護休業法が段階的に施行され、特に男性が育休をより柔軟に取りやすくなる内容になります。 ソフトバンクでは、すべての社員が仕事と育児を両立しつつその能力を十分に発揮できる職場環境づくりに取り組んでいます。男性社員も育児…

子育て世代を全方向でサポート。「育児」も「仕事」も両立しやすい!を目指すソフトバンクの育児支援

少子高齢化が進む日本。社会全体で出産や子育て支援に関するさまざま取り組みが行われています。 政府が法律の整備を進める中、企業も独自の制度を設け、育児と仕事の両立を支援する動きが広がっています。「育児も仕事も大切にしたい!」という社員をソフト…

知っているようで知らない? 妊娠・出産・育児中に利用できる休暇や制度をまとめてみました

少子高齢化が進む日本。社会全体で出産や子育て支援に関するさまざまな取り組みが行われています。 育児と仕事の両立に少し不安を持っていたとしても、それをサポートしてくれる制度って実はいろいろあるんです。どこで調べたらいいのか、たどり着けても硬い…

車内でスマホ教室!? 「スマホなんでもサポート号」で地域のデジタルデバイド解消へ

2022年4月4日、ソフトバンクは、「スマホなんでもサポート号」発表記者会見を開催。MONET Technologiesの「マルチタスク車両」を使った移動型スマホ教室の開催や、スマホの利用料金・情報変更などの相談受け付けを、2022年4月中旬から群馬県富岡市など全国10…

5Gなどの先端技術で地域課題を解決しSociety 5.0を実現。京都府立大学と包括連携協定を締結

2022年4月1日、京都府立大学とソフトバンクが「5Gなどを活用したSociety 5.0の実現に向けた包括連携協定」を締結。同日、京都府立大学で記者会見が開催されました。

ゴミ拾いもデジタルの力で楽しく。LINE APIで地域の課題を解決。

普段私たちが利用しているウェブやアプリの中には、より便利に簡単に使えるように、APIという便利な機能が活用されているものがあるそうです。日本でまだ21人しかいないLINE API EXPERT資格の知識を生かしながら、APIを活用したユニークなLINEアプリを生み出…

同志として、ともに同じ山を登ろう。2022年度ソフトバンクグループ新入社員入社セレモニー

2021年4月1日(金)、ソフトバンクグループの合同入社セレモニーが行われました。 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、本社のある竹芝会場にはソフトバンクグループ株式会社、ソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社、LINE株式会社から新入社員代表の約…

筑波大学とソフトバンクがタッグを組んで学校スポーツ改革を目指す! スポーツ技術向上を支援する「AIスマートコーチ」を提供

3月31日、筑波大学とソフトバンクの「日本の学校スポーツ改革」に関する連携協定式が開催されました。学校スポ―ツをより良くしていくために両者が連携協定を締結した狙いを説明。さらに、部活動のDXを推進するスポーツ支援サービス「AIスマートコーチ」の提…

重量20Kg、往復7Km!ドローンの目視外自動飛行で救援物資を届ける実証実験を実施

ソフトバンク株式会社は災害時を想定して離れた場所からドローンで救援物資を運搬する実証実験を実施。実証実験の結果などを踏まえ、3月31日、災害時に備え東京都と協定を締結したことが発表されました。 災害時の物資運搬にドローン活用を 今回の実証実験は…

始動から1年。南相馬の復興支援プロジェクトから新事業がスタート。若者起業支援「Next Action➔Social Academia Project」の今

福島県南相馬市小高区で、震災から10年を機に発足した起業支援プロジェクト「Next Action➔ Social Academia Project」の始動から1年。 参加者がこれまでの活動を報告する「1周年記念イベント」で、すでにスタートした事業を始め、活動実績や今後の抱負を発表…

デジタル化が進む職域接種。ソフトバンクで新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を体験してきた

新型コロナウイルスのワクチンを職場などで打つ「職域接種」が2021年6月からスタート。ソフトバンクでも同日からWeWork乃木坂に大規模接種会場を開設するなど、1回目および2回目のワクチン職域接種に対応してきました。さらに2022年2月には、全国各地での3回…

最短2時間半で結果が分かる。移動式PCR検査サービスのトライアルを実施

ソフトバンクグループ株式会社の子会社、SB新型コロナウイルスセンター株式会社(以下「SB新型コロナウイルス検査センター」)は、2022年4月1日から自治体や法人を対象とした「移動式PCR検査車」による移動式PCR検査サービスの提供を開始します。今回は、提…

4月から東京証券取引所の区分が変更されます。その目的や背景は?

東京証券取引所(東証)」は、2022年4月から取り扱いの区分を変更します。「プライム」「スタンダード」「グロース」への目的と概要を簡単にまとめています。

テレパシー、脳内検索…、東大教授に聞いた脳×AIの最新研究事例。脳とAIの融合で生活はどう変わる?

頭の中で念じたことを相手の脳に直接伝える——なんて、SF映画かアニメの世界の話、と思いますよね。でも、実は脳研究の分野ではすでに技術的には実現する方法が見えている段階なのだとか。テレパシーのように、離れた場所にいる人同士が頭の中のイメージだけ…

もう1つの世界で未来を予測。デジタルツインで街があなたを「おもてなし」?

休日にお出かけすると、街はいつもより混雑していない様子。駅前の映画館ではちょうど観たかった映画が上映中。帰りに、落ち着いたカフェでひと休みして……。この何気ない1日、実は事前にシミュレーションされていた未来だったかもしれません。 今、デジタル…

AIが大学研究をサポートして、この世の真理を明らかに!? 「Beyond AI」とは

日進月歩で進化するAIの技術。私たちの身の回りにもAIを活用したサービスが広まり、今後AIによって社会がどう変わっていくのか、期待を膨らませている人も多いのではないでしょうか。 こうした中、日本で最先端のAI研究を進める機関として2020年に誕生したの…

ヘルスケアの常識を、デジタルの力で変えていく|SoftBank SDGs Actions #9

「すべてのモノ・情報・心がつながる世の中を」というコンセプトを掲げ、SDGsに取り組んでいるソフトバンク。いま実際に、どのような取り組みが行われているのか、担当社員が自らの言葉で事例を紹介します。9回目は、ヘルスケアアプリ「HELPO(へルポ)」に…