SNSボタン
記事分割(js記載用)

ほぼ毎日、“超神席”で、劇場公演が楽しめる! 「LiVR」でAKB48グループの劇場公演をVRライブ配信

ほぼ毎日、超神席で、劇場公演が楽しめる! AKB48グループの劇場公演を「LiVR」でVRライブ配信

1月16日、秋葉原のAKB劇場(東京都千代田区)でAKSが記者発表会を開催。ソフトバンクが提供するVRコンテンツ配信アプリ「LiVR(ライブイアール)」で、AKB48グループの劇場公演のVRライブ配信サービスを開始することが発表されました。

キーワードは、「ほぼ毎日」×「超神席」×「自由な視点」

キーワードは、「ほぼ毎日」×「超神席」×「自由な視点」

ソフトバンク株式会社 常務執行役員 サービス企画本部 本部長の寺尾洋幸は、「LiVR」が、5年前のVRがまだ一般的でない時代に、若手社員の強い意志によってスタートし成長を遂げてきたサービスであることを紹介。「VRによって時間や場所の制約が無くなり、ライブの価値を無限大にする。AKB48グループとの新しいライブエンターテインメントへの取り組みに期待してほしい」と説明しました。

「LiVR」での劇場公演ライブ配信は、2月3日よりAKB48劇場(東京都千代田区)・SKE48劇場(名古屋市中区)・NGT48劇場(新潟市中央区)の3会場で開始されます。「最前列席よりステージに近い『超神席』からのVRライブ映像が、劇場公演が行われるほぼ毎日配信される。それまでの間、2019年12月8日の『AKB48劇場 14周年特別記念公演』のVR映像(無料)で、多くの人に実際にLiVRを体験いただきたい」と思いを語りました。

「LiVR」をチェックする

「めっちゃ近い! 触れそう! 」AKB48グループメンバーが熱く語る、劇場公演VRライブ配信の推しポイント

発表会にはAKB48 柏木由紀さん、SKE48 須田亜香里さん、NMB48 白間美瑠さん、HKT48 田中美久さん、NGT48 本間日陽さん、STU48 瀧野由美子さんの6人がAKB48グループを代表して登場。「LiVR」による劇場公演のVRライブ配信の魅力を語りました。

「めっちゃ近い! 触れそう!」AKB48グループメンバーが熱く語る、劇場公演VRライブ配信の推しポイント

「LiVR」であなたの推しメンが目の前に! いつでも最前列席より前の「超神席」を確保

AKB48 柏木さん「カメラが実際の劇場の最前列席より前に置いてあるので『超神席』なんです」

NMB48 白間さん「ほんとに近いですよね。メンバーに触れるんじゃないかってくらいめちゃめちゃ至近距離! 」

NGT48 本間さん「劇場公演はいつも抽選で席が決まるので、どんなに運が良くても毎回最前列っていうのは無理だと思うんですけど、LiVRだったら毎回この『超神席』を確保して臨場感たっぷりに楽しめるのでオススメです! 」

劇場公演を『視点と劇場を一瞬で切り替えて』高画質でリアルタイム視聴可能

SKE48 須田さん「LiVRでは、2月3日から3つの劇場(AKB48劇場・SKE48劇場・NGT48劇場)での公演が視聴できるようになるんですよね。その3劇場のメンバー、挙手をお願いします~! 」

(柏木さん・須田さん・本間さんが挙手)

STU48 瀧野さん「うらやましいです…。各劇場に3台カメラが設置されるので、ゴーグルの簡単な操作で映像を自由に切り替えて自分の推しメンを追いかけられるんですよ。さらに別の劇場の映像にも切り替えられるので、同じ日に別会場で公演が被っても一瞬で移動できちゃいます! 」

HKT48 田中さん「お仕事などで忙しくてなかなかライブに来られない方や、抽選に外れてしまった方も、LiVRなら劇場公演に来ている感覚で楽しめると思います」

発表会の後半には、メンバーが実際にVRゴーグルを着けてVR映像を体験。メンバーを代表して体験したAKB48の柏木さんは、「めっちゃ近い! 触れそう(笑)! 」と目の前で踊るメンバーに大興奮。柏木さんの見ている映像をモニターで見る他のメンバーも、「ほんと、その場にいるみたい」「劇場を切り替えると瞬間移動しているみたい」と驚きの声をあげていました。

発表会の様子

最前列席よりも前の視点からVR体験。まさに“超神席”だった!

最前列席よりも前の視点からVR体験。まさに“超神席”だった!

発表会でAKB48の柏木さんがVRを体験しながら興奮する様子を見て、実際にそのVR映像を体験してみました。

LiVR担当者

「LiVRは2019年に初めてのリアルタイムVR配信として、ヤフオクドームの福岡ソフトバンクホークス全試合を中継しました。そのノウハウを生かしたからこそ、今回AKB48グループとのコラボが実現したと思っています。ぜひたくさんの方に試してもらえたらと思います。」

視聴したのは、2019年12月8日に行われた「AKB48劇場14周年特別記念公演」。LiVRのアプリを立ち上げて、VRゴーグルにスマホをセットして中をのぞくと…そこは完全にあの秋葉原のAKB48劇場! 電車で移動することなく、思い立ったらものの30秒で劇場公演に参戦できるこのシステム、相当画期的です。

ドキドキしながら幕開けを待つこと数十秒、いよいよメンバーたちが登場。

近い…! あまりに近すぎる!

一番前で踊るメンバーとの距離は、体感1メートル…いや、もっと近いかもしれません。 これはまさに、文字通りの「超神席」。何にも視界を遮られず公演を見られるので、まるでメンバーが自分のためだけにライブをしてくれているような錯覚に陥ります。

LiVR担当者

「VRカメラはステージを間近で撮影できる距離に配置しつつ、会場のファンの方々の邪魔にならないよう配慮しなければならず、調整が大変でした…。また、ファンの方々の映り込みを避けるため、180°の映像にしているのもポイントです」

つづいて、LiVRの一番の推しポイント「視点と劇場の切り替え機能」を体験。

誰でも直感的にできるVRゴーグル内の簡単な操作で、センター・上手・下手の3つの視点を自由に切り替えられます。曲によってフォーメーションやポジションが異なっていても、視点を切り替えることでずっと推しメンを追いかけることもできそうです…。

体験版は1つの劇場での公演ですが、ライブ配信では視点の切り替えと同じ操作で、劇場も一瞬で切り替えることができ、劇場から別の劇場まで瞬間移動して公演を楽しめるのだとか。

AKB48劇場・SKE48劇場・NGT48劇場の3劇場での公演ライブ配信は2月3日から開始。早く試してみたい…!

ソフトバンクニュース読者にVRゴーグルをプレゼント

本キャンペーンは終了しました。

2月2日はVRの日

(掲載日:2020年1月17日、更新日:2020年1月31日)
文:ソフトバンクニュース編集部

「AKB48劇場14周年特別記念公演」の無料VR映像を体験したい方はこちら

LiVRアプリをダウンロードしてお楽しみください。

App Store

Google Play

AKB48グループ3劇場のVR公演映像が見放題!

詳しくみる