ソフトバンクニュースは「IT×ライフスタイル」をテーマに、暮らしに役立つ小ネタから、もらってうれしいプレゼント、スマホの豆知識、話題のガジェットやテクノロジー、企業の取り組みまで、ソフトバンクのさまざまな情報をお届けします。

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

ソフトバンク、ドコモ、auの携帯3社が力を合わせて開発! メッセージアプリ「+メッセージ」の知られざる開発秘話

ソフトバンク、ドコモ、auの携帯3社が力を合わせて開発! メッセージアプリ「+メッセージ」の知られざる開発秘話

2018年5月9日にリリースされたメッセージアプリ「+メッセージ(プラスメッセージ)」。ソフトバンク、ドコモ、auの携帯3社が共同開発したサービスです。

シンプルでわかりやすいメッセージアプリとして着々とユーザーを増やしていますが、2018年11月から、3社共同で「+メッセージ」をもっと多くの方に使ってもらうためのキャンペーンを実施しています。ただ、実際のところその魅力はどこにあるの? 他のメッセージアプリとの違いは? どう使えばいいの? などは気になるところ。

今回は、3社の企画開発担当者に「+メッセージ」開発から現在までのあれこれやキャンペーンの裏側などについて語っていただきました!

「+メッセージ」ってなに?

+メッセージ

ソフトバンク、ドコモ、auが提供する、電話番号だけでメッセージを送受信できるメッセージングサービス。テキストはもちろん、写真、動画、スタンプなどのやりとりが可能です。しかも、文字数をほぼ気にすることなく、500点以上のオリジナルスタンプを無料で使えちゃいます。

また、面倒なIDやパスワードの設定が不要。電話番号のみでやりとりできるので、なりすましや乗っ取りの心配もなく、安心してご利用いただけます。

気合の入った座談会メンバー

ソフトバンク 勝目雅大(かつめ・まさひろ)さん(写真:右)
テクノロジーユニット API設計部 担当課長。ソフトバンクの通信事業のテクノロジーユニットで、コンシューマサービスの企画・開発に従事。「+メッセージ」ではソフトバンクのプロジェクトマネージャーを担当。

NTTドコモ 戸部章子(とべ・あきこ)さん(写真:左)
スマートライフ推進部コミュニケーションサービス担当 担当課長。携帯電話/スマホのソフトウェア開発業務を経て、現在は「+メッセージ」やメールなどのメッセージングサービスに関する企画業務に従事。

KDDI 東和也(あずま・かずや)さん(写真:真ん中)
商品・CS統括本部 商品企画本部 サービス企画部 メッセージグループ マネージャー。「+メッセージ」やSMSなどのメッセージングサービスに関する企画業務に従事。

「頑張るぞ!」(「+メッセージ」のポーズ)

前代未聞の携帯3社の共同プロジェクト! 「+メッセージ」ができるまで

f:id:sbn_13:20181205093054j:plain

「+メッセージ」を作ろうと思った経緯について教えてください。

東和也(あずま・かずや)さん

「スマホの時代になって便利なメッセージアプリがたくさん登場する中、『送信可能文字数が少ないSMSは使いづらい』『フリーメールを使用するお客さまが増えてキャリアメールが使われなくなった』という課題がありました。3社でお客さまの利便性向上のための話し合いを行い、共同で使いやすいサービスを作ってみようと思いついたんです」

3大キャリアの共同開発というのはかなり珍しいですよね。プロジェクトに加わってどのような印象を受けましたか?

勝目雅大(かつめ・まさひろ)さん

「今回のように、仕様まで作り込んでサービスを共同開発するのは初めての試みですね。通常だと社内だけのルールで行うものですが、3社それぞれの意見やこだわりを盛り込むのが難しかったところです。意見のすり合わせには一番労力をかけましたね」

3社のポリシーや考え方で議論が白熱!

例えば、どんな点で意見の違いがありましたか?

戸部章子(とべ・あきこ)さん

「『既読機能のオン/オフをつけるかどうか』は議論しました。『既読機能はいらない』という意見もあれば『あるからこそ便利だ』という意見もある。
ただ、会社間で意見が割れるというよりは、年代や性別、どんな利用シーンで使用することを想定しているかによって意見が分かれますので、各会社内の企画開発チーム内でも意見が分かれました。結局、初期状態は既読をオンにし、設定でお客さまがオフにもできるようにしました」

東和也(あずま・かずや)さん

「各社のポリシーやこれまでの実績、サービスの背景などがあるので、意見が分かれる部分は多かったですね。他にも『プロフィール画像の公開範囲』についても悩みましたね。最終的には、親しい間柄のお客さま同士が使うものなので、基本的にはお互いの電話番号がアドレス帳に登録されていれば、プロフィール画像がすべて表示される仕様にしました。」

サービスの肝、サービス名称が全然決まらない…

ターゲット層を広く設定しているからこそ、多くのユーザーにとって使いやすいのはどんな形なのか議論されたのですね。他にこだわったポイントはありますか?

戸部章子(とべ・あきこ)さん

「シンプルで使いやすく、かつ各社の印象に寄らないデザインを心がけました。テーマカラーも3社のブランドカラーは外しています」

東和也(あずま・かずや)さん

「カラーチェンジで4色から選択できるようになっています。基本カラーは、王道のブルーに先進性を意味するパープルの入ったパープルブルーで、他にミント、ピンク、モノトーンがあります」

勝目雅大(かつめ・まさひろ)さん

「カラーは比較的すぐに決まりましたが、アイコンやサービス名称についてはかなり議論しました。特にサービス名称に関しては、3社で合計数百案を持ち寄り、10候補までは絞りましたが、その後が決まらなくて……。最終的にはユーザーアンケートで今の名称『+メッセージ(プラスメッセージ)』になりました」

他のメッセージアプリとの違いやこだわり機能。担当者はどう使っているのかも見せてもらった

スマホのメッセージアプリといえば、他サービスがかなりのシェアを占めています。そことの差別化について、チーム内ではどのような話し合いがありましたか?

戸部章子(とべ・あきこ)さん

「『他のメッセージアプリとは使い分けていただき、共存していくもの』というのが3社の共通認識です。ヒアリングしたところ、友人や家族などのくだけた会話をする相手と、仕事関係者などのフォーマルなやりとりをする相手とはサービスを使い分けたいという声を聞くことができました。そういうニーズに対応したいと思っています」

勝目雅大(かつめ・まさひろ)さん

「写真や動画を簡単に送り合えるなど、他のメッセージアプリの良いところは取り入れました。一方で、アカウント作成のIDやパスワードの設定などはハードルの高さがあると実感していたので、『+メッセージ』では初期登録の簡単さを心がけています。ダウンロードするだけですぐに始められますよ。SMSは送信ごとに料金がかかっていましたが、『+メッセージ』サービス利用者同士なら、パケット通信料だけでやりとりできるのも特徴です」

「+メッセージ」はスタンプが利用できるのも特徴ですよね。

東和也(あずま・かずや)さん

「現在、スタンプはすべて無料で提供して、人気クリエイターのものも多々あります。数や種類やパターンについては、お客さまのニーズがあれば、一般のクリエイターが販売できる形式についても検討していきたいと考えています」

それぞれ違う使い方。担当者の「+メッセージ」画面を見せてもらいました

KDDI 東さんの使い方
「家族と使用することが多いですね。遠方の母とはもともとSMSでやりとりしていたのですが、『+メッセージ』に変えてから既読が分かるようになって安心感が増しました。スタンプがあるのでコミュニケーションも取りやすくなったと思います」

東さんは家族とのコミュニケーションに。スタンプを使えば気持ちが伝わりやすい!

n

NTTドコモ 戸部さんの使い方
「よく食事や旅行に行く友人グループでのやりとりに活用しています。『+メッセージ』にはスケッチ機能があるのですが、待ち合わせ場所がわからなかった友人に、画像上に印をつけて送れたのが便利でしたね。頻繁に使う機能ではないかもしれないですが、文字で伝えるよりも手軽に表現できますよ」

戸部さんは友人との連絡に。スケッチ機能を使ってよりスマートに情報を伝えています。

ソフトバンク 勝目さんの使い方
「この3人だけのグループがありまして、ちょっとした情報共有やコミュニケーションに使用していますよ。電話で連絡できない状況や、メールするほどでもないようなささいな連絡事項や内容確認などをすぐに手軽にやりとりできるがいいですね」

勝目さんはビジネスシーンで有効的に活用。リアルタイムで連絡を取り合っています。

仕事に使うとなるとセキュリティ面で懸念はありませんか?

勝目雅大(かつめ・まさひろ)さん

「会社の情報セキュリティポリシーでメッセージなどの添付は禁止されているので、書類添付といった業務に直結するものは『+メッセージ』では避けています。ビジネスシーンでは『ちょっとした連絡手段』という使い方がベターかなと。すべての連絡やコミュニケーションを+メッセージでまかなうということは難しいと思うので」

東和也(あずま・かずや)さん

「『+メッセージ』は、電話番号をベースにしているため、本人であることが担保されています。キャリアが認証しているので、なりすましや乗っ取りはできません。使っている技術は違いますが、なりすましや乗っ取りに関しては電話やSMSと同じくセキュリティ強度は高いです」

セキュリティの強さは、携帯会社ならではの強みの一つですね。

より多くのお客さまに使っていただくための課題と3社が力を合わせてキャンペーンを行う理由

リリース後の各社への反響はいかがでしたか?

勝目雅大(かつめ・まさひろ)さん

「メッセージ機能がシンプルで使いやすい、無料スタンプがかわいい、などと好評でしたし、地図情報やスケッチなど、新しい機能でのやりとりを楽しんでいただけているようです。Android搭載機種は既存のメールアプリである『SoftBankメール』がある中でリリースしたので、『SoftBankメール』を使い慣れているお客さまにも『+メッセージ』を使っていただけるようにアプリを改善していきたいと考えています」

東和也(あずま・かずや)さん

「SMSアプリを『+メッセージ』で置き換えるというやり方で、既存のAndroidユーザーにはアップデートという形で提供しました。アプリが変わったことに対してどんな反応があるか心配していましたが、チャットUIで親和性があったためかすぐなじんでいただけたようで、SMSを使っていた方からは喜びの声を想像以上にいただけました」

戸部章子(とべ・あきこ)さん

「お客さまが自らアプリをダウンロードする形でスタートしました。リリース当初は新しい機能を使いたいというトレンド好きな方やアプリに関心のある方々に多く使っていただいていましたね。最新の主なAndroid機種では、本アプリをインストールした状態で提供しています。また、らくらくスマートフォンをお使いのお客さまからも使いたいという声が多かったため、9月から一部の機種に対応しました」

リリース後は3社それぞれの動きがあったのですね。そんな中、現在はTwitterと連動した3社共同のキャンペーンを行っています。

東和也(あずま・かずや)さん

「サービス開始前から、どう盛り上げていくかという議論の中で、キャンペーン企画の構想はありました。ちょうど年末年始で帰省される方も多いと思うので、そのタイミングでサービスの認知を上げていく狙いです」

戸部章子(とべ・あきこ)さん

「オリジナルキャラクターを作り、シュールで少しかわいらしさをもったビジュアルにしたかったためこのキャラクターにしました」

勝目雅大(かつめ・まさひろ)さん

「3社のロゴがしっかり分かるようにキャラクターデザインもこだわりましたね。Twitterユーザーに受け入れられやすいものを考えて、動画などのクリエーティブも『真面目と見せかけてとっつきやすい』というギャップを狙っています」

キャンペーンに合わせてオリジナルのスタンプもリリースされていますね。

ソフトバンク 勝目「スマホをテーマにして、ファンの多い人気クリエイターにオリジナルで描き下ろしていただいたり、動画と同じクリエイティブのスタンプを制作したりしています」

Twitterを見ていると、キャンペーン企画の反響もすでに多くあるようですが、「+メッセージ」の今後の展望について聞かせてください!

東和也(あずま・かずや)さん

「お客さまの声をもっと聞いて、サービスをアップデートしていきたいと考えています。そのためにも、たくさんの方に知っていただき、使っていただきたいですね。今までSMSを使っていなかった方にも気軽に利用していただければと思っています」

戸部章子(とべ・あきこ)さん

「そうですね。使い方がわからないというお客さまもいると思うので、『こう使うと便利だよ』と具体的な提案を今後も発信していきたいです」

勝目雅大(かつめ・まさひろ)さん

「『+メッセージ』には招待機能があるので、使い始めたお客さまが家族や友人たちを招待して、お客さま同士の広がりが生まれることを期待しています。『+メッセージ』なら電話番号さえ知っていれば、メッセージや写真、スタンプもやりとりできます。文字数をほぼ気にせずにコミュニケーションを楽しんでいただきたいと思います」

「+メッセージ」は長文のテキストや画像、スタンプも気軽に送れるだけでなく、電話番号のみでやりとりできるので、なりすましや乗っ取りの心配もなく、安心して使えるメッセージサービスです。ぜひ皆さんもこの機会に使ってみてください。

5万分のJCBカードや人気クリエイタースタンプをゲットして、家族と、友人と、取引先と、「+メッセージ」をみんなで使ってみよう!

Twitterで公式アカウントをフォローして対象ツイートをリツイートするだけで参加可能。抽選で計6名さまにJCBギフトカード5万円分をプレゼントします。

JCBギフトカード5万円分プレゼントキャンペーン

「+メッセージ」の関連記事

4つの特長を覚えて使いこなそう! iPhoneでもAndroid™ でも使える「+メッセージ(プラスメッセージ)」

4つの特長を覚えて使いこなそう! iPhoneでもAndroid™ でも使える「+メッセージ(プラスメッセージ)」

(掲載日:2018年12月21日)
文:鈴木朋子+ノオト
撮影:栃久保誠

家族と、友人と、取引先と、電話番号だけで使える「+メッセージ」をみんなで使ってみよう!

ソフトバンク、ドコモ、auが提供する、電話番号だけでメッセージを送受信できるメッセージングサービス。テキストはもちろん、写真、動画、スタンプなどのやりとりが可能です。しかも、文字数制限をほぼ気にすることなく、500点以上のオリジナルスタンプを無料で使えちゃいます。

(ソフトバンクユーザーの方)こちらからアプリをダウンロードできます

App StoreApp Store

Google PlayGoogle Play

App Store

Google Play

(ドコモ、auの方)ダウンロードサイトへ

使い方に困ったらこれ! (ソフトバンク版)「+メッセージ」使い方ガイド

初期設定のやり方から、メッセージ・スタンプなどの利用方法、バックアップ・復元方法まで、「+メッセージ」の使い方に迷わない情報がそろってます。