SNSボタン
記事分割(js記載用)

【ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)】~ 1分でわかるキーワード #2

【ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)】~ 1分でわかるキーワード #2

ダイバーシティ&インクルージョン(Diversity & Inclusion: D&I)とは、社会において多様な人材の活躍を推進するための概念で、国籍や性別、障がい、性自認や性的指向、言語など人それぞれの違いを受け入れて尊重すること

ダイバーシティとインクルージョンの違い

ダイバーシティとインクルージョンはそれぞれ異なる意味を持っています。ダイバーシティは、「一人一人が違う」ということ。人種や国籍、民族、宗教や性別、身体的特徴など外面的要素と、ライフスタイルや価値観、考え方など内面的要素の違いに分けられます。職場におけるダイバーシティとは、雇用主がさまざまなアイデンティティーを持つ人々から構成される組織を作り上げていくことを意味します。一方、インクルージョンとは「包括すること」を指し、多様な特徴を持つ人々が誰一人社会から取り残されないように、社会全体でシステムやサービスを整えてサポートし、受け入れようとする考え方です。

公平性を目指す

ダイバーシティとインクルージョンに共通している価値観は、「公平性(Equity)」です。近年ではダイバーシティ・イクイティ・インクルージョン(Diversity, Equity, Inclusion: DEI) という考え方も主流になりつつあります。公平性とは、一人一人異なるからこそ、個人に合ったサポートが必要であるという考え方で、そのためには人それぞれの違いを認めるダイバーシティと、全ての人を対象として受け入れるインクルージョンという視点が欠かせないとされています。

こうした価値観の下、ソフトバンクでは多様な個性を力を生かした強い組織づくりのために、女性活躍の推進や性別による賃金格差の解消、障がい者採用やLGBTQへのサポートなどを推進しています。社員の理解向上に向けたeラーニングや管理職向けの研修、公平な制度の拡充など、さまざまな取り組みを通して、社員が個性や能力を発揮できる環境の実現を目指しています。

ダイバーシティ & インクルージョン(D&I)の関連記事

(掲載日:2021年11月25日)
文:ソフトバンクニュース編集部