ソフトバンクニュースは「IT×ライフスタイル」をテーマに、暮らしに役立つ小ネタから、もらってうれしいプレゼント、スマホの豆知識、話題のガジェットやテクノロジー、企業の取り組みまで、ソフトバンクのさまざまな情報をお届けします。

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

「『ウタコク』の歌詞で最初に出てくる言葉が、自分にとってもリアルだった」足立佳奈―Artist Push! Push! #22

ソフトバンクニュースのアーティスト紹介企画「Artist Push! Push!」。今回は、♬ SoftBank Music Project 第3弾でコラボ楽曲「ウタコク」を歌ったシンガーソングライターの足立佳奈さんにインタビュー。音楽に対する思いやソフトバンクとコラボした感想、共感した「ウタコク」の歌詞、理想の告白シチュエーションなどを聞いてきました♪

♬ SoftBank Music Project 第3弾「ウタコク」

AbemaTV「今日、好きになりました。」とソフトバンクがコラボして作られた「ウタコク」。
これまでで一番リアルなラブソングを作ろうという制作意図で、番組内で高校生たちが実際に口にした告白の言葉をもとに歌詞が作られているんです。

“歌”を通して“告白”を描いたことから「ウタコク」というタイトルがつけられました。そんな思いが詰まったこのラブソングを、若者を中心に絶大な支持を集めるシンガーソングライター足立佳奈さんがしっとり歌い上げます。

Music Video フルver.や歌詞を
チェックする!

「ごめんね」「好きです」歌は思いを伝える手紙のような存在

ご出演、ありがとうございます。足立さんは2014年にLINE×SONY MUSICオーディションでグランプリ獲得、2017年8月に「笑顔の作り方~キムチ~/ココロハレテ」でメジャーデビューされていますが、デビューからこれまでの感想を教えてください。

「あっというまだなぁ」という感じなんですけど、本当に一日一日が濃くて、今でも写真を見返すとその時の気持ちを思い出します。「この曲を通してこんな人と出会ったな」とか、いろいろな思い出がありますね。

歌や音楽ってご自身にとってどんな存在ですか?

私にとっての音楽は、どんなときでも側にいてくれるもの。例えば友だちとケンカしてしまったり、家族との会話で傷ついたり、ふられてしまったり。でもショッピングセンターに行けばそこには音楽があって、ごはんを食べにお店に入るとやっぱり音楽がかかっていて、自分一人だとしても音楽はいつも側にいてくれる。“心の友だち”っていうイメージです。

歌うことは、気持ちを伝える手段で“手紙”のようなものですね。言葉をうまく伝えられないときに「ごめんね」と謝る曲を友だちに作ったこともありましたし、今回の「ウタコク」のように「好きです」という告白の歌を作ったり、歌を歌って思いを伝えることが多いです。私の中では手紙の1つ、思いを伝える1つの方法です。

メジャーデビューの前後で、歌や音楽に対する思いに変化はありましたか?

デビューする前は「私は私」という思いが強くて、他の人の音楽ってあまり聞かなかったんです。心のどこかで拒否してしまっていたんですけど、デビューしてからはいろいろな人の音楽に触れるようになりました。ライブに行かせてもらって学ぶことも多かったですし、影響を受けて自分の音楽に取り入れたり。そこがデビュー前後で変わったところですね。

“なんていったらいいんだろ”という歌詞に「共感、共感」

「ウタコク」の話を聞いたときの第一印象を教えてください。

うれしかったです。小さい頃から、自分が日常的に聞いていた会社とコラボできるっていうのは、もう目が飛び出そうでした。

「ウタコク」は告白がテーマになっていますが、足立さんにとっての理想的な告白シチュエーションは?

えっ! どんなシチュエーションかな……。やばい、ニヤニヤしてきちゃった(笑)。 そうですね、お買い物とかに行って、ごはんを食べ終わって、きれいな夜景を見ながら誰もいない状態で告白されたいです!

共感した歌詞はありますか?

1番と2番の最初に「ah なんていったらいいんだろ」という言葉があるんですけど、恋って本当にそんなものだなと思っています。「なんでこんなにモヤモヤしてるの? なんていったらいいの」って感じるし、その歌詞が最初にきているのを見て「共感、共感」と納得しました。恋って全部が「なんていったらいいんだろう」ですよね!

「ウタコク」はMusic Videoも胸キュンの内容になっていますが、普段スマホで動画は見ますか?

お付き合いされているモデルさん同士で動画を公開されていたりすると、私はそれを見て一人でキュンキュンしています(笑)。Twitterだったり、Instagramだったり、Youtubeだったり、結構いろいろ見てますね。

結構見られるんですね、ぜひ動画SNS放題の「ウルトラギガモンスター+」で! それでは最後に、読者の皆さんへのメッセージをお願いします。

皆さん、いつも応援ありがとうございます! もっともっと素敵な歌を届けられるように頑張っていきます。新曲「ウタコク」が配信中なのでぜひ聴いてみてください!

足立佳奈
岐阜県海津市出身のシンガーソングライター。
2014年、LINE×SONY MUSICオーディションで12万5094人の中からグランプリを獲得し、2017年8月「笑顔の作り方~キムチ~/ココロハレテ」でメジャーデビュー。2018年には、TOKYO GIRLS COLLECTIONや超十代、シンデレラフェスなど大型イベントに出演する一方、TVアニメ「レイトンミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」オープニング・テーマソング、NHK中部フレッシャーズキャンペーンのイメージソングなども担当し、NHK Eテレ高校講座「国語表現」ではテーマ音楽、MCを担当するなど多方面で活躍。2018年10月には1st Album「Yeah!Yeah!」をリリース。2019年2月1日から「ウタコク」配信開始。

おまけです! 現役高校生1,000人に聞いた、恋愛に関するアンケート調査

「ウタコク」企画の一環として、告白経験のある現役高校生1,000人にソフトバンクでアンケート調査を実施しました。今どきの高校生の恋愛事情、皆さんにとっては普通? それとも意外?

Q. 理想的な告白シチュエーションは?

1位:帰り道(50.4%)
2位:教室(29.4%)

やはりここは高校生! 学校に関わるタイミングでの告白がメインなんですね❤

Q. 理想的な告白方法は?

1位:直接伝える(92.4%)
2位:LINEなどのメッセージアプリ(10.9%)

現代の子はLINEで告白するのが普通なのかな? と思いきや、「直接伝える」が92.4%と圧倒的多数! 好きという気持ちは直接伝えることがやっぱり一番ですよね❤

(掲載日:2019年2月25日)
文:ソフトバンクニュース編集部