ソフトバンクニュースは「IT×ライフスタイル」をテーマに、暮らしに役立つ小ネタから、もらってうれしいプレゼント、スマホの豆知識、話題のガジェットやテクノロジー、企業の取り組みまで、ソフトバンクのさまざまな情報をお届けします。

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

「卒業は“別れ”だけじゃないー“はじまり”を感じられる歌詞にしたかった」秦 基博 - Artist Push! Push! #24

さまざまなアーティストとコラボレーションしているソフトバンクの新CM「♬ SoftBank music project」。現在放送中の第5弾で、楽曲『仰げば青空』を手掛けた秦 基博さんにインタビュー!

実は、今回の曲が自身初の卒業ソングとなる秦さん。歌詞に込めた思いや卒業にまつわる自身のエピソードなどを話していただきました。

別れを告げることよりも、その先を見据えて

秦さん初の卒業ソングということですが、『仰げば青空』という曲はどのような思いで作られたのか教えていただけますか?

卒業というタイミングや情景を思い起こしながら、作りました。卒業の瞬間というのは「別れ」と「新しい旅立ち」が一緒にある瞬間だと思うので、その両方描きたいなと思いましたね。

曲の中でお気に入りのフレーズなどはありますか?

そうですね~、タイトルにもなっている『仰げば青空』というフレーズは、「卒業」をテーマにしたことによって出てきたフレーズだと思いますし、イメージも広がるかなと思いますね。

あとはやっぱり、サビの「さよならは言わない」っていうフレーズですかね。別れなんですけど、別れを告げることよりその先を見据えてというか…。そういう感覚を感じてもらえたらなと思って書きました。

仰げば青空

2019年3月13日
iTunes他 各音楽配信サイトにてデジタル配信スタート

ダウンロードはこちら

  • Apple MusicやiTunes Storeなどからご購入の場合は、月々の携帯電話のご利用料金とまとめてお支払いいただける決済サービス「ソフトバンクまとめて支払い」をご利用いただくと便利です。

「卒業」と聞いて何か思い浮かべるもの、エピソードなどがありましたら教えてください。

高校の軽音楽部時代ですかね。仲間たちとの思い出は楽しい時間ばかりでした。卒業してそれまでのようには会えなくなってしまったので、印象にすごく残ってます。

エピソードで言うと、中学生の時の卒業式では制服が学ランだったので、ボタンがなくなるかな~と期待していたんですけど…見事全部ついた状態で帰宅しましたね(笑)

秦さんの忘れられない恩師はいらっしゃいますか?

中学時代のバスケットボール部の顧問の先生ですかね。愛情をもって、厳しく接してくださった先生でした。大人になった今でも、夢で怒られるので…(笑)よっぽど怖かったのかなと思います(笑)

最後に読者のみなさんにメッセージをお願いいたします!

いろんな情景だったり、「別れ」と「旅立ち」という相反する瞬間を描いているので、聞いてくださる方がどの情景をイメージするのか、僕も楽しみにしています。ぜひこの楽曲を楽しんでいただけたらなと思います。

本日はありがとうございました。

さまざまなエピソードを話してくれた秦さん。他にも、普段の曲作りで意識していることや今後チャレンジしたいことなども話していただきました。詳しくはインタビュー動画をご覧ください!

『仰げば青空』WEBムービーの撮影現場に潜入!

秦さんが「卒業」をテーマに、別れとその先にあるはじまりへ向かう想いを描いた楽曲『仰げば青空』。今回は特別に、そのWEBムービーの撮影現場に潜入してきちゃいました!

撮影準備が進む現場に足を踏み入れると、そこには出会いと別れの季節を象徴とする大きな桜の木が。舞台は高校の教室ということで、色あせた机や、別れ、感謝のメッセージが書かれた黒板など、どこか懐かしさ感じさせる雰囲気もありました。

準備が整うと、「本番!」という声とともに『仰げば青空』のイントロが流れはじめ、撮影がスタート。教室の中で歌う場面や窓からのシーンなどを撮り終え、映像をチェックする秦さんとスタッフの皆さん。1つの作品を作り上げていく皆さんの真剣な表情に、とても圧倒されました。

さらに今回のWEBムービー「卒業」篇 ロングバージョン(♬ 秦 基博出演)では、秦さんと白戸家のお父さんが初共演。教室の椅子でたたずむお父さんと秦さんのツーショットにもぜひ注目してみてくださいね!

テーマは卒業式!「♬ SoftBank music project」第5弾

今回、秦 基博さんとコラボレーションしたソフトバンクの新CM「♬ SoftBank music project」。これまでにも、豪華アーティストの皆さんがそれぞれテーマに合った楽曲を披露してくれています。

第5弾となる今回のCMの舞台は、とある高校の卒業式。卒業生役で清原果耶さん、教師役で田中圭さんが出演しています。卒業証書授与のシーンや、思い出を振り返りながら涙するシーンなど、学生時代を思い出すようなドラマチックなCMになっていますよ!

♬ SoftBank music project
特設サイトはこちら

秦 基博

2006年デビュー。“鋼と硝子で出来た声”と称される歌声と叙情性豊かなソングライティングで注目を集める。2014年、映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌「ひまわりの約束」が大ヒット。2018年、アナログ専門の自主レーベルを設立し「ひまわりの約束」と「花」をアナログレコードでリリース。今回の新テレビCMテーマソング『仰げば青空』は2019年3月13日(水)に配信リリース。

公式Twitter

(掲載日:2019年3月13日)
文:ソフトバンクニュース編集部

関連記事

「『ウタコク』の歌詞で最初に出てくる言葉が、自分にとってもリアルだった」足立佳奈―Artist Push! Push! #22

「『ウタコク』の歌詞で最初に出てくる言葉が、自分にとってもリアルだった」足立佳奈―Artist Push! Push! #22

「『しばられるな』のメッセージが、驚くほど自分たちにリンクしていた」いきものがかり―Artist Push! Push! #23

「『しばられるな』のメッセージが、驚くほど自分たちにリンクしていた」いきものがかり―Artist Push! Push! #23