ソフトバンクニュースは「IT×ライフスタイル」をテーマに、暮らしに役立つ小ネタから、もらってうれしいプレゼント、スマホの豆知識、話題のガジェットやテクノロジー、企業の取り組みまで、ソフトバンクのさまざまな情報をお届けします。

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

「スマホ決済」基本のキ! 僕らの支払い生活はどう便利になるの? スマホ決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」の紹介付

「スマホ決済」基本のキ! 僕らの支払い生活はどう便利になるの? スマホ決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」の紹介付

気になったことは何でも調べないと気が済まないシリタガーリくん。そんな彼にいつも助言を与えているのが、最新のトレンドやビジネス、そしてテクノロジーに詳しいオシエール教授です。今日もシリタガーリくんが気になることがあって、オシエール教授のもとを訪ねてきました。どうやらスマホ決済(別名:キャッシュレス決済)に興味津々のようです。

登場人物を紹介するよ

シリタガーリくん

ビジネスやライフスタイルのトレンドについて、飽くなき探究心を持つ大学生(20歳)。授業の合間を見て、オシエール教授の研究室をしつこく訪れる。喜怒哀楽が激しい。

オシエール教授

シリタガーリくんが通う大学のベテラン教授(年齢はヒミツ)。最新のテクノロジーに知見を持ち、シリタガーリくんの疑問についても丁寧に答える。ポーカーフェイス。

今回の目次だよ

現金を使わず、スマートフォン一つで支払いができる「スマホ決済」

シリタガーリくん

オシエール教授、大変です!

オシエール教授

何事かね、シリタガーリくん!?

シリタガーリくん

最近、スマホ決済が話題のようなんですが、僕にはさっぱりわからないんです。

オシエール教授

はっはっはっ。そんなことも知らないのかね、シリタガーリくん。

シリタガーリくん

このままでは友達や(いつかできる予定の)彼女とスマホ決済について話ができません。教えてください!

オシエール教授

よろしい! では、説明しよう。スマホ決済(別名:キャッシュレス決済)とは、読んで字のごとくスマートフォンで決済するサービスのこと。お金を使わず、スマホだけで支払いができるようになるのだよ。

シリタガーリくん

なるほど! と思いましたが、まったくわかりません。どうしてスマホだけで支払いができるのですか?

オシエール教授

むむむ! では、もう少し詳しく説明しよう。スマホ決済ができるのは、専用アプリがあるからなのだ。ここにお金をチャージしたり、クレジットカードや交通系ICカードの情報を登録することで、現金やカードの役割を果たしてくれるようになるのだよ。

スマホ決済の仕組み

スマホ決済の仕組み

スマートフォンで店頭のQRコードを読みとったり、ディスプレイに表示したQRコードやバーコードを専用端末にかざすだけで、現金やクレジットカードのような機能を果たせます。準備は専用アプリをスマートフォンにインストールだけです。

シリタガーリくん

なるほど! すべてをスマホ一台にまとめることで、あらゆる決済が可能になるわけですね。それは便利そうです。ちなみに、どうやって使うのでしょうか?

オシエール教授

スマホで店頭のQRコードを読みとったり、スマホに表示したQRコードやバーコードを専用端末にかざす、これだけだ!

シリタガーリくん

え、それだけ!?

オシエール教授

そう! 飲食店はもちろん、コンビニやアパレルショップ、ヘアサロン、銭湯などでも使えるようになっている。しかも、導入店舗は現在進行形で増えているから、ますます便利になるはずだ。スマホ決済ができる店はレジのところなどに表示があるので、それを確認するといい。

キャッシュレス支払額と民間最終消費支出に占める比率

キャッシュレス支払額と民間最終消費支出に占める比率

日本のキャッシュレス決済比率は、2008年の11.9%から2016年には20.0%へと推移。8年間で8%程度の上昇となっている。

(出典:経済産業省「キャッシュレスビジョン」

アメリカや中国では利用が進んでるスマホ決済、日本ではなぜ普及しないの?

シリタガーリくん

オシエール教授、スマホ決済の便利さはわかりました。そのうえで教えてください。このスマホ決済は、日本だけでなく、海外でも使えるサービスなのでしょうか?

オシエール教授

もちろんだよ! 過去のデータ(2015年)ではあるが、日本は普及率が20%以下と遅れている状況なんだ。他の国に目を向けてみると、アメリカで45%、中国で60%、韓国に至っては約90%も普及している。現在でも世界規模でマーケットはさらに拡大していて、日本政府も将来的には普及率80%を目指しているんだけどね。

各国のキャッシュレス決済比率の状況(2015年)

各国のキャッシュレス決済比率の状況(2015年)

韓国や中国といったアジア勢や欧米諸国と比べると、日本は20%未満と遅れている。

(出典:経済産業省「キャッシュレスビジョン」

シリタガーリくん

ええ!?

オシエール教授

先日、知り合いとインドに行ってきたのだが、インド最大の決済サービス「Paytm」をすでに3億人が利用していて、利用可能店舗数が800万を突破しているそうだ。

シリタガーリくん

3億人! すでに日本の人口の倍近い数の人が利用しているのですね。でも、どうしてそんなに普及しているのでしょうか?

オシエール教授

そもそもインドは国土が広く、日本のように電話線などのインフラが整っていなくてね。しかも、クレジットカードが使えないところも多い。だから、スマホが登場したことで、一気にテクノロジー革命が起きてスマホ決済が普及したのだよ。

シリタガーリくん

確かに日本ではまだまだ現金が便利ですもんね。では、欧米ではどうなのでしょうか?

オシエール教授

欧米でもスマホ決済はどんどん進んでいる。彼らは効率的なライフスタイルを好むからね。つまり、世界規模でお金の使い方が変わっているわけだ。日本でも外国人観光客の数は年々増えているし、2019年にはラグビーワールドカップ、2020年には東京オリンピックも控えている。現段階で対応していかないと、世界に遅れを取ってしまうわけだよ。

シリタガーリくん

それはマズいですね…

オシエール教授

そうだ、シリタガーリくん! 私と一緒にインドへ行った友人もスマホ決済に詳しいので、彼にもいろいろ聞いてみるといいだろう。ついてくるのだ、シリタガーリくん!

シリタガーリくん

はい、オシエール教授!

スマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」の特長や便利な使い方は?

オシエール教授がシリタガーリくんを連れていったのは、東京駅すぐ近くにあるコミュニティ型ワークスペース「WeWork」。そのビルにはスマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」を展開するPayPay株式会社のオフィスがあります。そしてオシエール教授の友人は、そのPayPay株式会社の取締役である馬場一さん。さあ、シリタガーリくんのスマホ決済サービスに関する質問攻めが始まります…!

バーコードやQRコードを使ったスマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」とは

PayPay(ペイペイ)

2018年秋に開始された、ソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPay株式会社が提供する、バーコードやQRコードを使って決済ができるスマホ決済サービス。日本国内においてキャッシュレス決済の普及を促進することを目的に、利用者と加盟店の双方に利便性の高いサービスの実現に向け、活動を展開しています。

「PayPay(ペイペイ)」のウェブサイトをみる

オシエール教授の友人 馬場一(ばば・はじめ)さん
(PayPay株式会社 取締役 副社長執行役員 COO)

オシエール教授

紹介しよう、「PayPay」の馬場一さんだ。

馬場一さん

シリタガーリくん、よろしくね。

シリタガーリくん

馬場さん、よろしくお願いします!

オシエール教授

「PayPay」は、今年の秋から提供をスタートしたスマホ決済サービスだよ。

シリタガーリくん

馬場さん、早速ですが「PayPay」の特長を教えてください!

馬場一さん

まず、大きな特長は、全国チェーンの店舗から各地域の小規模店舗まで、幅広く利用できることだね。加えて、中国のオンライン決済プラットフォーム「アリペイ」とサービス提携しているから、PayPayが使える店なら、中国からの旅行客が簡単に決済できるんだ。

シリタガーリくん

それは便利ですね! でも、現金でも支払いができるのにどうしてスマホ決済の普及を進めているんですか?

馬場一さん

いい質問だね。例えばレストランで料理を食べたとして、現金で決済をすると、お店の人がお金を持って客席とレジとの間を行ったり来たりして時間がかかる。それに小銭もジャラジャラとかさばったりするよね。でも、スマホ決済だったら、QRコードかバーコードで読み取るだけで済ませられるから、今よりもスマートな支払いが実現できるんだ。

シリタガーリくん

デートのときなんかにスマートな支払いができるとモテそうですね。

馬場一さん

そうそう。それに海外だと、紙の紙幣はそこまで安全じゃないんだ。海外で両替してもらうときも、1万円を渡したのにごまかされて1,000円しか渡されないなんてこともあるし、盗まれる危険性も高い。そういう問題はすべて、スマホ決済なら解決できるよね。

シリタガーリくん

つまり、「お金をクリーン化」できるわけですね!

オシエール教授

シリタガーリくん、一つ賢くなったようだね。

スマホ決済が普及すると動物園や遊園地の入場混雑が解消される!?

シリタガーリくん

これまでは使う側の話ばかり聞いていたけれど、導入する店舗側には何かメリットってあるんですか?

馬場一さん

「PayPay」は支払いサイクルがとにかく早いね。一般的にクレジットカードや他のスマホ決済は締日が設定されているので、締日の翌月末日に入金とか、それなりの日数がかかるんだけど、PayPayだと1万円貯まったら翌日に入金されるよ。

シリタガーリくん

お金が即座に入金されるのはお店にとって嬉しいでしょうね。

オシエール教授

特に飲食店は仕入れにお金がかかるから、入金サイクルが早いと便利そうだ。

馬場一さん

しかも今なら初期手数料、決済手数料、入金手数料がすべて無料! スマホ決済に必要なツールも提供しているんだ。

シリタガーリくん

馬場さん、スマホ決済でできることはこれからもっと広がってくのかな?

馬場一さん

そうだね。もし給料がデジタルマネーで払われるようになったら、銀行からスマホにチャージする手間が省けるので、振り込み手数料が要らなくなってくるかもしれないね。

シリタガーリくん

お金の形自体が変わっていくということですね。

馬場一さん

あと、動物園や遊園地の入園の混雑緩和に、スマホ決済が使えないかなと考えてるよ。チケット購入を待つ行列ができることが多いから、例えば入り口に大きなQRコードを設置して、それを読み込んでスマホ決済できるようにしてね。

シリタガーリくん

スゴイ! そんなことにもスマホ決済は役に立つんですね!

オシエール教授

情報革命によって人々の生活が変わろうとしてるのだろうね。

シリタガーリくん

オシエール教授、今日1日でスマホ決済についてとても詳しくなりました。

オシエール教授

うむ。何はともあれ、スマートに支払いができて便利なスマホ決済。シリタガーリくんも今すぐに試してみるべきだね!

シリタガーリくん

はい! 早速この知識を活かして(いつかできる予定の)彼女にカッコいいところを見せたいと思います。

オシエール教授

結局そこかい!

(掲載日:2018年11月12日)
文:エクスライト
イラスト:イケウチリリー
撮影場所:PayPay株式会社(WeWork 丸の内北口)

スマホ決済が気になったら「PayPay(ペイペイ)」を使ってみよう

PayPay(ペイペイ)

お支払いはスマホ一つでスマートに完了。最短1分で始められ、新規登録で500円分、毎回の利用時にはお支払い金額の0.5%相当のPayPayボーナスがもらえます。シリタガーリくんよりもスマートな支払いをしたいあなたはぜひ試してみてください!

「PayPay(ペイペイ)」のウェブサイトをみる

App Store

Google Play