ソフトバンクNOW 2015年

世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」に
「ソフトバンク・チーム・ジャパン」が挑戦

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、2015年7月から始まる国際的なヨットレース「アメリカズカップ」に参加する日本チームのスポンサーを務めることになりました。チーム名は「ソフトバンク・チーム・ジャパン」。日本チームとしては、実に15年ぶりの参戦となります。2015年4月30日、ソフトバンクの汐留本社にて、「アメリカズカップ」への挑戦表明に関する記者会見を開催しました。

世界に挑戦する姿に共鳴

「アメリカズカップ」は、1851年から現在まで続く国際的なヨットレースで、優勝トロフィーは、継続して使用されているスポーツトロフィーの中でも世界最古と言われる伝統ある大会です。レースは一騎打ち形式で行われますが、使用するヨットは必ず出場国で建造する必要があり、参加各国は持てる技術の粋を集め、威信を賭けて大会に臨むことになります。

2017年6月に開催される「第35回 アメリカズカップ」の本戦に出場するため、2015年7月から世界各地を転戦する予備予選レース・サーキット「アメリカズ・カップ・ワールド・シリーズ」が始まります。この大会に挑戦するにあたり、日本屈指のヨットクラブとして伝統ある一般社団法人 関西ヨットクラブと、日本のヨットレースを統括する公益財団法人 日本セーリング連盟の協力の下、日本チームが結成されました。

2015年4月30日の記者会見に登壇したソフトバンク ブランド推進室 室長の栗坂 達郎は、スポンサー就任について、次のように抱負を述べました。
「ソフトバンクは経営理念である“情報革命で人々を幸せに”の実現に向け、世界へ挑み続けています。今回『ソフトバンク・チーム・ジャパン』として、まさに世界への挑戦をサポートさせていただくことを、大変ありがたく感じるとともに、非常に興奮しています。この偉大な挑戦の一員として、グループ一同、できる限りのサポートをしていく所存です」


また、会見に出席できなかったソフトバンクグループ代表の孫 正義は、「世界最高峰のヨットレースである『アメリカズカップ』への出場は、世界No.1を目指すソフトバンクグループの姿勢とも重なる大きなチャレンジです。多くの皆さまと共に日本チームを応援してまいります」とのメッセージを寄せ、支援を約束しました。

(掲載日:2015年6月9日)

  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。