Category not found

お探しの記事は見つかりませんでした。

森林保護活動を通じて、自治体と共に取り組むネイチャーポジティブ。山形県西川町と事業連携協定を締結

山形県西川町とソフトバンクは、ネイチャーポジティブや脱炭素化の実現に向けた森林保護における課題解決と、町民が安心して豊かに暮らすことのできる社会の構築を目指し、2024年4月15日に事業連携協定を締結しました。

世界遺産や絶景の日の出、花の楽園… 栃木県の魅力をプレゼン! 「Google Pixel プロダクトスペシャリスト」と巡る観光スポット

全国各地にいる、Google のスマホ 「Google Pixel」の高い知識を持つ「Google Pixel プロダクトスペシャリスト」。本シリーズは、「観光 × Pixel」をテーマに、各地の Google Pixel プロダクトスペシャリストが在籍する地域の魅力や観光名所、特産物などを G…

お客さまの声を具体的な改善アクションに。ソフトバンクが取り組むCX改善活動

皆さんは自分が使っているサービスや製品についての要望や感想を、それを提供している企業に伝えたことはありますか。ソフトバンクには、お客さまからのご要望やご意見などを集約して改善活動を行う専門の部署があります。最近開設されたウェブサイト「ソフ…

交通格差のない社会を「自動運転・隊列走行BRT」で実現|SoftBank SDGs Actions #25

「すべてのモノ・情報・心がつながる世の中を」というコンセプトを掲げ、SDGsの実現に向けて取り組んでいるソフトバンク。「SoftBank SDGs Actions」では、いま実際に行われている取り組みを、担当社員が自らの言葉で紹介します。25回目は、自動運転・隊列走…

東大生がAIを使った未来のライフスタイルを提案。次世代のAI人材を発掘するデータハッカソン開催

東京大学やソフトバンクなどが最先端のAI研究機関を目指して設立されたBeyond AI 研究推進機構の取り組みの一環として、東大生を対象としたデータハッカソンがソフトバンク竹芝本社で開催されました。

17歳の高専生がソフトバンクニュースのライターに。公開までの4カ月間の軌跡を振り返る

ソフトバンクは、社会を切り開くデジタル人材や起業家の育成を目指す私立高等専門学校「神山まるごと高専」のスカラーシップパートナーとして2022年から参画し、教育プログラムの提供など学生たちの学びを支援しています。先日公開された、ソフトバンク奨学…

【PoC】~1分で分かるキーワード #196

PoC(Proof of Concept)は、「概念実証」と呼ばれるアイデアや理論が実際に機能するか確認するための初期段階のテストや実験のこと

試合と連動したスマホ演出でもっと楽しく! 新たなスポーツ観戦を「TSUKUBA LIVE!」 で体験

野球やサッカー、バスケットボールなどプロスポーツの会場では、大型ビジョンなどを使って試合や会場の雰囲気を盛り上げる華やかな演出が行われていますよね。プロの試合や国内外の大きな大会などでよく見かけるそういった演出も、アマチュアや学生スポーツ…

「お父さん」と「ふてニャン」と一緒にお出かけ気分♪ ソフトバンクとワイモバイルのショッピングバッグがリニューアル

“ソフトバンク” と “ワイモバイル” の店舗で使用しているショッピングバッグが、この春リニューアル。ほのぼのした「お父さん」と「ふてニャン」のイラストが入り、100%リサイクル素材のナチュラル感のあるものになりました。デザインに込められた思いとは?…

日本政策投資銀行の健康経営格付で最高ランクの格付けを取得

ソフトバンクは、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が実施する、従業員への健康配慮の取り組みが優れた企業を評価・選定する「DBJ健康経営格付」において、最高ランクの格付けを取得し、融資を受けました。

実は便利なスマホの音声入力。知っておきたい活用テクニック

スマホに搭載されている音声入力機能。機能があることは知っていても、使ったことがない人も多いかもしれません。音声入力を使いこなせるようになると、仕事や日常生活のさまざまなシーンで役立ちます。ソフトバンクショップで活躍するスマホアドバイザーに…

持続可能性における優れた取り組みが評価。S&P Global社 「The Sustainability Yearbook」で世界の上位10%に選定

ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、世界的な調査・格付け会社である米国のS&P Global社が行ったサステナビリティ格付け「The Sustainability Yearbook - 2024 Rankings」において世界の「上位10%」に選定されました。4月9日に授賞式が開催され…

ハート型がかわいい「HeartBuds」のワイヤレスイヤホンが今度はゲームに登場!

ハート型のモチーフがかわいいと人気の「HeartBuds」のワイヤレスイヤホンが、ファッションコーディネートを楽しむNintendo Switch用ゲーム「ファッションドリーマー」内のファッションアイテムとして登場します。どんなゲームなのか実際に試してみました。

もう1人のFANTASTICSメンバー? 3Dキャラクター “AI佐藤大樹” を初披露

株式会社LDH JAPANとソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)が横浜で開催したコラボイベントに、ダンス&ボーカルグループ「FANTASTICS」が登場。3Dキャラクター “AI佐藤大樹” のお披露目や、AIが判定するダンスマッチ度チャレンジで、会場を盛り上げま…

大学などと連携して社会課題の解決に取り組む「ソフトバンク社会貢献プログラム 産学連携プロジェクト」を発足

ソフトバンク株式会社と全国の大学などが連携して社会課題の解決に取り組むコンソーシアム「ソフトバンク社会貢献プログラム 産学連携プロジェクト」が2024年3月28日に発足しました。本プロジェクトは、全国の大学などと連携して、地域の社会課題の解決に向…

【CPU】~1分で分かるキーワード #195

コンピューターのデータ演算処理を行う中央演算処理装置(Central Processing Unit)の略称。 コンピューターのパフォーマンスをつかさどる頭脳 CPUは、コンピューターの頭脳とも呼ばれ、ハードウェアやプログラムからの命令を実行して、算術計算、論理演算…

海岸防災に欠かせない海岸保全施設の点検にドローンを活用。東京都港湾局とレベル4を見据えた飛行試験を実施

台風などの災害が発生した際、高波や高潮によって内陸まで海水が浸入すると、大きな被害をもたらすことがあります。そんな脅威から私たちの命や暮らしを守るために設置されている防潮堤や内部護岸設備といった海岸保全施設の点検作業に、ドローンを活用する…

ここまで進化! ARグラスで楽しむ新感覚の野球観戦を体験

4月3、4日にかけて、福岡PayPayドームで、拡張現実「AR(Augmented Reality)」を使った新しい野球観戦体験に関する実証実験が行われました。スタジアムでの観戦に最新テクノロジーを組み合わせるとどんな体験ができるのか、3月のオープン戦で一足早く取材し…

スマホのことを気軽に聞ける移動型スマホ教室や相談窓口を開設。福岡県田川市と事業連携協定を締結

福岡県田川市とソフトバンクは、市民のデジタルデバイド解消に向けた取り組みを強化するため、スマートフォンなどのデジタル機器を活用した新しいライフスタイルの定着を目指し、2024年3月28日に新たな事業連携協定を締結しました。

この春、新入社員がソフトバンクグループに仲間入り。AIやデジタルの力で社会の変革を目指す志を宣言

2024年4月1日、2024年度ソフトバンクグループ新入社員入社セレモニーとソフトバンク株式会社入社式がそれぞれ行われました。ソフトバンクグループ株式会社 代表取締役 会長兼社長執行役員 孫正義や、ソフトバンク株式会社 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮…

大規模なイベント会場でも安心できる通信品質を。鈴鹿サーキットで行った5Gネットワーク強化の取り組み

全国各地で開催されるイベントでは一つのエリアに大勢が集まるため、通信量が急激に増加し、電波がつながりにくくなる課題があります。ソフトバンクでは大規模イベント会場の電波対策を強化しています。今回、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットと伊勢鉄道・鈴鹿…

【ソーシャルローン】~1分で分かるキーワード #194

企業などが社会的課題解決のためのプロジェクトに必要な資金調達のために金融機関から受ける融資のこと

グループ企業の “横の糸” を紡ぐ。各社の強みをかけ合わせてシナジーを創出

ソフトバンク株式会社には、ソフトバンクのグループ企業間の “横の糸” を紡(つむ)ぐことでシナジー(相乗効果)を生み出すことをミッションとしているシナジードライブセンターという部署があります。 ソフトバンクグループで「さとふる」などを展開するSB…

Beyond 5G/6G時代に向けたAIによる基地局高度化。「AI-RANアライアンス」を設立

ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、通信やAI(人工知能)のリーディングカンパニーや大学などとともに、AIを活用した新たな通信プラットフォームの創出を目指す「AI-RANアライアンス」を設立したことを、2月にスペイン バルセロナで開催された…

通信事業者のノウハウを生かし、愛媛県宇和島市のデジタルデバイド解消を支援する連携協定を締結

愛媛県宇和島市とソフトバンクをはじめとする通信事業者3社は、市民の皆さんがデジタル化の利便性を実感できる地域を実現するための連携協定を、2024年3月26日に締結しました。

未来の社会や環境を本気で考える。ソフトバンクの戦略とは?

X PROJECTでは、ソフトバンクが創ろうとする今と未来を、多角的な視点から紐解いていきます。企業が長期的に成長するためには、必要な観点と言われているESG。「世界を本気で変えたい」と語るESG推進のキーパーソンに、大橋未歩さんが迫ります。

自販機業界のDXを実現するサービス「Vendy」。AIが需要予測など自販機オペレーションを最適化

街を歩けば目にする自動販売機。「自販機大国」とも言われる日本では、全国に約400万台もの自販機が設置されており、年間の売上金額は約4兆円にも上ると言われています。その一方で、自販機オペレーションにはまだまだアナログな管理や運用がされていたりと…

若きアスリートの世界への挑戦を応援! プロゴルファーの星野陸也選手、吉田優利選手とスポンサー契約を締結

2024年3月、ソフトバンクがプロゴルファーの星野陸也選手、吉田優利選手とのスポンサー契約を締結することが発表されました。ソフトバンクとスポーツとの関わりというと、代表的な例はプロ野球チームの福岡ソフトバンクホークス。さらに近年では、プロバスケ…

スポーツの地域格差は無くせるか?プロバスケットボールクラブも驚く最新AIアプリとは

X PROJECTでは、ソフトバンクが創ろうとする今と未来を、多角的な視点から紐解いていきます。スポーツは多くの人に夢や希望を与え続けていますが、一方で「スポーツ教育」においては、指導者不足や地域格差などの社会課題があります。こうした課題に対してソ…

社会実装につながる学びのカタチを。神山まるごと高専を支援するソフトバンクの思い

ソフトバンクでは、神山まるごと高専のスカラーシップパートナーとして、ソフトバンク奨学生と一緒に、新しい学びとその環境を提供しています。なぜソフトバンクはその学びを提供することに決めたのか、ソフトバンクと神山まるごと高専の関係についてその奨…

一度つけたら手放せない…! スマートウォッチ選びの4つのポイント

街中でも会社でもつけている人をよく見かけるようになり、かなり一般的になったスマートウォッチ。なんとなく興味はあるけれど、具体的にどんな機能があって、どういったシーンで活用できるのかをよく知らない人も多いのでは? そんな人が安心して「スマート…

大規模災害が発生したら…。知っておきたい災害ボランティアの始め方と心構え ―防災行動ガイド

地震や洪水などの大規模災害が起こった際、被災地へ足を運び、「災害ボランティア」として役に立ちたいと考える人は多いでしょう。しかし、いざ活動をしようと思っても、何から始めればよいのか、どのようなことに注意したらよいのかが分からない… と、ため…

どうする「新NISA」? 疑問を一気に解消できる資産運用スタートのススメ

2024年1月から新しいNISAが開始。「始めた方がいいかな…?」と思いつつ、新制度に関するさまざまな情報に触れて迷ってしまい、結局まだ始められていない人もいるのでは。この機会に新NISAに関する基本的なことを押さえて、資産運用デビューを検討してみまし…

LINEMOがオリコン顧客満足度調査で2年連続の1位受賞。ワンチームで挑むNPS向上への取り組み

ソフトバンクが提供する携帯電話のオンライン専用ブランド「LINEMO」が、「2023年 オリコン顧客満足度®ランキング」の <キャリア格安ブランド>において2年連続で1位を受賞しました。サービス開始から約3年、ワンチームで取り組み続けてきたNPS®(Net Promo…

ぷっくりハート型がキュートなイヤホン「HeartBuds」に目も心もくぎづけ♡ MERYインフルエンサーが体験

3月12日(水)に行われた、Z世代の女性向けメディア「MERY」が主催する体験型イベント「MERY MEET for new mood」に、発売以降SNSなどで注目を集めているハート型イヤホン「HeartBuds」と、2月に発売されたばかりの充電器「HeartBuds(Charger)」のブースが…

誰もがデジタル技術の恩恵を受けられる那覇市に。デジタルリテラシー向上への連携協定を締結

沖縄県那覇市とソフトバンクは、市民のデジタルリテラシー向上を支援するための事業連携協定を、2024年3月21日に締結しました。情報化社会の高度化が進む中、那覇市では、ICTを活用し誰もがデジタル技術の恩恵を受けることができる社会の実現を目指していま…

未来を切り拓く新世代の先駆者たち。内定者が思い描くソフトバンクで実現したいこと

間もなく新年度。ソフトバンクでも4月から期待に満ちあふれた新入社員を迎えるべく準備が進められています。昨年10月に内定式が行われてから約半年。その間、学生たちがどのような気持ちで過ごしてきたのか、どのような社会人を目指しているのか、代表して11…

AIでさらに自然なコミュニケーションが可能に。進化した介護向けPepperにインタビューしてきた

商業施設などで接客や販売サポートをしているPepper。実は今、介護の現場でも活躍しているんです。さまざまな機能を持つ介護向けPepperに会いに、3月に東京ビッグサイトで行われた「Careテクノロジー東京 '24」に行ってきました。

22年の歴史に幕。赤い袋で一世を風靡した「Yahoo! BB ADSL」が切り拓いた日本のブロードバンド

2001年、全国の街中で無償で配布されたこの赤い袋に、見覚えのある方もいますよね。当時配布された袋はなんとX枚にも上ります。この赤い紙袋に入ったADSLモデムが日本全国で設置され、自宅で電話回線を使った高速なインターネットへの接続ができるようになり…

1本は持っておきたいタッチペン。活用法や選び方をガジェットマニアが徹底解説

タブレットやスマホの操作に使うタッチペン。「使い道がよく分からない」「イラストやゲーム専用のアイテムじゃないの?」という方も少なくないのでは? 実はこのタッチペン、1本持っていると、いろんなことに使えるスグレモノなのです。 そこで今回は、家電…

被写体くっきり、背景ふんわり。スマホのポートレートモードを使いこなしてみよう

今やほとんどのスマートフォンのカメラに実装されている「ポートレートモード」。一度触ってみたことはあるけれど、押さなきゃいけないボタンがいっぱいあるし、なんだか難しそう……と、使うのを避けていませんか? そこで今回は、スマホフォトグラファーの黒…

「第38回全日本DM大賞」で史上初の10年連続受賞を達成!

優れたダイレクトメール(以下、DM)を表彰する日本郵便株式会社主催の「第38回 全日本DM大賞」において、“ソフトバンク”のDMが、金・銀・銅・審査員特別賞「データドリブン賞」の4賞を受賞。全日本DM大賞で史上初の10年連続受賞となりました。どのようなポ…

若者世代は電話が苦手ってホント? 電話よりもメッセージ派にその理由を聞いてみた

SNSのチャットやLINEなどのメッセージアプリが普及したことで、電話を使う機会が減り、「若者の電話離れ」なんていうニュースも聞くようになりました。皆さんは普段、チャットや電話、SNSでのDM(ダイレクトメッセージ)など、どのコミュニケーションツール…

「DX × ダイバーシティ」がもたらす働き方と学びの変革

ダイバーシティをメインテーマとするトークセッション「駒澤大学 × ソフトバンク共創企画 ~これからの世界に求められる『人材』と『環境』」が行われ、駒澤大学の各務洋子学長と、ソフトバンクの営業部門でダイバーシティを推進している専務執行役員の桜井…

ダイバーシティこそが地球を強くする。これからの時代に求められる人材づくり

ダイバーシティをメインテーマとするトークセッション「駒澤大学 × ソフトバンク共創企画 ~これからの世界に求められる『人材』と『環境』」が行われ、駒澤大学の各務洋子学長と、ソフトバンクの営業部門でダイバーシティを推進している専務執行役員の桜井…

【ビーコン】~1分で分かるキーワード #193

ビーコンとは、位置情報やナビゲーションの補助や情報伝達のために使用される信号などを送る手段のこと

生成AIなどの活用で行政業務を効率化。志摩市、グーグル・クラウド・ジャパンと協定締結

三重県志摩市、グーグル・クラウド・ジャパン、ソフトバンクはDXと地域活性化を推進するための連携協定を2024年3月13日に締結しました。持続可能なまちづくりを目指し、新しいデジタル技術の活用で行政事務の効率化や住民サービスの向上を目指します。

店舗間の連携でお客さまの待ち時間をゼロに。あんしんショップ大賞2023でソフトバンクイオンモール鈴鹿が総務大臣賞を受賞

全国のソフトバンク、NTTドコモ、KDDI、楽天モバイルの約4,800店舗が加盟する「あんしんショップ」の中から、店舗における特に優秀な取り組みを表彰する「あんしんショップ大賞2023」で、ソフトバンクイオンモール鈴鹿が最高位の総務大臣賞を受賞しました。

社員の健康は会社の成長の原動力。徹底分析で課題改善へ。ソフトバンクが2年連続で「健康経営銘柄」に選定

2024年3月12日に開催された「健康経営アワード2024」にソフトバンク株式会社 執行役員 コーポレート統括 人事本部長を務める源田泰之が出席し、プレゼンターを務めた青山学院大学駅伝部の原監督から認定の盾を授与されました。 健康経営のリーディングカンパ…

ダイバーシティを理解して、自分ができることは何かを考える。「ダイバーシティWEEK2024」開催

年齢・性別・国籍・障がいの有無などにかかわらず、誰もが活躍できる職場づくりに取り組むソフトバンクは、社員のDE&I(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)についての理解促進や意識醸成を目的としたイベント「ダイバーシティWEEK」を毎年開催…