1. ホーム
  2. 法人のお客さま
  3. Smart City Takeshiba

驚きと感動のある街を、ここから。 Smart City Takeshiba

ここは、街の未来が生まれる場所。
ソフトバンクは、東京・竹芝を新たな拠点として、
スマートシティづくりに取り組んでいきます。

私たちの役割は、都市開発のイノベーションパートナー。
さまざまな企業との共創を通じ、
最新のテクノロジーで、スマートシティを絶えず進化させ続けます。

暮らす人にも働く人にも、驚きや感動をつぎつぎと。
たとえば、交通渋滞もなく、防災も万全で、笑顔が自然に増えていく街。

そんな毎日を、世の中みんなのものにしていくために。
私たちは、ここ竹芝から、新しい街のかたちを共創していきます。

「共創によるまちづくり」の、第一歩。

  • SoftBank
  • 東急不動産

東急不動産とソフトバンクは、スマートシティの国家戦略特区である竹芝エリアで、
都市型スマートシティのモデルケースの構築に取り組んでいます。
「Smart City Takeshiba」が、「スマート東京」の実現に向けて東京都が公募したプロジェクトに
採択されたことにともない、その取り組みを加速していきます。

Smart City Takeshiba 1.0、始動

東京ポートシティ竹芝 バーチャルツアー

「Smart City Takeshiba 1.0」現在、ビルで活用されているIoTや執務エリアのご紹介、
これからの竹芝エリアについてご覧になれます。

ビルや街の情報を手のひらへ。Smart City Platform

ビルや街のいたるところに設置されたセンサーデバイスから、
「今」必要な情報をリアルタイムに提供します。

例えば、エレベーターに設置されたセンサーにより混雑状況を把握、
その時の状況に合わせてエレベーター内の音声案内を自動で切り替えます。

また、レストランの空き情報や電車の遅延情報、災害情報などを
スマートフォンや街中のデジタルサイネージを通じて提供します。

さまざまな情報を収集し、エリア内の企業やテナントが活用することで、
その街で過ごす全ての人々に快適な空間をお届けしていきます。

Smart City Platform エレベーター混雑状況 トイレ空き状況 店舗混雑状況 訪問者顔認証 CO2 センサー

ビルやまちのデータを収集し「今必要な情報」をプッシュ提供

「データのリアルタイム活用」を実現するVANTIQと連携し、データプラットフォーム「Smart City Platform」を開発。
ビル内外のあらゆるデータを統合・判断し、価値ある情報を提供します。

ソリューション紹介

現在竹芝エリアに実装されているソリューションのご紹介です。

ソリューション紹介

プレスリリースPress Release

スマートシティ関連記事

futurestride

SBnews