AI・IoT・スマートロボットなど旬な話題やイベント・耳寄り情報をお届けします!

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

愛称をみんなで考えよう!バミューダで本選を戦う新しいレース艇が完成!

今年5月から「第35回アメリカズカップ」の本戦が開幕します!
本戦は、これまで2年間世界各国で「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ(以下「ACWS」)」を戦ってきたAC45Fというレース艇を使わず、新しいレース艇で戦うことに。

さらにパワーアップした新レース艇とは?

新しいレース艇は、全長50フィート(約15m)と、これまでよりもサイズが大きくなり、性能面なども桁違い! スピードは最高で時速80kmにもなると言われるこのレース艇は、まさに高い技術力で進化する現代のヨットを体現するもの。

ただサイズやスピードが上がっただけではありませんよ。
これまでのAC45Fは、クルーが人力でロープを巻いてウィングの調整などを行って操舵していましたが、新艇は油圧式のポンプが動力に! 「ヘルムスマン」と呼ばれる主に舵を取る役割のクルーが、ボタン一つでヨットの各所にあるロープやウィングの調整が簡単にできるようになったんです。


ヨットの中にシステム搭載!


「ヘルムスマン(写真手前)」はハンドルに設置されたボタンを操作しながら操舵

このシステムが導入されたことで、「グラインダー」と言われるポジションが新たに追加。油圧式ポンプを動かすためにウインチを回し続けるハードなポジションなんだとか。ACWSとは見た目だけでなく、セーリングそのもののあり方も大きく様変わりしているんです!


「グラインダー」はレース中、ウインチを回し続けます

愛称募集! 名付け親のあなたの名が新艇に!

ソフトバンク・チーム・ジャパンが待ちに待った、新しいレース艇が2月末に進水!

そこで、新艇の愛称を募集します!
審査員は、ソフトバンク・チーム・ジャパンのクルーたち。

見事愛称に選ばれた1名さまには、あなたの名前が名付け親の証しとして艇に入るほか、早福 和彦総監督 兼 選手のサイン入りTシャツをはじめとしたソフトバンク・チーム・ジャパンオリジナルグッズをプレゼント! さらに、応募いただいた方の中から抽選で5名さまに、アメリカズカップオリジナルグッズとお父さんグッズが当たります!

新艇に名前の入ったあなたは、ソフトバンク・チーム・ジャパンのメンバーの一人!
一緒にバミューダで戦いましょう!!

応募は2月12日(日)午後11時59分まで。皆さまからのたくさんの応募をお待ちしています!

ちなみに、これまで戦ってきたAC45Fは、チームから「お父さん(Otosan)」と呼ばれていたんですよ☆

  • 写真は新レース艇のものではありません。

© SoftBank Team Japan

注意事項

  • 応募いただいた内容は、ソフトバンク・チーム・ジャパンのホームページやソフトバンクの公式SNSなどで紹介する場合があります。
  • 艇に入れる名前は、愛称が採用された方の氏名ではなく、イニシャルなどになる予定です。
  • 愛称が同じ場合は、抽選で受賞者を決定します。
  • 愛称に選ばれたお客さまおよび抽選に当選したお客さまには、登録いただいたメールアドレスに2017年2月下旬以降順次連絡します。
  • 当選の通知は、ソフトバンク株式会社から業務を委託しているSBフレームワークス株式会社からお送りします。
  • mailaddbin.comからのメールを受け取れるように、メールソフト(アプリ)の設定をお願いします。
  • 通知させていただいた期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものといたします。
  • 応募は日本国内にお住まいの方に限ります。
  • 転売・譲渡目的でのご応募は固くお断りします。
  • 応募者は、応募した内容(以下「本件コンテンツ」と総称します)を使用する権利を当社に与えるものとします。なお、応募者は、本件コンテンツの著作者人格権について、当社又は当社が指定する第三者に対し行使せず、またその権利者をして行使させないものとします。
  • 応募者は、本件コンテンツの内容が第三者の著作権、商標権等の知的財産権その他権利を侵害するものではないことについて、当社に対し保証するものとします。
  • 本件コンテンツの内容が本注意事項に違反する場合、本件コンテンツに基づく応募は無効となります。
  • ソフトバンクの関係者は応募できません。
  • 本キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
本キャンペーンについてのお問い合わせ先
ソフトバンク携帯電話から 157
一般電話から 0800-919-0157
営業時間 午前9時から午後8時まで

(掲載日:2017年2月1日)
文:ソフトバンクニュース編集部