SNSボタン
記事分割(js記載用)

あなたは…この…恐怖に…耐えられる…だろうか? 今年は…VRで…肝試し…を…

あなたは…この…恐怖に…耐えられる…だろうか? 今年は…VRで…肝試し…を…

暑い日々が続くこの時期の風物詩のひとつ「肝試し」。皆さんは肝試しをしたことがありますか?

ソフトバンクニュースのTwitterでアンケートを取ってみたところ、約半数を超える方が体験済みだそう。新型コロナウイルスの影響もあり、積極的に肝試しに出かけることは憚(はばか)られる方も多いかもしれないが、今年はこんな肝試しをしてみてはいかがだろうか…?

まずは肝試しの雰囲気づくりから(怖いのがニガテな方はご遠慮ください)

肝試しをするなら徹底的にこだわってやってみようということで、用意したのは、VRゴーグルと耳を完全に塞ぐタイプのヘッドフォン、それにスマートフォンだ。

あとは…そうだな。
普段は冷房の効いた部屋で過ごしているが、リアリティを出すためにも、窓を開けて自然な夏の状態にしてみようか。

f:id:sbn_13:20200820033103j:plain

今回選んだコンテンツは、5G LABの「VR SQUARE」で公開されているホラーコンテンツ「廃病院_素材_0527.mp4」。日本のホラー映画界を代表する三宅隆太監督が2017年の「第30回 東京国際映画祭」で公開した作品だ。

廃病院_素材_0527.mp4

廃病院_素材_0527.mp4
監督:三宅隆太
キャスト:森田望智、南千紗登、美優香、小田篤、永田真理
©2017VR “DEAD” THEATER

映像は、売り出し中のアイドルグループが廃病院でバラエティ番組の撮影をしているシーンから始まる。

 

うわっ!!

 

突然現れる人の顔。暗視カメラで撮影した映像のためか、それだけでちょっと怖いかも…

そして後ろから声が聞こえる。
振り返ってみると、

 

うわーっ!!

 

3人のアイドルが後ろに立っている。ちょっと近すぎない…? 普段ならそのシチュエーションにドキドキしそうなものだが、明らかに違うドキドキだ。そんな余裕なんてまったくない。既にこの映像の雰囲気にのまれ始めているのだろうか。

 

 

そんなことを考えているうちに、どんどんストーリーが進んでいく。
心臓はもうバクバクだ。

 

 

うわーーっ!!!

 

 

ゾクゾクして鳥肌が立った。ふいに生暖かい風が肌にまとわりつくように流れていったのだ。開け放った窓からだろうか、いや絶対そうに違いない。そうでなきゃ…(泣きそう…)

 

 

 

(トントン…)

 

f:id:sbn_13:20200820032928j:plain

 

うわーーーーっ!!!!!

 

急に誰かに肩を叩かれた気がした。

あまりの驚きに、思わずVRゴーグルとヘッドフォンを外してしまった。

 

家族「何やってんの? 夕飯、できたけど」

は、はい…

 

VR肝試しをするなら、1人でいるときの方が安心かもしれませんね。

それでも誰かに肩を叩かれた気がしたときは…… キャー😱

 

「VR SQUARE」をダウンロードしよう!

App Store

Google Play

VR SQUARE

VR SQUARE

ホラーカテゴリはレーティング・コンテンツ(一部に暴力的/性的な表現を含む、あるいは強い恐怖感を感じさせる可能性があると判断されるもの)のため、表示されない場合があります。視聴する際は、「VR SQUARE」のウェブサイトにログインの上、マイページからレーティング・コンテンツ設定を変更してご利用ください。

(掲載日:2020年8月21日)
文:ソフトバンクニュース編集部