SNSボタン
記事分割(js記載用)

お菓子はお父さんゴーストのかぼちゃモンブランでハッピー・ハロウィーン♪

年々にぎやかになるハロウィン。皆さんはどのように過ごしますか?
仮装や飾り付けなど、ハロウィンの楽しみ方はいろいろありますよね。ハロウィンスイーツもその1つ。ゴーストになったお父さんを乗せたかぼちゃモンブランの作り方をご紹介します☆

材料

市販のクッキータルト ミニサイズ9個
生クリーム 70cc
グラニュー糖 小さじ1

*かぼちゃクリーム材料
かぼちゃ 180g
生クリーム 50g
バター 15g
グラニュー糖 25g

*メレンゲクッキー材料
卵白 1個分
グラニュー糖 40g
コーンスターチ 10g
レモンの絞り汁 4~5滴
市販のチョコペン(固まる速乾性タイプ) 茶、赤各1本

  • かぼちゃクリーム、メレンゲクッキーの材料は作りやすい分量になっていますので、材料が余る場合があります。

さっそく作ってみましょう~♪

  1. まずは、かぼちゃクリームから。かぼちゃは一口大に切り、さっと水をかけて耐熱容器へ。ふわっとラップをして電子レンジ(600w)で3~4分加熱しましょう。竹串がすっと通ればOK。

  2. 1をマッシャーなどで潰し、グラニュー糖、バター、生クリームを加えて混ぜます。水分が多い場合は生クリームを控えめにするか、ラップを掛けずに電子レンジで加熱するなど、水分を飛ばし扱いやすい硬さになるように調整してみてね。

  3. 2を裏ごしすればかぼちゃクリームの完成です!

  4. 続いてメレンゲクッキーを作りましょう♪ 卵白にレモン汁を加え泡立てますよ。グラニュー糖を3回に分けて加えながらしっかりしたメレンゲを作ります。コーンスターチを加え粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせてくださいね。

  5. 太めの口金を付けた絞り袋に入れ、おばけの形に絞ります。

  6. お父さんの耳は小さな口金に変えて絞りましょう。100度に予熱したオーブンで60分焼き、焼き上がったらオーブンの中で粗熱を取ります。

  7. おばけとお父さんの顔は、湯煎で溶かしたチョコペンで書いてくださいね。

  8. 生クリームにグラニュー糖を加えて泡立て、クッキータルトに絞る。

  9. かぼちゃクリームを8の上にモンブラン口金で絞る。メレンゲクッキーを乗せれば完成。



メレンゲクッキーだけでも、ハロウィーンらしい美味しいスイーツになりますよ~☆

  • ソースをかけてしまうと溶けてしますので、食べる直前につけてお召し上がりくださいね。

ここがポイント!

  • 湿気で溶けてしまうメレンゲクッキー。デコレーションは食べる直前に!
  • 焼き上がってすぐにオーブンから出すと、メレンゲクッキーがしぼんでしまうことがあるので、オーブンの中で冷ましてくださいね。

momoさん
キャラ弁クリエイター・デコ料理研究家。
11歳、8歳の男の子の母。長男の入園をきっかけにキャラ弁を作りはじめ、現在はWeb、雑誌、テレビなどでキャラ弁、キャラスイーツ、デコ料理など子どもが喜ぶレシピ開発を手掛けている。
ブログ:momo's obentou*キャラ弁

(掲載日:2017年10月25日)
文:ソフトバンクニュース編集部