ソフトバンクニュースは「IT×ライフスタイル」をテーマに、暮らしに役立つ小ネタから、もらってうれしいプレゼント、スマホの豆知識、話題のガジェットやテクノロジー、企業の取り組みまで、ソフトバンクのさまざまな情報をお届けします。

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

“何を買いに”日本へ? ソフトバンクのお・も・て・な・し

最近、日本を観光する外国人の皆さんに出会う機会が増えましたよね。
日本政府観光局発表の統計データによると、2016年1月~6月までの訪日外国人観光客のうち、中国からの観光客は前年度比41.2%増と驚異的な伸び率で断トツのトップでした。

そんな観光客をターゲットに「インバウンド(訪日外国人旅行)」向けのマーケティングやビジネスを手がける企業が増える中、7月には、おもてなし力向上見本市として「インバウンド・ジャパン2016」という展示会も開催されました。

その展示会で目に付いたのが、少々場違い(?)な印象の「ソフトバンク」の文字。
ソフトバンクとインバウンドってあまりピンとこないかもしれませんが、ネットやSNSを活用した企業向けのデジタルマーケティング事業をはじめ、キャンペーンや実店舗への確実な集客など、プロモーション活動の支援サービスを数多く手がけているんです。

さらに旅行業を担う新会社も設立して、昨年11月からアリババグループの旅行販売プラットフォーム「Alitrip(阿里旅行)」内に、専用の旅行サイト「日本汐留旅行旗艦店」を出店するなど、本格的にインバウンドビジネスに参入しているんですよ!

キーワードは、「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」

旅を軸にしたプロモーションでは、旅行のプランを立てる「旅マエ」、日本を訪れ観光や買い物を楽しむ「旅ナカ」、自国に戻った後の「旅アト」と、それぞれのコンタクトポイントに分けてアプローチしています。
それぞれ、どんなことをしているのかご紹介しますね♪

「旅マエ」:最新情報番組でのPRをサポート!

中国国内で10年以上続く人気の老舗情報テレビ番組「東京印象」。
日本の最新情報やファッション・グルメを紹介し、放送終了直後からはインターネットでも視聴可能な人気番組。実はソフトバンクがスポンサーになっていて、日本企業の商品やサービスを紹介する枠の販売代理店になっています。
自社の製品やサービスに興味を持ってもらい、テレビとネットを通して、日本に関心のある人や観光予定の皆さんなど数多くの方へアピールできる絶好のチャンスですね!

「旅ナカ」:オトクなクーポンで集客をサポート!

O2O(Online to Offline)で割引クーポンを発行する仕組みを利用し、来日中の観光客の皆さんに来店・購入を促すサービスを提供。「旅ナカ」だけじゃなくて、「旅マエ」からアピールすることで、事前に旅行プランや買い物リストに入れてもらえるかもしれませんね!

「旅アト」:帰国後のショッピングをサポート!

帰国したからといって終わりじゃありません。
観光客の皆さんが帰国後に日本の商品を継続して購入できるよう、アリババグループのショッピングサイト「淘宝网(タオバオ)」やECサイト「天猫国際」などの中国のオンラインストアでプロモーション展開もできるんです。ずっと長く、愛用してもらえるといいですね!

この「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」の一連のサイクルで旅行のリピート化や、帰国後に日本のモノを継続購入してもらうライフスタイル化につなげたい、という思いでこのビジネスを推進しているんですね♪

Pepperなどの活用にも期待が高まる!

さらに、観光地などの集客向けには人型ロボット「Pepper」のレンタルをはじめ、さまざまなニーズに応えるサービスも揃えています。
ディスプレイに投影した内容に合わせてPepperが喋り出し、商品説明や観光案内に活用出来るサービスは、説明を受けながら視覚的にアピールでき、展示会のソフトバンクブースでは実際にタッチ&トライされる方が列を作るほどの人気ぶりでした。

今後はアジア・中国以外の国へのソリューション展開にも取り組んでいく予定なので、ソフトバンクのインバウンド向けプロモーションに興味を持たれた方は、こちらからお問い合わせを♪

インバウンドプロモーションに
ついてのお問い合わせ

(掲載日:2016年8月19日)