AI(人工知能)の記事一覧

Pepperが小学校に入校!? 福島県郡山市の小中高校で、AIやロボットを活用した教育を推進することを発表

一般社団法人 プラットふくしま、郡山市、ソフトバンク株式会社の3者は、2022年4月15日、AIやロボットを活用した教育に関して連携を開始したことを発表しました。さっそく市内の小学校にPepperが1台貸し出され「入校式」が執り行われました。

筑波大学とソフトバンクがタッグを組んで学校スポーツ改革を目指す! スポーツ技術向上を支援する「AIスマートコーチ」を提供

3月31日、筑波大学とソフトバンクの「日本の学校スポーツ改革」に関する連携協定式が開催されました。学校スポ―ツをより良くしていくために両者が連携協定を締結した狙いを説明。さらに、部活動のDXを推進するスポーツ支援サービス「AIスマートコーチ」の提…

テレパシー、脳内検索…、東大教授に聞いた脳×AIの最新研究事例。脳とAIの融合で生活はどう変わる?

頭の中で念じたことを相手の脳に直接伝える——なんて、SF映画かアニメの世界の話、と思いますよね。でも、実は脳研究の分野ではすでに技術的には実現する方法が見えている段階なのだとか。テレパシーのように、離れた場所にいる人同士が頭の中のイメージだけ…

もう1つの世界で未来を予測。デジタルツインで街があなたを「おもてなし」?

休日にお出かけすると、街はいつもより混雑していない様子。駅前の映画館ではちょうど観たかった映画が上映中。帰りに、落ち着いたカフェでひと休みして……。この何気ない1日、実は事前にシミュレーションされていた未来だったかもしれません。 今、デジタル…

AIが大学研究をサポートして、この世の真理を明らかに!? 「Beyond AI」とは

日進月歩で進化するAIの技術。私たちの身の回りにもAIを活用したサービスが広まり、今後AIによって社会がどう変わっていくのか、期待を膨らませている人も多いのではないでしょうか。 こうした中、日本で最先端のAI研究を進める機関として2020年に誕生したの…

加齢による老い・衰えは予防できる!? スマホとAIで高齢者の“フレイル”予防を目指す実証実験スタート

皆さんは“フレイル”という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 加齢によって心身が老い衰えた状態を指しますが、早期発見と正しい措置で予防できることが分かっています。スマホとAI を活用した“フレイル”の予防を目指し、ソフトバンク・慶應義塾大学・北里…

小売業や飲食業の課題解決へ! 「リテールテックJAPAN 2022」のソフトバンクブースで店舗ソリューションを体験してきました

小売業や飲食業、物流業のDXを後押しする流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2022」が東京ビッグサイトにて開催され、約5万人が訪れました。ソフトバンクは“AI・データ活用”のテーマでブースを出展。その様子をご紹介します。

イノベーションを起こして日本全体を元気にしたい。「日経Smart Work大賞2022」イノベーション力部門賞を受賞

日本経済新聞社が、働き方改革を通じて生産性を高め、持続的に成長する先進企業を表彰する「日経Smart Work大賞2022」で、ソフトバンク株式会社がイノベーション力部門賞を受賞しました。

【デジタルツイン】~ 1分でわかるキーワード #11

デジタルツインとは、現実の世界をデジタル空間でリアルに再現する技術のこと。仮想空間を活用した産業の効率化への期待が高まり、近年IT分野で注目を集めている。

気象予測や人の流れからAIが来店客数を予測。食品産業DX推進の鍵「サキミル」

まだ食べられるものを捨ててしまう食品ロス(フードロス)や少子高齢化による労働力不足が社会問題となっています。AIを活用し、来店客数の予測をもとに仕入れを行うことで、小売店や飲食店の食品ロス削減や効率的な人員配置を実現する取り組みが始まりまし…

なぜ、半導体メーカーとソフトバンクが組んだのか。AI × 5Gで進化したミライを魅せる研究施設「AI-on-5G Lab.」

2022年夏、半導体メーカー・NVIDIAとソフトバンクが合同で研究施設「AI-on-5G Lab.(エーアイ・オン・ファイブジー・ラボ)」を開設する予定です。設立の狙いをソフトバンクの担当者に聞いてみました。

スポーツ中継の概念が変わる!? 世界体操/新体操で見た、無人のAIカメラが生み出す新たな表現

2021年10月に開催された「2021世界体操・新体操選手権北九州大会」。選手たちの華麗な演技の裏側で、実はスポーツ中継の新しい形を届ける実験が行われていました。 実験の目的や、それぞれの技術のポイントについて担当者に話を聞きました。 Index AIカメラ…

掛け合わせたデータから生み出される付加価値を追求し、未来を創造。ソフトバンク CTOの佃 英幸が語る技術戦略

ソフトバンクの基盤である通信事業のみならず、AIやロボット、さまざまな新規事業を推進するには、日々の技術研究がキーとなっています。 2021年4月より、ソフトバンクのCTO(技術最高責任者)として技術部門を率いる専務執行役員 兼 CTOの佃 英幸に、ソフト…

「それもAIで解決できるかも! 」高校生が学ぶ社会でのAIの役立て方

ソフトバンクが独自開発し、2022年度より提供を開始する高校生向けAI教育プログラム「AIチャレンジ」。本提供に先立ち、2021年4月から実際に先行導入した岐阜県立岐阜各務野高等学校の先生と生徒の皆さんに体験談をお聞きしました。

スマホを扱うようにAIを使いこなす人材を育成したい。教育プログラム「AIチャレンジ」開発者の狙い

ソフトバンクが高校生向けに開発したAI教育プログラム「AIチャレンジ」。プログラムを開発した担当者に、AIチャレンジの開発経緯やビジョンを深掘りして聞いてみました。

AIを使いこなせる人材育成をサポートする教育プログラム「AIチャレンジ」を発表

AI人材が不足する社会の到来を見据え、成長戦略の注力領域としてAIを掲げているソフトバンクは、「AI活用人材」の育成に貢献する実践的な教育プログラム「AIチャレンジ」を独自開発し、2022年4月から提供することを10月20日に発表しました。

テクノロジー×エネルギーが創る未来。持続可能な社会を次の世代へ(後編)

2015年のパリ協定の合意によって世界各国の足並みが揃うなど、気候変動への対応の重要性がますます高まっています。 ソフトバンクグループでは、自然エネルギーの発電にはじまり、その活用・推進が広がることで、SDGsの課題解決貢献への取り組みも加速してい…

エネルギーは通信・AIの命綱。持続可能な社会を次の世代へ(前編)

私たちが暮らしていく上でなくてはならないエネルギー。ソフトバンクグループは、子どもたちに誇れる豊かな社会の実現のため、自然エネルギーの普及を国内外で積極的に推進しています。エネルギー事業開始から10年になる今年、グループ内のエネルギー事業に…

客室乗務員のスキルも生きる場所。EBCスタッフに聞いた「対話を生み出すホスピタリティ」の秘密

ソフトバンク竹芝本社内のExecutive Briefing Center(EBC)には、来訪されたお客さまにソリューションの説明やデモンストレーションを行う専任スタッフが存在します。コンセプトである「お客さまの事業成長に向けた議論」のためにどのようなことをしている…

多様なツールとデータ連携がもたらす企業コミュニケーション変革。SoftBank World 2021 開催レポート⑤

「SoftBank World 2021」最終日は、特別プログラムとして、「コミュニケーションDX」をテーマに、多彩なゲストをお招きして、トークセッションが行われました。

データで未来を予測する。企業成長や街づくりに欠かせないデータ活用とは? 今井康之 基調講演 SoftBank World 2021 開催レポート④

「SoftBank World 2021」。2日目の基調講演は、代表取締役 副社長執行役員 兼 COOの今井康之が担当。事業成長に必要なデータ活用の重要性や、災害に強い安全な街づくりの取り組みの事例などを紹介しました。

日本のデジタル競争力の復活に必要なものとは? 宮川潤一 基調講演 SoftBank World 2021 開催レポート③

「デジタルの差は国力の差である」 ソフトバンク社長の宮川潤一は #SoftBankWorld2021 の基調講演で、デジタル化で世界に大きく遅れをとる日本が競争力を復活させるためには、DXへの取り組むが重要であると語りました。

「CCoO」が世界と日本をつなぎ、企業DXの加速へ。 宮内謙 基調講演 SoftBank World 2021 開催レポート➁

ソフトバンク会長の宮内謙は「SoftBankWorld2021」の基調講演で、自身が担う「CCoO」が、DX推進のために世界と日本を結ぶと語りました。

日本復活の鍵は“スマボ”。孫正義 基調講演 SoftBank World 2021 開催レポート①

「スマボ の時代がやってくる」 ソフトバンクの法人向けイベント #SoftBankWorld2021 基調講演で、そう強く言い切った孫正義が見据える、日本社会の未来とはどのようなものでしょうか?

スタートアップを日本の成功のシンボルに。愛知県とソフトバンクがスタートアップ支援拠点整備等事業の基本協定を締結

9月7日、愛知県とソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は愛知県スタートアップ支援拠点整備等事業の基本協定を締結。同日に調印式が開催されました。 基本協定の締結は、ソフトバンクが愛知県スタートアップ支援拠点「ステーションAi(エーアイ)」…

ショッピングカートがおすすめレシピを提案。業務スーパーで始まったAIを活用した次世代型の買い物体験

8月26日、大阪府の「業務スーパー天下茶屋駅前店」で、AI(人工知能)などを活用してお客さまの満足度向上を実現する次世代型スーパーの実験店舗がオープンしました。この実験店舗は、「業務スーパー天下茶屋駅前店」を直営する株式会社神戸物産とソフトバン…

持続可能なまちづくりを目指す自治体をサポート。「SDGsデジタル社会推進機構」事務局長インタビュー

ソフトバンクはSDGsへの貢献の一つとして、テクノロジーを活用し、自治体が抱える社会課題の解決に取り組んでいます。 地方創生をデジタルで支援する「SDGsデジタル社会推進機構」の事務局長に、現状と地域支援についてインタビューしました。

手話と音声の円滑な相互コミュニケーションを。「SureTalk」開発者インタビュー

手話を第一言語とする人と、手話を使わない人がストレスなく意思疎通できないかという思いから開発された手話と音声による双方向コミュニケーションシステム「SureTalk」について、担当者にサービス概要や、広く協力をお願いしたい手話登録機能について聞き…

テクノロジーの実験場「東京・竹芝」は未来への入り口。「ちょっと先のおもしろい未来」を体験するイベントに行ってきました

2021年7月3日・4日に東京・竹芝で、これから少し先の未来のライフスタイルを変えていくであろうテクノロジーが集結したイベント「ちょっと先のおもしろい未来」(ちょもろー) が開催されました。

広島大学・東広島市・ソフトバンクが包括協定を締結。スマートシティの実現に向け、テクノロジーを活用した魅力的なまちづくりを推進

7月2日、ソフトバンクと国立大学法人広島大学、東広島市が、Society 5.0やスマートシティの実現などを主な内容とする、包括連携協定を締結しました。

リアルな「対面」と「対話」が強力な武器に。ビジョンを共有できる最先端のブリーフィングセンターが竹芝に誕生

商談といえば、会議室で行われるイメージ。最近ではオンラインによる商談も増えていますが、いずれも会議スタイルで行われることがほとんど。そんな商談にも新たな波が押し寄せています。新時代の商談スタイルを実践する施設「Executive Briefing Center(EB…

人間がよりクリエーティブな仕事に専念できるビジネス環境を作りたい。AIエンジニアインタビュー

年々需要が高まり普及が広まってきているAI。ソフトバンクでもさまざまな部門の業務にAIが活用されています。実際はどのようなところでAIが使われていているのか、またAI技術者の育成などについて、ソフトバンクの社内システムのAI化を担う、AIエンジニアリ…

東京大学とソフトバンクの次期トップが特別対談。Beyond AI 研究推進機構 発足記念シンポジウム

2月20日に「Beyond AI 研究推進機構 発足記念シンポジウム “Living with AI, Going Beyond AI”」がオンラインで開催され、ソフトバンクグループ株式会社 代表取締役 会長兼社長執行役員の孫 正義がビデオメッセージで開会祝辞を寄せたほか、ソフトバンク株式…

世界最高レベルのAI研究を事業化へ。社会を変えるサービスを生み出していきたい|ソフトバンクの研究開発

通信事業者の枠を超えた革新的なサービスを生み出し、時代を変える企業を目指すうえで鍵となるのが「研究開発」です。ソフトバンクにとって最重要分野であるAIに関する研究開発を行うAI戦略室のリーダーに、現在の取り組みについて話を聞きました。

Society 5.0の実現を加速させる最先端のテクノロジー。第3回Deep Tech開催レポート

2021年1月13日、IT・モバイル技術を中心としたソフトバンクのTechカンファレンス「第3回 Deep Tech」がオンラインで開催されました。今回の開催テーマは「The Way 〜道〜」。ITのトップエンジニアやソフトバンクのテクニカルマイスターから、それぞれの専門…

トップエンジニアが思い描く、コロナ禍よりもっと先の未来。第3回Deep Techの見どころをご紹介

ソフトバンクでは、2021年1月13日に、IT・モバイル技術を中心としたソフトバンクのTechカンファレンス「第3回Deep Tech」をオンラインで開催予定です。ITのトップエンジニアやソフトバンクのテクニカルマイスターが登壇します。どんな話が聞けるのか、開催前…

時代を乗り越えるテクノロジーが、ここにある。世界のIT企業のリーダーがオンラインで講演。SoftBank World 2020 開催レポート

10月29〜30日に、初のオンライン形式で開催されたソフトバンク最大のビジネスイベント「SoftBank World 2020」。ソフトバンクグループ代表の孫正義、ソフトバンク社長の宮内謙、副社長で法人事業を統括する今井康之、そして、世界のデジタル化を牽引するグロ…

5Gで企業のビジネス創出魂に火をつけろ! 大阪市にイノベーション拠点「5G X LAB OSAKA」がオープン

大阪市に #5G の技術検証や最先端技術が体験ができる「5G X LAB OSAKA」がオープン。5Gを活用した遠隔操作システムや、AR・VR映像の展示・体験コーナーなど、企業のイノベーション拠点として期待されています。

なぜネット社会で誹謗中傷が起きるのか。専門家に聞くコメントマナーと、Yahoo!ニュースのAI活用最前線

専門家への取材を元に、これからのネットリテラシーの基礎を解説。またYahoo!ニュースが取り組んでいるAI(人工知能)を活用した不適切コメントへの対策について紹介します。

DXが企業の命運を握る? 産業活動、消費行動が大きく変わる今、「共創」をキーにビジネスへの貢献を目指す

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、その推進が企業の成長を大きく左右するとさえ言われ、新型コロナウイルスとの共存を図る中で経済活動が大きな変貌を遂げる今、注目度はますます高まっています。ソフトバンクは日本の社会課題に対峙すべく、早く…

「あなたの面接官はAIです」 ベテラン人事の評価ノウハウをAI化した、AI動画面接の仕組みをギリギリまで聞いてみた

ソフトバンクは、2020年5月末から新卒採用選考における動画面接にAIシステムを導入。本システムの企画担当者にその仕組みや、採用のちょっとした裏事情を聞いてきました。

AIで医療課題の解決へ。「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」プロジェクトにソフトバンクが技術協力

AI、IoT、ビッグデータを用いて高度な診断・治療などの医療支援を行うAIホスピタルの社会実装に向けた官民連携プロジェクトの開始が発表され、ソフトバンクは、5Gをはじめとする通信ネットワークやユーザー認証機能などの提供・検証を行います。

テクノロジーを“ディープ”に探求するエンジニアたちが思い描く夢のような7つの未来

2020年の幕開けに開催された技術カンファレンス「Deep Tech」。ソフトバンクやヤフーのトップエンジニアたちが集い、専門分野での取り組みを発表しました。皆さんが利用しているさまざまなサービスや技術は、エンジニアたちの日々の地道な研究によって支えら…

エレベーターの乗降もらくらくクリア! 自律走行ロボット「Cuboidくん」を活用したサービスの実用化に向けてデモを実施

人手不足対策の一環として自律型走行ロボットの活用が期待される中、エレベーターの乗降など実用化に向けたロボットの自律移動のデモンストレーションが行われました。

国内外の有識者が集う「ムーンショット国際シンポジウム」の基調講演に孫正義が登壇

12月17日・18日の2日間、東京・日本橋でムーンショット国際シンポジウムが開催されました。17日に実施されたソフトバンクグループ代表取締役会長 兼 社長の孫正義による基調講演の内容をご紹介します。

愛知県・ソフトバンク・MONETが包括協定締結。AI、IoT、ビッグデータの活用やMaaSの実装で、地方創生を推進

ソフトバンクとMONETが、愛知県と包括連携協定を締結。地域の活性化や県民サービスの向上に向け、最新の技術を活用したスマート社会の実現を目指します。

インドネシアのリッポー・ヴィレッジのスマートシティ化を支援。 ─ AI、IoTを活用したソリューションで東南アジアのモデル地区に

インドネシア共和国最大の不動産会社であるリッポー・カラワチ社とソフトバンク株式会社が、AIやIoTを活用したソリューションによるインドネシアの都市開発で合意し、首都ジャカルタで共同会見を開催しました。

世界最高レベルの人と知が集まる「Beyond AI 研究所」開設へ。ソフトバンクと東京大学が共同記者会見

12月6日、ソフトバンクと東京大学が世界最高レベルの人と知が集まる研究所「Beyond AI 研究所」を共同で開設し、研究成果の事業化を目的とする産学共創協定を締結したことが発表されました。ソフトバンク株式会社 代表取締役 副社長執行役員 兼 CTO 宮川潤一…

ながら運転を未然に防ぐ「ドラレコを超えたドラレコ」ナウトのAI搭載ドライブレコーダーを体験してきた

12月に改正道路交通法が施行され、罰則が強化される「ながら運転」。社用車を保有する企業では、ながら運転を防止する「AI搭載ドライブレコーダー」の導入が進んでいるそうです。実際にドライブ体験してきました。

チケットの値段がリアルタイムで変わる。AIが価格を決める「ダイナミックプライシング」の仕組みを解説

AIが需要を予測して価格を決定する「ダイナミックプライシング」が、ホテルなどの宿泊施設やプロ野球などのスポーツイベントを中心に導入が進んでいます。複雑な価格設定を可能にしている仕組みを解説します。